2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2021年9月27日 (月)

静岡の小旅行

8月29日に中部横断自動車道の山梨県内の未開通部分が開通し、長野から静岡まで高速道路でつながりました。東名、新東名ともつながるので、静岡市、浜松市ともに3時間程度で移動することができることになります。

ということで久しぶりに県境を二つ越えて、静岡県に行ってきました。初日は浜松の鍾乳洞、うなぎパイの工場、楽器博物館を回って、宿泊は三保の松原近くで。二日目は天気の崩れが予報よりはやく、以前にも行ったことのある富士花鳥園に寄っただけで早々に帰宅しました。

三保の松原越しに見る富士山を楽しみにしていたのですが、初日は雲の中でまったく見えず。二日目の早朝もどんよりした曇り空で、かろうじて輪郭を確認できる程度。その後、雲の中に隠れてしまいました。この日、富士山は初冠雪したそうです。

左から、浜松の鍾乳洞・竜ヶ岩洞(2枚)、うなぎパイジェラート、浜松市楽器博物館の1976年製モーグ・シンセサイザー、富士花鳥園のメンフクロウとアナホリフクロウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc0010Dsc0034_20210927181201P9250077P9250130Dsc0128P9260224

2020年11月15日 (日)

弥三郎岳と昇仙峡

昨年はあまり天気が良くなかったためちょっと散策しただけの昇仙峡に、昨日、行ってきました。今回辿ったのは、昇仙峡からは見上げる位置にある弥三郎岳(羅漢寺山)に登り、下山後、昇仙峡の遊歩道から登山口に戻るという休憩を入れて5、6時間の周回コースです。

登山道自体はとても静かなのですが、弥三郎岳はロープウェイを使えば20分たらずで登れるため、山頂駅周辺は大賑わいでした。この日は一日中好天が続き、富士山や南アルプスの景観、風化花崗岩の奇観を楽しむことができました。

左から、静かな登山道(2枚)、弥三郎岳山頂から望む南アルプス、昇仙峡の紅葉(2枚)、帰りに寄った金櫻神社の水晶の御朱印。
この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00015Dsc00031_20201115102101Dsc00097Dsc00166Dsc00204Pb140056

2020年11月 8日 (日)

大菩薩嶺登山

三年ぶりに大菩薩嶺に行ってきました。今回は上日川峠起点のお手軽周回コースです。八時過ぎに上日川峠の駐車場に着くと既に満車で、三キロ先の大菩薩湖・北岸駐車場に向かうよう指示されました。この駐車場から上日川峠までは、徒歩15分ほどで戻れます。

昨夜の雨の後で気温が上がったためか松本も甲府も深い霧で、山上から望む甲府盆地はまるで雲海に蓋をされたようでした。最初は雲が多かったものの徐々に青空が広がり、富士山もきれいに望むことができたのですが、富士山を眺めながら下山しだすと富士山との間に雲がわき、残念ながら再び姿を現すことはありませんでした。

左から、駐車場から望む富士山、雲海に覆われた甲府盆地、神部岩、富士山と大菩薩湖、岩場、大菩薩峠。

Dsc00001_20201108210601Dsc00018Dsc00040Dsc00055_20201108210601Dsc00101Dsc00115

2020年3月28日 (土)

飛騨の小旅行

西穂高岳の独標に登った後、新平湯温泉で一泊して飛騨牛の料理と温泉を堪能、翌日は朝から雨だったため雨でも見学できる鍾乳洞を見て早々に帰宅しました。鍾乳洞というのは、なかなかにステレオ写真向きだと思います。

宿泊した旅館のそばにあった村上神社では、毎年5月に飛騨側の北アルプス開山祭である「播隆祭(ばんりゅうさい)」が行われるそうです。

左から、村上神社の播隆塔、岩魚の刺身、飛騨牛の蒸籠蒸し、飛騨大鍾乳洞(3枚)。この旅行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc0138P3260016P3260023Dsc0148Dsc0171Dsc0182_20200328151601

2019年3月25日 (月)

群馬の旅

伊香保温泉と谷川温泉に宿泊し、お隣の県、群馬で観光してきました。今回訪れるまで知らなかったのですが、群馬県には多くの古墳が現存し、埴輪王国と呼ばれ、国宝や国の重要文化財に指定されている埴輪の半数近くが出土しているそうです。復元された八幡塚古墳には彩色された様々な埴輪が並べられ、とても興味深かったです。

左から、高崎の達磨寺、沼田の弥勒寺、榛名神社の彫刻、八幡塚古墳と埴輪(3枚)、吹割の滝、妙義山、イワナの唐揚げ、上州牛のステーキ。

Img_0008 Img_0227 P3220163 Img_0041 Img_0045

P3210085 Img_0196 Img_0265 Img_4659 P3210144

この旅行の写真は、古墳巡り温泉街他神社仏閣妙義山散策にまとめてあります。

 

 

2018年11月26日 (月)

群馬・栃木の旅-栃木編

三連休初日とあってあしかがフラワーパークは大変な賑わいで、歩くのもままならぬ状態でした。イルミネーションはとても綺麗でしたが、ゆっくり周るには相当な気合が必要でついでに寄る場所ではなかったですね。

二日目は今回の旅行のメインイベント、大谷石の採石場跡を利用した大谷資料館にまず向かいました。想像していたよりもスケールが大きく、よくも掘ったものだなあと感心しました。三脚、一脚の使用が禁止されていますので、思うような写真は撮れませんでしたが、実に見ごたえのある空間でした。

最後は宇都宮名物の餃子です。宇都宮駅前にある餃子店には軒並み行列ができていて人気のほどが伺えましたが、これは休日前だったからでしょうか。

上段はあしかがフラワーパークのイルミネーションと大谷資料館の採石場。下段は大谷の平和観音と加工された大谷石、餃子各種です。この旅行の栃木編は、こちらにまとめてあります。
Img_0087 Img_0137 Img_0140 Img_0158 Img_0187 Img_0193
Img_0212 Img_0209 Pb240038 Pb230032 Pb230035 Pb240049

2018年11月25日 (日)

群馬・栃木の旅-群馬編

急に思い立ってお隣の群馬県と栃木県に行ってきました。前々から大谷石の採石場跡に行ってみたいと思っていて、途中の富岡製糸場と群馬サファリパークにも寄り、ついでにあしかがフラワーパークのイルミネーションも見てこようというプランです。

まずは群馬県編。写真を撮ることを考えるとサファリパーク内はバスで周る方が良いのかなとも思ったのですが、初めてでよくわからないので自家用車で周ることにしました。午前中でそれほどの混雑ではなかったので所々で車を止め写真を撮ることはできましたが、車のウィンドウの反射が映りこんだ失敗作を量産してしまいました。

富岡製糸場は工事があちこちで進行中で、整備が完了すると一層見ごたえのある施設になるのではと思います。
この旅行の群馬編は、こちらにまとめてあります。
Img_0049 Img_0013 Dscf2870 Dscf2920 Img_0064 Dscf2896

2018年9月21日 (金)

伊豆の旅

9月は三連休が二回あるというのに、山へ出かけるには思わしくない天気が続いています。というか今年の9月は、これまでの所、晴れた週末が全くありません。

ということでシルバーウィークは山をあきらめ16、17日、8月に伊豆の河津町にオープンしたばかりの「体感型カエル館 KawaZoo」に行ってきました。伊豆のカエルと言えば淡島マリンパークのカエル館が有名ですが、こちらは新しい施設だけあって水槽のガラスが綺麗なため写真を撮りやすいというメリットがありました。どちらも家族連れで大いに賑わっていて、ゆっくり撮影というわけにはいきませんでしたが。

上段左から、コバルトヤドクガエル、トラウツボ、クマノミ(淡島マリンパーク)、ヤドクガエル、マダラヤドクガエル、キオビヤドクガエル(KawaZOO)。
下段左から、カメレオン、トカゲ(iZoo)、ハナカサゴ、チンアナゴ(沼津港深海水族館)、伊豆石の石切り場跡・室岩堂、天正金山の坑道。この旅行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

P9160053 P9160136 P9160152 P9160181 P9160183 P9160203
P9160304 P9160349_2 P9170450_2 P9170451 Img_0074 Img_0123

2018年2月19日 (月)

筑波山散策

前日に東京で飲み会があり、松本からは出かけにくい山についでに登ってこようと筑波山に寄ってきました。当初は下からちゃんと登るつもりだったのですが、前夜、飲み過ぎてしまい、ケーブルカーで登って下山するだけになってしまいました。

筑波山には三十数年前に登ったのですがあまり記憶になく、女体山山頂付近の登山道が思いのほか急峻なので驚きました。山麓ではぼちぼち福寿草や梅が咲き始めており、長野とは季節の進み方が違うことを実感しました。

左から、ガマの油売り、男体山山頂、男体山北側の登山道、大仏岩、福寿草。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4515 Dscf4530 Dscf4540 Dscf4565_2 P2180002

2018年1月 5日 (金)

ボルネオのマーケット等

最終日、空港に向かうまで数時間の空き時間がありましたので、コタ・キナバルのマーケットとショッピングモールを回ってきました。新年を迎えてもクリスマス・ツリーなどはまだ飾られたままで、正月らしさというか新年らしさはほとんど感じられませんでした。新年早々でも店が普通にやっているのは、短時間しか滞在できない観光客としてはありがたかったです。

左から、街道沿いのマーケット、ポーリン温泉、乾燥ナマコ、ドリアン、マンゴスチン、ランブータン、唐辛子。その他の写真は、こちらにまとめてあります。

Dscf2350 Dscf2373 P1020451 P1020501 P1020513 Pc300095 P1020502

より以前の記事一覧