2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2017年5月 6日 (土)

春の京都

ここ数年、ゴールデンウィークには楽して登れる北アルプスに出かけていたのですが、今年は残雪が多い上この時季になって新たな降雪があり、我が家のレベルでは雪山には行かない方が良いだろうなということになりました。で、急遽、宿を確保し、3日から5日まで京都に行ってきました。メインの目的は京都一周トレイルの一部、伏見稲荷から南禅寺あたりまで歩くことです。

ゴールデンウィークに京都に出かけるのは、やはり無謀でした。出かけたのが三日の午前八時過ぎと遅かったため愛知から岐阜を越えるまでほぼ渋滞、京都までの約350キロを走るのに7時間かかりました(帰りは五日の昼過ぎに出発して5時間でした)。立ち寄った伏見稲荷、銀閣寺、鉄道博物館、水族館は当然のことながらどこも大変な人出でした。伏見稲荷から京都一周トレイルを東福寺方面に進むと人は激減し、静かな散策を楽しむことができます。今回は泉涌寺に寄っただけですが、途中の神社仏閣に何カ所か立ち寄るコース設定にしないといささか刺激が足りない感じもしました。

左から、伏見稲荷、国道一号付近、清水山の石仏、蹴上のインクライン、下段左から、銀閣寺、京都鉄道博物館のSLスチーム号、京都水族館の大水槽とさかさクラゲ。この旅行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf9662 Dscf9690 Dscf9704 Dscf9711
Dscf9724 Dscf9796 Dscf9814 P5050141

2017年3月22日 (水)

岐阜県美濃地方の旅

恒例の春の家族旅行、今年はお隣の岐阜県に行ってきました。飛騨地方には何度か行ったことがあるのですが、美濃地方はほとんど高速道路で通過するだけでしたので、岐阜市、各務原市、関市、郡上市方面を回ってきました。

例によってたくさん写真を撮ってきたのですが、帰宅してパソコンで確認して大ショック。Finepix Real3D W3の片側のレンズが汚れておりまともに立体視できません。ということで今回はパナソニックの接写レンズによる写真だけです。主に旅行中に食べたものと郡上八幡の食品サンプルでまとめました。

左から、ギフチョウ(名和昆虫博物館)、食品サンプル二点(アユの塩焼き、焼きトウモロコシ)、お雛様と食品サンプル、下段左から飛騨牛三種セット、桜エビと鯛の釜飯、バニラの花、カカオの実(内藤記念くすり博物館)。この旅行の写真はこちらにまとめてあります。

P3200249 P3200292 P3200300 P3200317
P3200327 P3200342 P3210353 P3210368

2016年3月23日 (水)

伊豆の旅

久し振りに伊豆に行ってきました。東京にいる時は毎年のように行っていたのですが、長野に来てからは初めてです。南アルプスや富士山の向こうの遠い遠いところと思っていたのですが、中央道から東富士五湖道路、東名を使えば、沼津までは三時間ほどでした。 ほとんど四半世紀ぶりに出かけたのでどこも新鮮でしたが、生き物のいる施設がやはり楽しいです。

左から、伊豆の踊子像と初景滝、熱川バナナワニ園のレッサーパンダ、シャボテン公園のハシビロコウ、カピバラ、三島スカイウォーク、あわしまマリンパークのキオビヤドクガエル、シャボテン、海鮮丼。この旅行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf5529 Dscf5567 Dscf5644 Dscf5735_2
Dscf5769 P3200230 P3220435 P3200210

2015年11月30日 (月)

秋の京都2015

昨年に引き続き、秋の京都に行ってきました。宿の手配もキャンセルも昨今はネットで簡単にできるので、前日に急に思い立って宿を探しても何とかなってしまうのが良いことなのかどうなのか……。

今年の京都の紅葉は近年まれに見る色づきの悪さだそうで、確かに昨年に較べ何とも冴えない感じでした。夏の日照不足と秋の冷え込みの足りなさが原因なのか、長野の紅葉も今シーズンはあまり良くなかったです。とは言っても紅葉の名所、紅葉する樹木の数が桁違いですから、局所的に見れば綺麗に色づいている所もあり、やはり秋の京都は格別です。

左から、常寂光寺(2枚)、二尊院、永観堂、清水寺の紅葉です。この旅行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4276 Dscf4280 Dscf4312 Dscf4404 Dscf4509

2015年9月21日 (月)

兵庫の旅

シルバーウィークの前半(18~20にち)を利用して兵庫に出かけてきました。初日は平成の大改修が終わった姫路城へ。訪れたのは二十数年ぶりで、見慣れた松本城に較べると規模の大きさに改めて驚かされます。

二日目は姫路からまず竹田城跡に向かいます。予報では兵庫県南部は晴れ、北部は曇り、レンタカーで有料道路を北上するにつれどんどん雲が多くなり、竹田城跡に着いた時にはあいにくの雨になってしまいました。それでもしばらく待つと雨は上がったので、往きはバスで山腹まで上がり最短コースで城跡へ、帰りは駅裏登山道から下山しました。この日も早朝に出かければ、雲海が見られたとのことです。午後は兵庫県立コウノトリの郷公園へ。思ったより近くでコウノトリを観察することができ、その上、上空で旋回してくれたりするので、撮影もしやすいです。

最終日は但馬で生まれた植村直己と山田風太郎の記念館を回り、最後に生野銀山を見学してから姫路に戻りました。

左から、姫路城二枚、竹田城跡の石垣、コウノトリ二枚。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0026 Img_0005 Img_0082 Img_0161 Img_0134

2015年8月10日 (月)

御岳山のレンゲショウマ

かねがね行ってみたいと思っていたのですが、8日の土曜日、東京は御岳山(みたけさん)のレンゲショウマを見に行ってきました。レンゲショウマは長野ではほとんど見る機会のない珍しい花ですが、ここの群生地では5万株も咲くそうです。この花、提灯のようにぶら下がった状態で咲くので、空が白い曇天の日にはなかなか露出の調整が難しいです。

今回は着いたのが昼過ぎだったので、御岳登山鉄道のケーブルカーを使って御岳山の武蔵御嶽神社まで歩いただけですが、もう少し時間をかけて奥の院やロックガーデンも歩いてみたいと思いました。

左から、武蔵御嶽神社本殿の狛犬、ヤマユリ、レンゲショウマ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf2901 P1040800_2 P1040835_2 P1040815_2 P1040810_3 P1040830

2015年6月27日 (土)

新潟・富山の旅

三連休にして山にでも行こうと目論んでいたら、梅雨前線がはりついたまま動かないので、日本海方面にうまいものを食べに行ってきました。

初日は糸魚川のフォッサマグナ・ミュージアム天津神社に寄った後、姫川河口近くの海岸で石拾い。親不知の食堂で食べた黄金ガニと紅ズワイガニの天丼が絶品でした。午後は魚津水族館を見てから富山市入り、駅前のホテルにチェックイン後、富山城址などを回り、夕飯は居酒屋で日本海の海の幸と日本酒を堪能しました。

二日目はホテルのパンフレットで知った日石寺という寺に寄った後、二ヵ所の雄山神社立山博物館を回り、午後は寒気が入り天気が不安定になるという予報でしたので早々に帰宅しました。

左から、翡翠が拾えるかもしれない須沢海岸、巨大な翡翠の原石、黄金ガニ、紅ズワイガニの天丼、岩ガキ。この旅行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf2226 Dscf2234 P1030698 P1030704 P1030846

2015年3月23日 (月)

滋賀の旅:神社仏閣・城郭

戦国時代に戦火が続いたのは近江だけではありませんが、琵琶湖周辺の山間部にはその時代に焼かれてそのまま廃寺になってしまった寺が沢山あったようです。山中にひっそりと残っている磨崖仏もその名残ですが、寺はなくなってしまっても村人の手で大切に守られてきた仏像があちこちにあるそうです。特に湖北地方には多くの観音菩薩が残されており、今回の旅行で何体かの素晴らしい十一面観音を見ることができました。毎度思うことですが、撮影できないのが残念です。

琵琶湖の周囲にはたくさんの城がありましたが、彦根城以外、建築物がほとんど残っていません。中でも信長の安土城はどんなものだったのか、城跡の規模を見ただけでもその威容が偲ばれます。大手道の周囲に延々と続く石垣を辿っていくと、一生分の石垣を見た気分になりました。

左から、金勝寺の軍荼利明王像、石山寺の多宝塔と寺名の由来となった硅灰石、八講堂千体地蔵尊、安土城の大手道、信長の館の安土城復元天主、彦根城天守。
その他の写真は、滋賀の旅:神社仏閣滋賀の旅:城郭にまとめてあります。

Dscf0809 Dscf0975 Dscf1065 Dscf0882 Dscf0944 Dscf1083

2015年3月22日 (日)

滋賀の旅:磨崖仏

山の中の磨崖仏を見るために、滋賀県に行ってきました。最初に訪れた狛坂の磨崖仏は、栗東市の山中にあります。奈良時代に創建された金勝寺(こんしょうじ)は戦国時代に廃れるまで湖南地方の仏教の拠点として栄え、その一帯の山域は金勝山(こんぜやま、こんしょうざん)と呼ばれるようになりました。金勝寺は女人禁制でしたので、女性も参拝できるようにと九世紀に別院として建てられたのが狛坂寺です。狛坂寺は明治時代に廃寺になりましたが、山中には石垣や磨崖仏がひっそりと残されています。

福林寺跡の磨崖仏と妙光寺山の磨崖仏は、栗東市の北隣りの野洲市にあります。福林寺跡の磨崖仏は野洲中学校のすぐ裏手に、妙光寺山の磨崖仏はそれより1キロほど南の山中にあります。福林寺跡の磨崖仏はいずれもサイズは小さいですが、大きな岩の側面に並べて掘られておりとてもユニークです。

左から、狛坂の磨崖仏、福林寺跡の磨崖仏(2枚)、妙光寺山の磨崖仏、岩神大龍神の岩屋。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0757 Dscf0825 P1030007 Dscf0873 Dscf0877

2014年11月26日 (水)

秋の京都

ものすごい人出なんだろうなあと思いながらも、紅葉を見に京都に行ってきました。拝観券売り場の賑わいはたいへんなものでしたが、どこの境内も押し合いへし合いするほどではなく、覚悟を決めて行けばまあこんなものかといった所でした。

この時季にしては暖かい陽気で、曇りがちな時間帯もありましたが、まずまずの好天に恵まれちょうど見頃を迎えた紅葉を満喫することができました。紅葉だけ撮っていると、何も連休中に混雑する京都まで出かけることはないのではという気もしますが、やはり質量ともに圧倒的で一生分の紅葉を見た感じです。

以下、自分用メモ。高速道路の渋滞はなく、往きは午前4時に松本を出て京都まで4時間ほど、帰りは午後2時前に高速に乗って4時間半程度。朝のうちからホテルの駐車場が使えたので、市内の移動はもっぱら地下鉄と徒歩、一度だけ乗ったバスは歩けばよかったと思うような進み具合。

左から、東寺、天授庵、永観堂、伏見稲荷、圓徳院、高台寺です。この旅行での撮影分は、こちらにまとめてあります(30カット)。

Dscf0021 Dscf0138 Dscf0206 Dscf0470 Img_0021 Img_0066

より以前の記事一覧