2023年1月29日 (日)

松本城氷彫フェスティバル

毎年開催されている松本城氷彫フェスティバル、今年は規模が拡張され、市内各所でイベントが行われています。最終日の今日は、例年通りお堀端にコンテスト作品が展示されていました。青空に映える氷の彫刻は、キラキラしてとても綺麗です。

作品名は左から、三ヶ月と天使、大地に生きる(金賞)、うみがめの親子(特別賞)、白亜紀の王者(銀賞)、大地の歓喜(Rejoice of the earth)(銅賞)、雲龍。

Dsc00009_20230129152401Dsc00017_20230129152401Dsc00025_20230129152401Dsc00030_20230129152401Dsc00032Dsc00040_20230129152401

2023年1月28日 (土)

入笠山スノーハイク

本年一回目の入笠山です。この日は富士見パノラマリゾートのゴンドラを使わず、沢入登山口から歩きました。登山口に着いたのは10時近くでしたが、さすがにこの時期、駐車場は空いていました。先週の北八ヶ岳も寒かったですが、入笠山も寒かったです。

サルオガセも凍って雪をまとうと、なかなか美しいものでした。

左から、入笠湿原、山頂直下の登山道、入笠山山頂、大阿原湿原、凍るサルオガセ(2枚)。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00008_20230128195201Dsc00033_20230128195201Dsc00037_20230128195201Dsc00054_20230128195201Dsc00018_20230128195201Dsc00024

2023年1月23日 (月)

北八ヶ岳スノーハイク

北八ヶ岳の北横岳、縞枯山、茶臼山を歩いてきました。ロープウェイ山頂駅を出ると予想に反して薄雲がかかり、テンションが下がってしまいましたが、北横岳山頂に着く頃には綺麗な青空がひろがり絶景を楽しむことができました。しかし好天は持続せず、その後も晴れたり曇ったりを繰り返し、結果としては青空の時間もそこそこあったのでまずまず満足のいく山行になりました。

左から、北横岳南峰、北横岳北峰から望む蓼科山と北アルプス、坪庭から望む縞枯山、縞枯山展望台、縞枯れ現象、樹氷。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_00013Img_00026Img_00072Img_00092Img_00099Img_00119

2023年1月 3日 (火)

守屋山スノーハイク

今年の登りはじめとして諏訪市と伊那市にまたがる守屋山に行ってきました。毎年変わりばえしないのですが、この時期に登ることのできる山は限られているので、まあ仕方ありません。穏やかな晴天でしたが、北側の中央アルプス、北アルプス方面は雲が多く、展望は今一つでした。

左から、氷った浅間の滝、守屋山東峰への最後の登り、守屋山東峰の磐座と守屋神社奥宮、守屋山西峰山頂、西峰から望む諏訪湖、失敗したリゾート開発の名残り。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00015_20230103194101Dsc00030Dsc00043_20230103194101Dsc00058_20230103194101Dsc00068Dsc00104_20230103194101

2022年12月26日 (月)

三城から王ヶ頭周回

三城から百曲り登山道経由で、美ヶ原の王ヶ頭に行ってきました。このコース、一月と五月にも歩いてますので、今年は三度目になります。

ここ数日の降雪で積雪はかなり多く、その上、雪がやんでからあまり人が入っていないため、歩くのに苦労しました。アルプス展望コースにもトレースはあったのでいつもの通り王ヶ頭を目指したのですが、ちょっと進んだところで踏み跡がなくなり、ワカンなしでは膝上までもぐってしまうので、雪上車が通る牧場の中の道に転進しました。

王ヶ頭ホテルは満室のようでしたが、さほど天気の良くないクリスマスの日に下から登る人はあまりいないということのようです。

左から、凍る渓流、日蔭と日向、百曲り登山道、雲海におおわれた松本盆地、トレースの途絶えたアルプス展望コース、雪で文字のくっきりした王ヶ頭の石碑。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00008_20221226081501Dsc00013_20221226081501Dsc00034_20221226081501Dsc00056_20221226081501Dsc00057_20221226081501Dsc00064

2022年12月11日 (日)

安曇野神竹灯(かみあかり)

12月に入り、安曇野神竹灯(かみあかり)というイベントが安曇野市の穂高神社で開催されています。一万本の竹灯籠に明かりが灯され、神社の境内は幻想的な雰囲気に包まれます。今年は学生時代に聞いていたシンガーソングライター・ギタリストの吉川忠英さんのライブがあるとのことで、9日に行ってきました。

左から、竹灯籠と鳥居、拝殿で祈る人たち、末社前の竹灯籠、竹灯籠と番傘、神楽殿、神楽殿での吉川忠英さんのライブ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00036_20221211200401Dsc00050_20221211200401Dsc00008_20221211200401Dsc00028_20221211200401Dsc00020Dsc00104_20221211200401

2022年11月19日 (土)

光城山から長峰山へ

安曇野市の里山、光城山から長峰山を歩いてきました。今日もポカポカ陽気で、一度、冠雪した常念山脈はすっかり黒くなっています。安曇野も春霞のようにぼんやりしていました。

左から、長峰山から望む安曇野と常念山脈、長峰山から望む後立山連峰、紅葉、ススキ、ドウダンツツジ、何かの赤い実。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00028_20221119205401Dsc00036_20221119205401Dsc00045_20221119205401Dsc00051_20221119205401Pb194482Pb194511

2022年11月 5日 (土)

松本市街地の紅葉

松本市街地の木々も綺麗に色づき、すっかり秋の装いです。
昼食がてら3時間ほど散策してきましたが、今年の紅葉はなかなか良い感じです。

左から、松本神社の楓、四柱神社の夏椿と楓、松本城の楓、松本城の楓と銀杏、旧開智学校の銀杏、住宅街の蔦。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc0014_20221105173801Dsc0026_20221105173801Dsc0056_20221105173801Dsc0041_20221105173801Dsc0070_20221105173801Dsc0074_20221105173801

2022年11月 4日 (金)

高遠・諏訪周辺の紅葉

晴天の3日、紅葉を見に高遠城址公園と諏訪の阿弥陀寺、岡谷の出早公園に行ってきました。ここ数年、高遠城址公園で紅葉を見た後、高遠そばを食べて、杖突峠を越えて諏訪に向かうというのが恒例の行事になっています。

この日はどこもちょうど見頃か、見頃直前という感じで、美しい紅葉を楽しむことができました。

左から、高遠城址公園(2枚)、諏訪の阿弥陀寺(2枚)、岡谷の出早公園、高遠そば。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc0006_20221104172701Dsc0081_20221104172701Dsc0098Dsc0162Dsc0172Pb034431

2022年10月23日 (日)

横谷峡の秋

蓼科高原の横谷峡を歩いてきました。乙女の滝からおしどり隠しの滝、御射鹿池まで往復する8キロ弱、約4時間のコースです。残念ながら晴れの予報は外れ。紅葉と桜は、日差しと青空がないとダメですね。

左から、乙女の滝、おしどり隠しの滝、御射鹿池、以下紅葉三枚。

Dsc0018_20221023182401Dsc0035_20221023182401Dsc0044_20221023182401Dsc0029_20221023182401Dsc0057_20221023182401Dsc0074_20221023182401

より以前の記事一覧