2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2018年12月16日 (日)

冬の美ヶ原高原

昨年も同時期にこのコースを歩いたのですが、今年は圧倒的に雪が少なかったです。所々、雪がある程度でほとんど夏道が出ていました。去年は王ケ頭ホテルで昼食をとるつもりでほとんど食料を持たずに出かけた所、なんとメインテナンス休館中。寒風の中、ミニあんパンを食べて早々に下山しました。

登る前に下から見上げた王ケ頭の稜線は真っ白で霧氷が発達していたようですが、着いた時にはほとんど溶けていました。大門沢川の渓流には氷のオブジェができていましたので、寒さは例年並みの様です。北アルプスは雲の中で展望を楽しむことはできませんでしたが、この時季は訪れる人も少なく静かな山歩きを楽しむことができました。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0010 Pc150011 Img_0032 Img_0045 Img_0067 Img_0085

2018年11月18日 (日)

光城山から長峰山へ

運動不足解消のため光城山から長峰山を歩いてきました。登山口に向かう途中で見上げた北アルプスは雲の中だったので、展望は望めないと思っていたのですが、光城山山頂に着く頃には雲が取れはじめ、長峰山では常念山脈から後立山まで綺麗に臨むことができました。白馬三山がかろうじて白くなっているだけで、鹿島槍も爺ヶ岳も黒々としています。この時季、ここまで雪がないのは珍しいですね。

左から、光城山の三角点、紅葉二点、ウメモドキ、常念岳。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。
Dscf4617 Dscf4634 Pb180025 Pb180023 Dscf4618

2018年11月17日 (土)

松本山雅FC、J2優勝! J1昇格!

徳島ヴォルティスをホームに迎えての最終戦、勝利で飾ることはできませんでしたが、上位3チームがすべて引き分けだったため松本山雅FCはJ2で初優勝、来季はJ1に復帰することが決まりました。万歳!
Img_0034 Img_0038 Img_0024 Img_0029

2018年11月10日 (土)

湯ノ丸山と懐古園

昼前から天気は回復するという予報を信じて湯ノ丸山と烏帽子岳に登るつもりで出かけたのですが、天候は一向に回復する兆しを見せず、湯ノ丸山だけで下山した所、午後からは綺麗に晴れわたりました。終始ガスの中、まったく展望の利かない山行になってしまいました。

せっかく東信地方に出かけたので紅葉の名所、小諸の懐古園に寄ってきました。紅葉はまさに見頃で、青空の下、こちらでは絶景を堪能することができました。

左から、湯の丸スキー場、湯ノ丸山山頂、湯ノ丸山と烏帽子岳の鞍部、懐古園の紅葉(3枚)。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0001 Img_0024 Img_0029 Img_0047 Img_0049 Img_0079

2018年11月 4日 (日)

信州の秋

今年は夏の猛暑のせいで街路樹の葉は色づく前に枯れてしまったものが多いようですが、それでもケヤキやイチョウが綺麗に色づいています。

この時季の恒例行事ですが、高遠城址から諏訪の紅葉ポイントをまわってきました。日本列島を高気圧がおおっている割に雲の多い天気でしたが、訪れた場所それぞれで日差しの刺す時間があり、美しい紅葉を楽しむことができました。

最後の2枚は、池に映った紅葉です。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0018 Img_0055 Img_0096 Img_0140
Img_0142 Pb030021 Img_0048 Img_0165

2018年10月21日 (日)

美ヶ原高原散策

今日はあまり遠出ができなかったので、近場の美ヶ原を散策してきました。美鈴湖から美ヶ原自然保護センターまで車で上がると、美ヶ原高原の最高地点・王ヶ頭まで歩いて30分ほどです。何でも日本全土で快晴になったのは半年ぶりだとか。綺麗な青空の下、大勢の人が訪れていました。

気温が上がったためか地平線方向の視界はややぼんやりで、周囲の山は望めたものの写真では綺麗に映りません。三千メートルを超える山々の山頂部は、どこも白く雪化粧していました。

二時間ほどで散策は切り上げ、昼はきのこ蕎麦の店へ。松本から国道254号を上田方面に少し進んだ所にある『たきざわ』という店で、スーパーでは絶対売っていないような珍しいきのこが盛りだくさんの蕎麦を食べることができます。美ヶ原高原同様、今日はこちらも大繁盛でした。

上段左から、紅葉、王ヶ鼻の石像群、王ヶ鼻で憩う人々、王ヶ鼻から望む槍穂連峰と松本平。下段左から、きのこの山、きのこの天ぷら、きのこのつけざる蕎麦、きのこ蕎麦。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。
Img_0003 Img_0076 Img_0079 Img_0088
Pa210108 Pa210116 Pa210120 Pa210123

2018年10月 9日 (火)

秋の燕岳登山

体育の日の三連休中日、前夜、日本海を抜けた台風の影響による強風が午前中は残りそうとの予報でしたので、ゆっくり目に出発して燕岳を目指しました。当然、中房温泉の駐車場は満車でしょうから、路線バスで向かうことになります。始発の安曇野の里、と言うか田淵行男記念館の登山者用駐車場の車は3台だけ。ここはもともと5台分くらいのスペースしかないので、多くの人は穂高駅近くの駐車場から乗ってきます。台風の影響か秋の三連休の割に登山者は少なめで、穂高駅前ではマイクロバス2台に収まりました(最終的には3台になったようです)。

風の影響はほとんどなく綺麗な青空の下、午前9時に登山開始。しかし登るにつれ雲が増え、上空には青空が覗くものの主稜線に出ても周囲の山はほとんど見えませんでした(おかげでブロッケン現象には何度も遭遇しました)。しかし日が沈むと天気は急速に回復し、夜には満点の星空を楽しむことができました。

快晴は翌日も続き、雲海から昇る日の出を楽しんだ後、もう一度、燕岳に登り絶景を堪能してきました。標高の低い所ではナナカマドやダケカンバの紅葉を見ることもでき、天気の悪かった今シーズンにしては会心の山行になりました。

上段左から、紅葉、ブロッケン現象、夜明け直後の雲海、早朝の燕岳へ。下段左から、北燕岳、イルカ岩と槍ヶ岳、燕山荘から望む燕岳、落日後の槍ヶ岳、夏の大三角と天の川。この山行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0005 Img_0286 Img_0042 Img_0185_2 Img_0192_2

2018年9月29日 (土)

根子岳登山とキノコ狩り

かねがねやってみたかったキノコ狩りに挑戦。もちろん自力ではできませんので、キノコ狩りのガイドをしてくれるという「ペンションきら星」さんのお世話になることにしました。場所は峰の原高原でキノコ狩りは午後一時開始とのことでしたので、午前中は根子岳に登ることにしました。

午前中、雲の多い空模様は回復傾向にあったのですが、ちょうど根子岳山頂に達した頃、群馬県側から湧いてきたガスにおおわれ視界は全くなし、下山すると綺麗に晴れわたるというあいにくの天気でした。まあこの日のメインイベントはキノコ狩りですので、下山後、登山者用駐車場から車で2分とかからない「きら星」さんに向かいました。

キノコ狩りは約2時間、ペンションのオーナーのガイドの下、何ヵ所かのキノコ発生ポイントをめぐり、帰る頃には腰に括り付けたかごは収穫したキノコでずっしり重くなっていました。その場その場で食べられるキノコの名前と特徴を聞きながら探すのですが、何回かガイドしてもらってもとても自力で探せるようになるとは思えませんでした。この日の最大の収穫は、一本だけですがヤマドリタケをゲットできたこと。私たちにはさっぱりそのありがたさが分かりませんでしたが、見つけるのが難しいとても貴重で美味しいキノコだそうです。またとても状態の良いベニテングタケをいくつか見ることができ、私たちとしてはこちらの方がテンション上がりまくりでした。楽しいだけでなく美味しいものも食べられる、とても良い一日でした。

上段左から、白樺、視界のない根子岳山頂、菅平牧場から望む根子岳、ススキ、オヤマリンドウ。下段左から、ヤマドリタケ、ベニテングタケ(2枚)、この日の収穫、鍋の具材.。

この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。
Img_0008 Img_0025 Img_0066 P9280130 P9280132
P9280207 P9280228 P9290326 P9280273 P9280281

2018年9月24日 (月)

金峰山とキノコ

9月に入ると週末のたびに雨模様の天気が続きました。最後に登ったのが8月19日の四阿山と根子岳でしたので、ほぼ一月ぶりの登山になります。例年、今時分が登山用筋肉のピークになるのですが、この一月ですっかり体がなまってしまい、なんだかとてもきつい山行になってしまいました。

さてこの時期、金峰山に登るのはキノコを見るため。もっと色々なキノコを見ることのできる山域はあちこちにあるでしょうが、うちではキノコと言えば金峰山ということになっています。昨日も目当てのベニテングタケ、ドクツルタケ、タマゴタケを見ることができ、とても疲れましたが良い山行になりました。

上段左から、砂払いノ頭付近から望む八ヶ岳、左奥の金峰山山頂へ至る稜線、金峰山のシンボル五丈石、金峰山山頂。下段左から、ベニテングタケ、タマゴタケ、ドクツルタケ,ベニナギナタタケ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0008 Img_0016 Img_0024 Img_0026

P9230009 P9230064 P9230066 P9230068

2018年8月27日 (月)

入笠山は秋の装い

ここのところ山へ行っても曇りがちな天気が続きましたが、昨日の日曜日、久しぶりに青空の下、入笠山を散策してきました。入笠山山頂から見ると、北アルプス以外はどの山域も綺麗に晴れわたっていました。入笠山はほぼ二ヶ月ぶりですが、山の花はすっかり秋の花に入れ替わっていて、入笠湿原ではエゾリンドウ、サワギキョウ、マツムシソウ、トリカブトなどの青い花、アケボノソウ、ウメバチソウ、ノコギリソウ、ゴマナなどの白い花が咲き誇っていました。

左から、入笠湿原、入笠山山頂、山頂から望む八ヶ岳、エゾリンドウ、アケボノソウ、レンゲショウマ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。
Img_0062 Img_0030 Img_0046 P8260020 P8260053 P8260319

より以前の記事一覧