2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2017年6月19日 (月)

残雪の唐松岳

ゆったり一泊で唐松岳に行ってきました。今年は残雪が多く、八方池より上部では途中何か所か大きな雪渓を登ります。「上の樺」上部の雪渓だけそこそこの傾斜がありましたので、上り下りとも軽アイゼンを使用しました。丸山直下の雪渓以降は傾斜はさほどでもなく、雪も緩んでましたのでアイゼンなしで通過しました。

八方池より下ではユキワリソウ、タテヤマリンドウ、ミヤマアズマギク、キジムシロが咲き誇っています。高山帯ではイワカガミ、ミツバオウレンなどが散見されました。

初日の天気はおおむね晴れ、残雪の大パノラマを堪能しました。二日目は曇りがちの天気でしたが、雷鳥との遭遇はなし。2600メートルの稜線上にカラスが飛び交っているのが気にかかります。

左から、八方池から望む白馬三山、丸山直下の雪渓、唐松岳山頂から望む五竜岳、唐松岳の右に沈む太陽、下段左から、ユキワリソウ、タテヤマリンドウ、ミヤマナガハシスミレ、シロバナミヤマアズマギク。この山行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0312 Dscf0325 Dscf0337 Dscf0362

P6170007 P6170008 P6180028 P6180030

2017年6月12日 (月)

入笠山・テイ沢周回

スズランが咲き始めた入笠山に行ってきました。前日のローカルニュースで、ゴンドラ山頂駅の山野草公園でホテイアツモリソウが見頃を迎えていると紹介されていましたが、大型バスが何台も乗り入れ山野草公園から入笠湿原、入笠山山頂までは大変な賑わいでした。

入笠山に登った後は、大阿原湿原からテイ沢を下り、高座岩、入笠牧場と周回コースを歩いてきました。大阿原湿原以降はあまり人に会うこともなく、静かな山歩きを楽しむことができます。

入笠湿原のスズランはようやく咲き始めたばかりで見頃を迎えるのはもう少し先のようですが、サクラソウ、クリンソウ、サンリンソウ、オサバグサなどの山野草を楽しむことができました。

左から、入笠山山頂、テイ沢、サクラソウ、クリンソウ、サンリンソウ、下段左から、オサバグサ、スズラン、ホテイアツモリソウ、クマガイソウ、ヤマシャクヤク。アツモリソウ以降の写真は、山野草公園で撮影したものです。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0221 Dscf0259 P6110058 P6110062 P6110067
P6110078 P6110123 Dscf0285 Dscf0292 P6110144

2017年5月21日 (日)

乗鞍高原の春

昨日、日帰りで東京に行っていたため、今日はゆっくり出かけて乗鞍高原を散策してきました。この時期でもまだ桜が残っており、同じ松本市内といっても季節の進み方はだいぶ違うことを実感します。松本市街地は今年初めての夏日でしたが、まあ乗鞍高原も相当に暑かったです。

左から、残雪の乗鞍岳、ミズバショウの群落、新緑の白樺と桜、コナシの花、ミツガシワ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0007 Dscf0012 Dscf0043 P5210003 P5210071

2017年4月30日 (日)

大町・白馬の花

昨日の岡谷、茅野に続き、今日は大町、白馬方面に花を求めて出かけてきました。例年に比べ、色々な花の開花はずいぶんと遅れているようです。

中綱湖畔の桜は、まだほとんど咲いていません。姫川源流域のフクジュソウやミズバショウはこの時季ですとほとんど終わっているのですが、今年は今を盛りと咲き誇っていました。後立山連峰の残雪も例年より多いようですし、幹線道路から少し山側に入ると、集落内にまだ雪が残っているのも驚きでした。

左から、桜と鹿島槍ヶ岳、ミズバショウ、アズマイチゲ、フクジュソウ、カタクリ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf9545 P4300042 P4300072 P4300083 P4300087 P4300080

2017年4月29日 (土)

街中の桜が終わる頃、野山ではさまざまな野草が咲いています。今日は松本から長野自動車道を南下し、岡谷市の塩嶺御野立公園と茅野市の西茅野カタクリ群生地に行ってきました。

塩嶺御野立公園にはフデリンドウの群生地があり、例年ですとちょうど今頃が見頃なのですが、今年はまだまったく咲く気配もありませんでした。写真はありませんが、比較的近くでオオルリを観察できたのが収穫でした。西茅野カタクリ群生地はまずまず見頃、ここのカタクリは淡い色のものが多かったです。

左から、フクジュソウ、アセビ、フキノトウ、ゲンジスミレ、カタクリ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

P4290003 P4290010 P4290017 P4290045_2 P4290057_2 P4290067

2017年4月23日 (日)

安曇野の春

松本の市街地の桜は終わりかけていますが、少し標高の高い所や北に移動すると満開の桜を楽しむことができます。

安曇野市の光城山(ひかるじょうやま)の桜は山頂部は三分咲き程度でしたが、途中の登山道はちょうど見頃で、青空と残雪の北アルプスとの対比が素晴らしかったです。

この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf9418 Dscf9430 Dscf9452 Dscf9501 Dscf9518

2017年4月16日 (日)

中川村の桜

昨年にくらべ10日遅い16日、伊那方面の桜を見に行ってきました。開花のタイミングはドンピシャでしたが、快晴の予報の割には雲が多く、青空と残雪の中央アルプスを背景にした桜を撮影するにはあいにくの空模様でした。昨年が良すぎただけに、ちょっと残念な一日でした。

この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf9264 Dscf9268 Dscf9291 Dscf9302 P4160017 P4160010

2017年4月15日 (土)

松本城の桜

今月10日、松本城の桜が開花しました。開花はほぼ例年並みでしたが、その後、雪の降る日があったり日中の気温が上がらず開花が進みませせんでした。週末ようやく気温が上がり、一気に見頃を迎えています。

毎年のことながら、この時期は様々な花が一気に開花し心が浮き立ちます。

Dscf9172 Dscf9174 Dscf9177 Dscf9179
Dscf9190 Dscf9194 Dscf9197 Dscf9198

2017年3月25日 (土)

塩尻の節分草(セツブンソウ)

早春の山野草、節分草(セツブンソウ)を求めて松本から塩尻方面に出かけてきました。実は三月五日にも一度行ってみたのですが、陽当たりの良い場所でやっと咲き始めたばかりで、ほとんど写真を撮らずに帰ってきました。それから三週間たって、ようやく見ごろを迎えた感じです。

花びらに見える白い部分は実は萼で、黄色い筒状の部分が蜜腺になった花びらです。中心部の先端が紫の豆のようになっている部分がおしべ、真ん中の薄い紫がめしべです。萼の数は五枚から八重状のものまで、驚くほどまちまちです。と言われても、やはり白い花にしか見えないのですが。

この日に撮影した他の写真は、こちらにまとめてあります。

Img_0349 Img_0393 Img_0399 P3250421 P3250446

2017年3月 4日 (土)

松本街中散歩

三月に入り松本もすっかり春めいてきました。道端にはオオイヌノフグリやヒメオドリコソウが目につくようになり、松本城でも気の早い梅が花を咲かせ始めています。

このまま一気に暖かくなることはないでしょうが、もうひと月もたてば南信地方から桜の便りが届くことでしょう。

左から松本城と常念岳、松本城の梅、用水路のニジマス、オオイヌノフグリ。下段はフクジュソウと昼食のタイ料理、パーネンライス(豚肉のレッドカレー)とパッタイクン(エビヤキソバ)。

Dscf8813 P3040024 P3040036 P3040043
P3040038 P3040051 P3040032 P3040033

より以前の記事一覧