2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2020年7月 4日 (土)

弘長寺の紫陽花

信濃あじさい寺」として近在では有名な、松本市南部の弘長寺に紫陽花を見に行ってきました。昨夜から長野県でも降ったり止んだりの雨模様が続いていますが、訪れた昼過ぎの時間帯はちょうど雨が上がって青空ものぞき、なかなか良いタイミングでした。

弘長寺もそこそこの人出でしたが、道路もあちこち混雑しており、外出する人が一気に増えた感じです。

Dsc00006_20200704212501P7040016P7040023P7040028P7040047P7040063

2020年6月27日 (土)

湯ノ丸山と烏帽子岳

日中は陽射しが期待できそうでしたので、東信の湯ノ丸山と烏帽子岳に行ってきました。登山口となる地蔵峠の駐車場は、他府県ナンバーの車も含めて大賑わいでした。

見頃を過ぎたレンゲツツジの群落や樹林帯の登山道では、ウグイスやカッコ―の鳴き声がうるさいほど。色々な花が咲き誇り、登山シースンたけなわという感じでした。

左から、レンゲツツジと湯ノ丸山、湯ノ丸山山頂、烏帽子岳山頂直下、ゴゼンタチバナ、グンナイフウロ、コマクサ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00006Dsc00016Dsc00034_20200627210601P6270010P6270034P6270053

2020年5月30日 (土)

新緑の美ヶ原高原

入笠山や乗鞍高原はまだ駐車場が解放されていないようなので、今日も近場の美ヶ原高原を歩いてきました。三城から百曲り登山道で高原台地へ、アルプス展望コースから王ヶ頭、王ヶ鼻をたどり三城に戻るというおなじみの周回コースです。美ヶ原は今年、既に四回目ですが、アルプス方面には例年の様には行けないでしょうから、この後も何度か出かけることになるでしょう。

左から、新緑のシラカバ、アルプス展望コースから王ヶ頭へ、王ヶ鼻、ベニバナイチヤクソウ、ミツバオウレン、キバナノコマノツメ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00002Dsc00031Dsc00044P5300006P5300061P5300072

2020年5月24日 (日)

八島湿原から車山周回

霧ヶ峰の八島湿原から車山を歩いてきました。首都圏と北海道を除き緊急事態制限が解除されて最初の日曜日とあって、だいぶ人出が戻った感じです。バイクのツーリングや車でのドライブを楽しむ人も目立ちましたが、県内の車が8割、県外が2割といったところでしょうか。

ビーナスラインに上がるまでは新緑が目立ちましたが、八島湿原や車山はようやく早春の花が目につくようになった感じです。

左から、車山山頂の車山神社、旧御射山社(もとみさやましゃ)、ショウジョウバカマ、ミツバツチグリ、ニョイスミレ、サクラスミレ。

Dsc00025Dsc00034P5240026P5240050P5240035P5240042

2020年5月18日 (月)

守屋山のスミレ

緊急事態制限が解除されて最初の日曜日、スミレの写真を撮りに守屋山に行ってきました。杖突峠登山口の駐車場に車をとめた時には先行車は一台もなし。皆さんまだ自粛中なのかと少し後ろめたい気持ちに。立石コースを登っている時もほとんど人に行きかうことはなかったのですが、守屋山西峰山頂に着いた時には、そこそこの賑わいでした。結局、下山までに30人ほどの人とすれ違った感じです。

スミレは9割以上がタチツボスミレですが、昨年同様、何種類かあまり見ないスミレに遭遇することができました。天気も良く、久しぶりに山歩きを楽しむことができました。

左から、アケボノスミレ、オトメスミレ、タチツボスミレ、サクラスミレ、エイザンスミレ、オカスミレ。

P5170034P5170050P5170069P5170102P5170113P5170149

2020年4月19日 (日)

アルプス公園から城山公園へ

松本市街地の標高の高い所は、まだ桜が見頃です。木曽から流れて来る奈良井川の東側に位置する、アルプス公園から城山公園を歩いてきました。距離にしてほぼ10キロ、ゆっくり歩いて約4時間の散歩でした。

今日は新型コロナウィルスによる非常事態宣言が全国に拡大されて、最初の週末でした。普段から公共交通機関を使う機会がほとんどなく、家から出ても三密になる場所を避けて過ごせるのがありがたい今日この頃です。

左から、桜、ツグミ、アオゲラ、カタクリ、タチツボスミレ、御嶽神社の石像。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc0011Dsc0031_20200419171701Dsc0071_20200419171701P4190037P4190040P4190048

2020年2月29日 (土)

霧訪山とセツブンソウ

今年は暖冬のため信州でもセツブンソウが節分に咲いた、とローカルニュースで報道されていました。長野県内の南の方の自生地でも、例年ですと三月の初めころに咲きはじめます。今日は塩尻市と辰野町の境に位置する霧訪山(きりとうやま)に登った後、辰野町上島地区のセツブンソウ自生地に行ってきました。

閏年でなければ今日から三月ですが、確かに見頃を迎えていました。午後まで晴れ予報だったのに昼前から雲が増え始め、陽射しの中で見ることができなかったのが残念でした。


左から、霧訪山登山口、登山道沿いの避難小屋、山頂北側の登山道、セツブンソウ三枚。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf6051Dscf6065Dscf6083P2290034P2290039P2290066

2019年4月15日 (月)

伊那谷の桜

13日の土曜日、今年も松本などの中信地方よりは開化の早い伊那方面に桜を見に行ってきました。中央自動車道を松川ICまで南下し、中川村の大草城址公園、高森町の瑠璃寺、駒ヶ根市の栖林寺と吉瀬を巡るいつものコースです。

タイミングとしてはどこも見頃で、朝のうちは青空と残雪の中央アルプスを背景とした桜を楽しむことができました。昼前には中央アルプスの背後に雲が湧きはじめてしまい、稜線のスカイラインが見えなくなってしまったのが残念でした。

上段左から大草城址、瑠璃寺、下段左から栖林寺、吉瀬の枝垂桜です(2枚ずつ)。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0053 Img_0069 Img_0114 Img_0130

Img_0157 Img_0164 Img_0188 Img_0205

2019年4月14日 (日)

松本城の桜

昨年より一週間遅れ、松本城の桜の開花宣言がようやく7日に出されました。その後もなかなか気温が上がらなかったのですが、この土日で一気に開花が進みました。松本城では例年開花の三日後から一週間、本丸庭園が無料開放され夜桜会が開催されます。13日の土曜日は冷え込みもなく、多くの人が夜桜を楽しんでいました。

最初の三枚を撮影した富士フイルムのFinePix REAL 3D W3、13日に伊那の桜を見に行った際に紛失してしまいました。最近は時折、シャッターが切れないことがあるなどそろそろ引退かと思っていたのですが、2010年の発売以来、長年愛用してきただけに残念なことをしました。

13日の夜桜会でステレオ写真を撮影中の方に声をかけられました。キヤノンのPowerShot SX160二台をSDMでコントロールされていました。数少ない同好の士にお目にかかるのは嬉しいものです。

Dscf3171 Img_0016_1 Img_0032 Img_0088  

2019年3月 3日 (日)

霧訪山登山と早春の花

あまり雪の降らないまま3月になってしまいましたが、春の訪れも早いようで例年に較べ10日ほど早く辰野町のセツブンソウが見頃を迎えています。この日は午前中、塩尻市と辰野町の境に位置する霧訪山に登った後、辰野町上島地区のセツブンソウの自生地と沢底地区のフクジュソウ群生地を周ってきました。

天気は快晴でしたがすっかり春霞で、展望が利かなかったのは残念でした。沢底地区には古い道祖神がいくつもあり、そのうちの永正二年(一五〇五年)と彫られたものが日本最古の道祖神とみなされているそうです。

左から、霧訪山登山口、霧訪山山頂、最古の道祖神、セツブンソウとフクジュソウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0002 Img_0020 Img_0036 Img_0460 P3020071 P3020114

より以前の記事一覧