2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2011年5月 5日 (木)

軽井沢町植物園、新しいステレオマクロカメラのテスト

FinePix Real 3D W3に装着するCyclopital社のマクロアダプターは、ステレオベースを72mmから25mmに短縮するものですが、山野草のマクロ撮影ではやや広すぎる場合があります。斜め下を見下ろす構図の場合は良いのですが、下を向いた花を見上げるような構図で撮影し、かつ遠景が入ってしまうと途端にステレオ写真としては破綻してしまいます(破綻した例、平行法交差法)。

パナソニックが昨年、製品化したLumix G 12.5mm/F12は、ステレオベースが10mmと極端に狭い3Dレンズですが、フォーカスレンジが60cm~∞と理解に苦しむ仕様で、近接撮影に使用するためには何らかの方法でクローズアップレンズを前面に装着する必要があります。その辺りが面倒で横目で見ているだけだったのですが、最近、改めて検索したところ、マウント面のリングを一度外し隙間にワッシャーをかますことで、撮像素子とレンズの距離を拡げるという画期的な方法が編み出されていました(むしみずれん太さんのブログ「ステレオレンズ LUMIX G 12.5mm / F12 をマクロ用に改造してみる」)。

これは素晴らしいということで、レンズをオーダー。翌日、ワッシャーをケーヨーD2で購入(内径3mm、外径8mm、厚み0.5mm、ステンレス製)。マイクロフォーサーズ規格のカメラは持っていませんので、現行品で一番安く入手できそうなオリンパスのPen E-PL1を購入しました。対抗馬は次に安かったパナソニックのLUMIX DMC-G2。今回はコンパクトさでオリンパスを選びましたが、G2は一回り大きくなるもののビューファインダーがついているので、夏場の炎天下での撮影時には重宝しそうです。

35mm換算24mmという画角が広すぎるのでは危惧していたのですが、今日の導入テストの結果は上々で、そんなに広すぎるということもなく、遠景の入ったカタクリのアップでも背景が破綻するということはありませんでした。

左からカタクリ、シラネアオイ、サクラソウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

P5050038 P5050075 P5050087

2009年10月 3日 (土)

Real 3Dで初撮り:雨上がりの美ヶ原

午前中降っていた雨が昼過ぎには上がりそうだったので、富士フイルムのステレオデジカメ、FinePix Real 3D W1の試写に行ってきました。場所は車で40分ほどの美ヶ原高原の山麓、三城の渓流沿いです。

1時間ほど使っての感想は、全般にアンダー目に写るなあというものでしたが、帰宅してマニュアルを見てびっくり。スローシャッターが切れない! 今日使っ た絞り優先モードでは、1/4秒より遅いシャッターは切れないとのこと(マニュアルモードでも1/2秒まで)。三脚を使った夜景モードの時だけ、3秒まで 切れるようです。まあ、撮影中に気づけよという話ではありますが。せめて2秒くらいまで、何とかならないものでしょうか。それと露出補正に何ステップも必 要なのは、ちょっと面倒ですね。

デビュー戦にしては条件が厳しく三脚を使っての撮影となってしまいましたので、お手軽スナップ機としての実力はまた今度という感じです。

Dscf0028 Dscf0033 Dscf0103

2009年3月 2日 (月)

StereoPhoto Maker on Wine

ネットブックと呼称される小型のノートPCを購入しました。NECのLaVie Lightというものです。メインマシンとして使えるスペックでない割りにディスクは十分にあるので、久しぶりにLinuxを入れてみました。最近よく目にするubuntuというディストリビューションです。

今時のディストリビューションの完成度というか簡単さには、ほんと感心します。インストールが終わった段階でXは動いているし、音はなるし、ネットワークには繋がっているし、Slackware + JEの頃とは隔世の感があります(まあ、10年以上の隔たりがあるのですが)。

Microsoft Windows用アプリケーションを動作させる環境であるWineの完成度も、かなりのものになっていました。StereoPhoto Makerがちゃんと動くし、驚いたことに左右画像自動調整を行うAutopanoまで動作しました(Autopano-Siftの方はだめでした)。

ちなみに、8Mega pixel x 2 のステレオペア5組を左右画像自動調整した結果は、

Windows XP : 46.1秒/ペア
Wine on ubuntu : 70.0秒/ペア

でした。

まあLinuxでStereoPhoto Makerを動かしたい人はそうはいないと思いますが、Mac OS上で動けば嬉しい人はいるだろうなあと思い、Mac用のWineをいくつか試してみたところ、今日の所は、

Darwine1.17:動作せず
CrossOver Mac 7 Pro 体験版:動作可能
MikuInstaller:動作可能

という結果でした。

ただし、CrossOverもMikuInstallerもStereoPhoto Maker自体は動きますが、残念ならAutopanoもAutopano-Siftも動きませんでした。でも、ものすごく惜しい所までは来ている感じです。

左はubuntu、右はMac OS上でSPMを動かしている様子。

Ubuntu_2 Macos_2

2008年10月24日 (金)

立体写真展「飛び出しMasse! 2008」

昨日の23日、3D関西の有志の皆さんが開催されている立体写真展「飛び出しMasse! #6 2008」にお邪魔してきました。松本から大阪まで日帰りで行ってきたため、滞在時間は2時間半ほどでしたが、久しぶりに大量のステレオ画像を見て、大いに刺激されて帰ってきました。

会場は大阪市が運営している「咲くやこの花館」という植物園なので、花の写真が圧倒的に多かったですが、カンボジアやエジプトの遺跡、海中の光景、鉄道、動物、昆虫、山岳、花火、ビル街のハイパーステレオ等、会員の皆さんが得意とされている分野の様々な写真が所狭しと展示されていました。

展示方法にも色々と工夫がされていて、大きな画像も鑑賞できる手作りのミラー式ビューアー、各種の液晶ディスプレイを用いた鑑賞装置等、興味深いものが沢山ありました。その中から、いくつかをご紹介します。

Img_0010Img_0011

Img_0019

左:プレイステーション・ポータブルを利用した鑑賞装置。手前は、ライトボックスとリアリストのレッドボタンビューアーのレンズ部を用いた鑑賞装置。どちらも、細かい点で思わずうなってしまうような工夫が凝らされています。

中:Zalmanの3D液晶モニターでは、「花火」と「東京空撮」のショートムービーが上映されていました。STEREOeYeの関谷さんの作品です。

右:ハイビジョンモニターで上映された、お祭りのアナグリフ動画。周りの壁にも、交差法、アナグリフ画像が沢山張られていました。

Img_0015Img_0016Img_0012Img_00231枚目:合計180個のビューアーが前面・背面に並ぶと、これはもう壮観です。
2枚目:ミラー式ビューアー。左側の画像は鏡映像になっています。
3枚目:奥は2枚の液晶モニターとミラー式ビューアーを組み合わせた鑑賞装置。手前は、サンヨーの古い3D液晶モニター。裸眼立体視が可能です。
4枚目:3枚目奥の装置のクローズアップ。私の作品は、これで展示していただきました。

Img_0042Img_0045Img_0040Img_0046植物園内で撮影させていただいた花。季節柄、百花繚乱というわけにはいきませんでしたが、思いの他色々な花が咲いていました。左からヒマラヤの青いケシ、エーデルワイス、名称不明、サボテンの一種。

これだけの展示会を開催されるまでに要した労力は、さぞ大変なものだった思います。素晴らしい展示会を開催され、作品を展示する機会を与えてくださった3D関西の皆様に、あらためて感謝いたします。

25日、26日には立体写真教室も開催されるそうです。一人でも多くの人にステレオ写真の楽しさを知っていただき、ステレオフォトグラファーが増えると嬉しいですね。

立体写真展「飛び出しMasse! 2008」
期間:2008年10月21日(火)~26日(日)
時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所:咲くやこの花館 2F フローラルサロン(大阪)

詳しくは、こちらをご覧ください。
電子立体像撮影機改造本舗

2008年8月 6日 (水)

Loreoのステレオマクロレンズ

香港のLoreo社から、APS-Cサイズのデジタル一眼レフ用ステレオマクロレンズが発売されました。が、いきなり出荷停止になってしまいました。

何でもフィルターを装着するためのスレッドに不具合があったとかで、出荷のメールが来た三日後にリコール&リファンドの連絡が来ました。物自体は、昨日届きましたが。

正式名称は、Loreo 3D Macro Lens in a Capで、Webページの写真を見た感じではステマーやステレオターと同種のものかと思っていましたが、実物を見ると、ペンタックスのステレオアダプターのようにミラーで光軸を曲げ後のレンズ(2枚構成のプラスチックレンズ)で受けるタイプでした。

改良版の出荷は3、4ヵ月後、マウントはキヤノンEOS、ニコンF、ペンタックスK、ミノルタ(ソニー)用があり、価格はUS$120です。焦点距離は38mm、絞りはf11、16、22の三段階、撮影可能範囲は23~85cmとなっています。

スペックにステレオベースの記載はありませんが、定規で測った所およそ20mm位で、ステレオマクロレンズとしては少しばかり長すぎる感じです。

メールの説明ではすぐに送り返せということでもなさそうなので、とりあえず通勤の途上で使ってきました。

ミラー式特有のセンターに現れる黒帯はやはり見られますが、それ程ひどいものではありません。開放測光といったしゃれた機能はありませんので、絞り込んだ暗いファインダーでのピント合わせになり、これはなかなか至難の業です。はっきり言って、ピントの確認はほとんどできません。被写界深度頼みです。

絞り込んだ状態でしか使えない、ステレオベースがやや広いことから予想できたことですが、背景までの距離がある場合、かなり見にくいステレオ写真になってしまいます(3枚目のツユクサ)。

今の時代にマクロ撮影用のステレオレンズを出してくれるだけでもありがたいことですので、被写体を選びながら使い込んでいこうと思います。

Imgp6920_s2 Imgp0006 Imgp0011 Imgp0014 Imgp0015

2008年1月 3日 (木)

ステレオ・デジカメを新調

レリーズケーブルが使えるコンパクトなデジカメは、かつてはニコンやソニーにもあったのですが、今はリコー製しかなくなってしまいました。

リコー製品にしても、ケーブルスイッチが正式にサポートされているのは上位機種のGR・GX系統だけで、エントリークラスのCaplio RシリーズはR2以外、対象外になっています。Rシリーズは春秋2回のモデルチェンジを繰り返し現在はR7になっていますが、blog等でモデルによっては使えたという報告がなされていました。

この二年間、スナップ用ステレオ・デジカメとしてR2を使ってきましたが、さすがに古くなったので、この春にR8が出た後でリプレースするつもりでいました。急ぐ必要はまったくなかったのですが、年末に帰省した折、新宿の量販店で触っていたら俄かに欲しくなってしまい、結局、R7を2台購入してしまいました。

R2から一足飛びにR7になったので、動作は軽快で、操作体系もだいぶ洗練されています。写りも相当良くなっていますが、サイド・バイ・サイドで2枚並べて立体視できるサイズにまで小さくしてしまうと、あまり違いはわかりませんね(笑)。

唯一、使い勝手が悪くなったのはメモリーカードとバッテリーの交換です。L字アングルで縦位置固定で使う場合、R2は右側面にSDカードとバッテリーのスロットがあったのでカメラを外すことなく交換できたのですが、R7はスロットが底面に移ったので、いちいちドライバーを使ってL字アングルを外す必要があります。

で、今日はテスト撮影がてら、街中を散歩してきました。

 左から、Caplio R7 ツインリグ、松本城、お城の欅。

Img_2936 Rimg0014Rimg0009