2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

2019年4月15日 (月)

伊那谷の桜

13日の土曜日、今年も松本などの中信地方よりは開化の早い伊那方面に桜を見に行ってきました。中央自動車道を松川ICまで南下し、中川村の大草城址公園、高森町の瑠璃寺、駒ヶ根市の栖林寺と吉瀬を巡るいつものコースです。

タイミングとしてはどこも見頃で、朝のうちは青空と残雪の中央アルプスを背景とした桜を楽しむことができました。昼前には中央アルプスの背後に雲が湧きはじめてしまい、稜線のスカイラインが見えなくなってしまったのが残念でした。

上段左から大草城址、瑠璃寺、下段左から栖林寺、吉瀬の枝垂桜です(2枚ずつ)。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0053 Img_0069 Img_0114 Img_0130

Img_0157 Img_0164 Img_0188 Img_0205

2019年4月14日 (日)

松本城の桜

昨年より一週間遅れ、松本城の桜の開花宣言がようやく7日に出されました。その後もなかなか気温が上がらなかったのですが、この土日で一気に開花が進みました。松本城では例年開花の三日後から一週間、本丸庭園が無料開放され夜桜会が開催されます。13日の土曜日は冷え込みもなく、多くの人が夜桜を楽しんでいました。

最初の三枚を撮影した富士フイルムのFinePix REAL 3D W3、13日に伊那の桜を見に行った際に紛失してしまいました。最近は時折、シャッターが切れないことがあるなどそろそろ引退かと思っていたのですが、2010年の発売以来、長年愛用してきただけに残念なことをしました。

13日の夜桜会でステレオ写真を撮影中の方に声をかけられました。キヤノンのPowerShot SX160二台をSDMでコントロールされていました。数少ない同好の士にお目にかかるのは嬉しいものです。

Dscf3171 Img_0016_1 Img_0032 Img_0088  

2019年4月 6日 (土)

戸谷峰登山

特に見るものはないのですが、この時季に戸谷峰(とやみね)に登るのも恒例になりました。今回は三才山出会いドライブインから登り、久しぶりに野間沢橋に下りました。どちらのルートも崩落しそうな急斜面があり、けっこう歩きにくいです。北斜面には雪が残っていましたが、すっかり春の陽気でした。

左から、気持ちの良い登山道、戸谷峰山頂と北アルプス、北斜面の残雪、カケスの羽根、冬を越してボロボロになったヒオドシチョウ、たきざわのキノコ蕎麦。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0007 Img_0016 Img_0025 P4060191 P4060210 P4060217

2019年3月25日 (月)

群馬の旅

伊香保温泉と谷川温泉に宿泊し、お隣の県、群馬で観光してきました。今回訪れるまで知らなかったのですが、群馬県には多くの古墳が現存し、埴輪王国と呼ばれ、国宝や国の重要文化財に指定されている埴輪の半数近くが出土しているそうです。復元された八幡塚古墳には彩色された様々な埴輪が並べられ、とても興味深かったです。

左から、高崎の達磨寺、沼田の弥勒寺、榛名神社の彫刻、八幡塚古墳と埴輪(3枚)、吹割の滝、妙義山、イワナの唐揚げ、上州牛のステーキ。

Img_0008 Img_0227 P3220163 Img_0041 Img_0045

P3210085 Img_0196 Img_0265 Img_4659 P3210144

この旅行の写真は、古墳巡り温泉街他神社仏閣妙義山散策にまとめてあります。

 

 

2019年3月10日 (日)

今年二度目の入笠山

1月に行った時には本当に雪が少なかった入笠山ですが、7日に降った雪のおかげでスノーシュー向きのコンディションになっていました。テイ沢の様子を見に行くつもりで山頂から首切清水方面に下りた所、思いのほかトレースが踏み固められておらず、軽アイゼンだけでは歩きにくかったため林道を戻ることにしました。

この日は絶好の登山日和で多くの人で賑わう山頂からの展望は素晴らしく、360度のパノラマを楽しむことができました。

左から、入笠湿原、山頂への道、入笠山山頂、山頂から望む八ヶ岳・中央アルプス・後立山連峰と諏訪湖。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0016 Img_0029 Img_0037 Img_0062 Img_0071 Img_0073

2019年3月 3日 (日)

霧訪山登山と早春の花

あまり雪の降らないまま3月になってしまいましたが、春の訪れも早いようで例年に較べ10日ほど早く辰野町のセツブンソウが見頃を迎えています。この日は午前中、塩尻市と辰野町の境に位置する霧訪山に登った後、辰野町上島地区のセツブンソウの自生地と沢底地区のフクジュソウ群生地を周ってきました。

天気は快晴でしたがすっかり春霞で、展望が利かなかったのは残念でした。沢底地区には古い道祖神がいくつもあり、そのうちの永正二年(一五〇五年)と彫られたものが日本最古の道祖神とみなされているそうです。

左から、霧訪山登山口、霧訪山山頂、最古の道祖神、セツブンソウとフクジュソウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0002 Img_0020 Img_0036 Img_0460 P3020071 P3020114

2019年2月25日 (月)

飯縄山スノーハイク

毎年恒例になりつつある積雪期の飯縄山登山です。飯縄山も今年は雪が少なく、遠目に見るとかなり黒々としています。

昨日、下界は10度を超える陽気で、腕まくりをしても汗をかいてしまいました。往路はそこそこ締まっていた雪面も、下山時にはグズグズになっていて、急斜面ではいささか苦労しました。登山中は終始絶好の好天で、飯縄山山頂では日本海の水平線から富士山まで絶景を楽しむことができました。
左から飯縄神社奥宮一の鳥居、ダケカンバの樹林帯、奥宮の鳥居、南方から飯縄山へ、飯縄山山頂(2枚)。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0006 Img_0023 Img_0032 Img_0034_2 Img_0044_2 Img_0046

2019年2月 3日 (日)

守屋山スノーハイク

一年ぶりに諏訪湖の西方にある守屋山に行ってきました。周囲の山々が綺麗に見渡せる絶好の登山日和でした。

この日は山頂でゆっくりお昼を食べられるポカポカ陽気。昨年は久しぶりに御神渡りが見られた諏訪湖も、部分的に薄い氷が張っているだけでした。

左から、岩に生えた白樺、守屋山東峰の守屋神社奥宮、西峰への登山道、守屋山西峰山頂、西峰から望む八ヶ岳、東峰から望む後立山連峰。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0028 Img_0052 Img_0105 Img_0066_2 Img_0075 Img_0125

2019年1月28日 (月)

松本城氷彫フェスティバル2019

毎年恒例の松本城氷彫フェスティバルに行ってきました。作る人は大変だったと思いますが、この日はかなり冷え込んだので作品の状態を保つには良いコンディションでした。青空を背景に透き通った作品がとても綺麗でした。

左から、ライジン、龍と鳳凰、Deep Blue、ペガサスの親子、龍虎の叫び、龍神。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0024 Img_0028 Img_0035 Img_0066 Img_0074 Img_0075

2019年1月20日 (日)

美ヶ原スノーハイク

今年最初の美ヶ原高原、三城を起点に茶臼山、王ヶ頭を辿るちょっと長めの周回コース。陽の当たらない斜面にはそこそこ雪がありましが、南斜面では完全に夏道が出ている有様でとても一月の光景とは思えませんでした。朝のうちは360度綺麗な青空が望めましたが、昼を過ぎるころから西側に雲が増えアルプス方面がぼんやりしてしまったのが残念でした。

左から、茶臼山から望む浅間山、北アルプス遠望、美ヶ原台上、浅間山、凍る渓流、霜。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0057 Img_0084 Img_0095 Img_0111 Img_0010 P1190007

より以前の記事一覧