2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

2018年2月19日 (月)

筑波山散策

前日に東京で飲み会があり、松本からは出かけにくい山についでに登ってこようと筑波山に寄ってきました。当初は下からちゃんと登るつもりだったのですが、前夜、飲み過ぎてしまい、ケーブルカーで登って下山するだけになってしまいました。

筑波山には三十数年前に登ったのですがあまり記憶になく、女体山山頂付近の登山道が思いのほか急峻なので驚きました。山麓ではぼちぼち福寿草や梅が咲き始めており、長野とは季節の進み方が違うことを実感しました。

左から、ガマの油売り、男体山山頂、男体山北側の登山道、大仏岩、福寿草。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4515 Dscf4530 Dscf4540 Dscf4565_2 P2180002

2018年2月11日 (日)

美ヶ原スノーハイク

ここしばらく寒くて山に出かける気になれませんでしたが、今日は気温が上がるという予報でしたので近場の美ヶ原に行ってきました。いつもの通り、三城を起点に百曲り登山道から王ヶ頭を目指す反時計回りの周回コースです。百曲り登山道手前の渓流は、この時期、しぶきが凍った氷の造形物が見ものなのですが、この日は全く見られませんでした。

曇りがちの天気で雲の流れがものすごく早く、青空がのぞいたかと思えば真っ白いガスにおおわれたり、とても目まぐるしい空模様でした。美ヶ原の台上は強い南西からの風が吹きすさび、北アルプスも厚い雲に覆われていたので王ヶ鼻はあきらめて早々に下山しました。

左から、ガスの中の美ヶ原高原、霧氷(2枚)、王ヶ頭山頂、凍る電波塔。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0048 Img_0031 Img_0085 Img_0075 Img_0073

2018年2月10日 (土)

諏訪湖で五年振りの御神渡り

先月の28日に訪れた時は今年は無理かもと思ったのですが、その後、冷え込みが緩むことなく、判定と神事を司る八剱神社から2月2日に御神渡りが出現したと発表されました。その日から一週間経ちましたが、なおも冷え込みが続き氷の厚さが増しているということでしたので、再び行ってきました。

こんなに長期間、氷の盛り上がった筋が保たれているのは珍しいのではないかと思います。前回は出現したという報道の直後に訪れたのに、すでに氷が溶けていて痕跡も確認できなかったおぼえがあります。28日は閑散としていましたが、報道直後から大勢の人が訪れているそうで、今日も駐車場や観測ポイントは大変な賑わいでした。

4枚目の氷の層の様子から、徐々に氷の厚みが増してきたことがわかります。5枚目は映画『君の名は。』の糸守湖の風景に似ている、と評判の立石公園から望む諏訪湖です。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0009 Img_0039 Img_0107 P2100003 Img_0145

2018年2月 4日 (日)

安曇野の白鳥

白銀の北アルプスを背景に白鳥の飛翔が撮影できるかと思い、安曇野市の御法田遊水地に出かけました。上空は綺麗な青空なのに、残念ながら北アルプスは厚い雲の中。いくつかの群れが飛び立ったり舞い降りたり、タイミングとしてはよかったのですが、何しろ寒くて15分で退散です。

この日に撮影した他の写真は、こちらにまとめてあります。

Img_0013 Img_0017 Img_0018 Img_0038 Img_0045

2018年1月28日 (日)

諏訪湖、全面結氷するも

ここ数日の冷え込みで諏訪湖が全面結氷し、御神渡りの兆候が見られるとのことでしたので出かけてみました。確かにいく筋か亀裂が入っているのですが見るからに氷は薄く、明日からは冷え込みも緩むようですので今回はここまでかもしれません。

湖畔で伺った話では、戦前は戦車で湖上を渡れるほど厚い氷が張ったとか。ちなみに1990年以降の御神渡り出現率は3割足らずで、前回は2013年でした。2008年2012年に撮影していますが、やはり年々、氷は薄くなっているようです。

左から御神渡りの兆し(2枚)、湖畔の氷(2枚)、帰りに長野自動車道のパーキングエリアで買った桔梗信玄プリン、味は想像通りでした。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4492 Dscf4493 P1280010 P1280022 P1280038

追記 2月2日、5年振りに御神渡りが観測されたと八剱神社の神職より発表されました。

2018年1月21日 (日)

松本城氷彫フェスティバル2018

毎年恒例の松本城氷彫フェスティバルに行ってきました。今日はさほど気温が上がらず朝の内は綺麗な状態に保たれていましたが、繊細な作品ほどはやく崩れてしまいそうで氷細工のはかなさを感じます。

この日のその他の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4427 Dscf4429 Dscf4442 Dscf4454 Dscf4469

2018年1月 7日 (日)

入笠山スノーハイク

とっても天気がよさそうでしたので、さっと登って手軽に絶景を楽しめる入笠山に行ってきました。今年最初の三連休中日とあって、富士見パノラマリゾートの駐車場は車であふれかえっていました。九割以上の人がスキーヤー、ボーダーの皆さんです。

山頂からの景色は文字通り360度の大パノラマ。今シーズン、雪の降り初めは早かったですが、その後あまり降っていないらしく、八ヶ岳などはかなり黒くなっていました。

マナスル山荘本館のビーフシチューとカツカレーを堪能し、帰りにはゆーとろん水神の湯で汗を流し、今日も楽しい休日を過ごすことができました。

左から、入笠湿原、入笠山山頂、八ヶ岳、北アルプス、ビーフシチュー、カツカレー。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4313 Dscf4343 Dscf4363 Dscf4370 P1070008 P1070010

2018年1月 5日 (金)

ボルネオのマーケット等

最終日、空港に向かうまで数時間の空き時間がありましたので、コタ・キナバルのマーケットとショッピングモールを回ってきました。新年を迎えてもクリスマス・ツリーなどはまだ飾られたままで、正月らしさというか新年らしさはほとんど感じられませんでした。新年早々でも店が普通にやっているのは、短時間しか滞在できない観光客としてはありがたかったです。

左から、街道沿いのマーケット、ポーリン温泉、乾燥ナマコ、ドリアン、マンゴスチン、ランブータン、唐辛子。その他の写真は、こちらにまとめてあります。

Dscf2350 Dscf2373 P1020451 P1020501 P1020513 Pc300095 P1020502

ボルネオで食べたもの

今回の旅行では、コタ・キナバルのホテル、キナバル公園のロッジ、中腹のラバンラタ・レストハウスに宿泊しましたが、どこもマレーシア風、中華風、洋風が微妙に混じったバイキング料理でした。おいしいのですが、毎回、同じようなメニューですので飽きるといえば飽きます。最終日の昼にコタ・キナバルの街中で食べた、薬膳風のバクテー(肉骨茶)料理がとてもうまかったです。

マレーシアはイスラム教を国教とする国ですが、今回利用したレストランでは普通にビールは頼めました。

その他の写真は、こちらにまとめてあります。

P1010412 P1020537 P1020549 Pc300086 Pc300088

ボルネオの花

北半球とはいえ、赤道直下のボルネオ島、この時季でもいろいろな花を見ることができました。キナバル山の登山道、登山の前日に訪れたポーリン温泉、キナバル公園ボタニカル・ガーデンで撮影した花の写真をまとめました。

今回の最大の収穫はラフレシアを見られたこと。開花して5日ほどで崩れてしまうらしく、よほど運がよくなければ見られないだろうと思っていたので、見ることができたときはかなりテンションが上がりました。小雨が降るかなり暗い場所だったので、写真はぶれまくりでした。もっと落ち着いて撮ればよかった後悔しきりです。

左から、ラフレシア、ラフレシアの蕾、ウツボカズラ、白いラン、シャクナゲの仲間、キナバル・バルサム。その他の花は、こちらにまとめてあります。

Dscf2406 Dscf2401 Pc310233 P1010404 P1010389_2 P1010410_2

より以前の記事一覧