2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2018年12月16日 (日)

冬の美ヶ原高原

昨年も同時期にこのコースを歩いたのですが、今年は圧倒的に雪が少なかったです。所々、雪がある程度でほとんど夏道が出ていました。去年は王ケ頭ホテルで昼食をとるつもりでほとんど食料を持たずに出かけた所、なんとメインテナンス休館中。寒風の中、ミニあんパンを食べて早々に下山しました。

登る前に下から見上げた王ケ頭の稜線は真っ白で霧氷が発達していたようですが、着いた時にはほとんど溶けていました。大門沢川の渓流には氷のオブジェができていましたので、寒さは例年並みの様です。北アルプスは雲の中で展望を楽しむことはできませんでしたが、この時季は訪れる人も少なく静かな山歩きを楽しむことができました。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0010 Pc150011 Img_0032 Img_0045 Img_0067 Img_0085

2018年12月 3日 (月)

日向山・山上の白砂のビーチ

昨年の同じ12月2日、長野の山の寒さから逃れようと初めて山梨県北杜市の日向山に登りました。今年は長野もまったく寒くないのですが、この日の日向山は半袖のTシャツ一枚で登るのがちょうどよいような陽気でした。

樹林帯を抜けていきなり展望の開けた砂礫地帯に出ると、皆さん一様に歓声を上げていました。山頂部の白砂のビーチは燕岳や甲斐駒ヶ岳の山頂部を小規模にしたような風化花崗岩の砂礫地帯で、八ヶ岳や奥秩父の山々を望める気持ちの良い光景が広がります。ビーチマットやビーチサンダルを持参された用意の良いご家族連れがいて、八ヶ岳を背景に写真を撮らせていただきました。

昨年は矢立石登山口への林道が土砂崩れだかで通行止めだったのですが、この日はそこそこの数の車が止まっていました。錦滝を経由する周回コースは相変わらず通行止めで、復旧の兆しがまったくないのが残念です。
左から、登山道の様子(2枚)、日向山山頂部(3枚)。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。
Img_0016 Img_0018 Img_0062 Img_0080 Img_0112

2018年11月26日 (月)

群馬・栃木の旅-栃木編

三連休初日とあってあしかがフラワーパークは大変な賑わいで、歩くのもままならぬ状態でした。イルミネーションはとても綺麗でしたが、ゆっくり周るには相当な気合が必要でついでに寄る場所ではなかったですね。

二日目は今回の旅行のメインイベント、大谷石の採石場跡を利用した大谷資料館にまず向かいました。想像していたよりもスケールが大きく、よくも掘ったものだなあと感心しました。三脚、一脚の使用が禁止されていますので、思うような写真は撮れませんでしたが、実に見ごたえのある空間でした。

最後は宇都宮名物の餃子です。宇都宮駅前にある餃子店には軒並み行列ができていて人気のほどが伺えましたが、これは休日前だったからでしょうか。

上段はあしかがフラワーパークのイルミネーションと大谷資料館の採石場。下段は大谷の平和観音と加工された大谷石、餃子各種です。この旅行の栃木編は、こちらにまとめてあります。
Img_0087 Img_0137 Img_0140 Img_0158 Img_0187 Img_0193
Img_0212 Img_0209 Pb240038 Pb230032 Pb230035 Pb240049

2018年11月25日 (日)

群馬・栃木の旅-群馬編

急に思い立ってお隣の群馬県と栃木県に行ってきました。前々から大谷石の採石場跡に行ってみたいと思っていて、途中の富岡製糸場と群馬サファリパークにも寄り、ついでにあしかがフラワーパークのイルミネーションも見てこようというプランです。

まずは群馬県編。写真を撮ることを考えるとサファリパーク内はバスで周る方が良いのかなとも思ったのですが、初めてでよくわからないので自家用車で周ることにしました。午前中でそれほどの混雑ではなかったので所々で車を止め写真を撮ることはできましたが、車のウィンドウの反射が映りこんだ失敗作を量産してしまいました。

富岡製糸場は工事があちこちで進行中で、整備が完了すると一層見ごたえのある施設になるのではと思います。
この旅行の群馬編は、こちらにまとめてあります。
Img_0049 Img_0013 Dscf2870 Dscf2920 Img_0064 Dscf2896

2018年11月18日 (日)

光城山から長峰山へ

運動不足解消のため光城山から長峰山を歩いてきました。登山口に向かう途中で見上げた北アルプスは雲の中だったので、展望は望めないと思っていたのですが、光城山山頂に着く頃には雲が取れはじめ、長峰山では常念山脈から後立山まで綺麗に臨むことができました。白馬三山がかろうじて白くなっているだけで、鹿島槍も爺ヶ岳も黒々としています。この時季、ここまで雪がないのは珍しいですね。

左から、光城山の三角点、紅葉二点、ウメモドキ、常念岳。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。
Dscf4617 Dscf4634 Pb180025 Pb180023 Dscf4618

2018年11月17日 (土)

松本山雅FC、J2優勝! J1昇格!

徳島ヴォルティスをホームに迎えての最終戦、勝利で飾ることはできませんでしたが、上位3チームがすべて引き分けだったため松本山雅FCはJ2で初優勝、来季はJ1に復帰することが決まりました。万歳!
Img_0034 Img_0038 Img_0024 Img_0029

2018年11月10日 (土)

湯ノ丸山と懐古園

昼前から天気は回復するという予報を信じて湯ノ丸山と烏帽子岳に登るつもりで出かけたのですが、天候は一向に回復する兆しを見せず、湯ノ丸山だけで下山した所、午後からは綺麗に晴れわたりました。終始ガスの中、まったく展望の利かない山行になってしまいました。

せっかく東信地方に出かけたので紅葉の名所、小諸の懐古園に寄ってきました。紅葉はまさに見頃で、青空の下、こちらでは絶景を堪能することができました。

左から、湯の丸スキー場、湯ノ丸山山頂、湯ノ丸山と烏帽子岳の鞍部、懐古園の紅葉(3枚)。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0001 Img_0024 Img_0029 Img_0047 Img_0049 Img_0079

2018年11月 4日 (日)

信州の秋

今年は夏の猛暑のせいで街路樹の葉は色づく前に枯れてしまったものが多いようですが、それでもケヤキやイチョウが綺麗に色づいています。

この時季の恒例行事ですが、高遠城址から諏訪の紅葉ポイントをまわってきました。日本列島を高気圧がおおっている割に雲の多い天気でしたが、訪れた場所それぞれで日差しの刺す時間があり、美しい紅葉を楽しむことができました。

最後の2枚は、池に映った紅葉です。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0018 Img_0055 Img_0096 Img_0140
Img_0142 Pb030021 Img_0048 Img_0165

2018年10月29日 (月)

錦秋の瑞牆山

奥秩父の瑞牆山(みずがきやま)に行ってきました。これまで瑞牆山にはシャクナゲの季節にしか登ったことがなく、この時季は初めてです。日も短くなり気温も下がっているので山はそろそろ空く頃かなと思って出かけたのですが、8時過ぎに山麓の駐車場に着いた時には路上にも沢山の車があふれていました。

それもそのはず、山麓は見事な紅葉に彩られていました。特に瑞牆山荘から富士見平小屋までの樹林帯が素晴らしかったです。お隣の金峰山に9月頃キノコを探しに登るのが恒例になっていましたが、これからは紅葉を楽しみながら登る瑞牆山も恒例になりそうです。

左から大ヤスリ岩の基部、賑わう山頂と八ヶ岳、大ヤスリ岩とクライマー、登山道の紅葉。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。
Img_0031 Img_0038 Img_0079 Img_0109 Img_0122 Img_0126

2018年10月21日 (日)

美ヶ原高原散策

今日はあまり遠出ができなかったので、近場の美ヶ原を散策してきました。美鈴湖から美ヶ原自然保護センターまで車で上がると、美ヶ原高原の最高地点・王ヶ頭まで歩いて30分ほどです。何でも日本全土で快晴になったのは半年ぶりだとか。綺麗な青空の下、大勢の人が訪れていました。

気温が上がったためか地平線方向の視界はややぼんやりで、周囲の山は望めたものの写真では綺麗に映りません。三千メートルを超える山々の山頂部は、どこも白く雪化粧していました。

二時間ほどで散策は切り上げ、昼はきのこ蕎麦の店へ。松本から国道254号を上田方面に少し進んだ所にある『たきざわ』という店で、スーパーでは絶対売っていないような珍しいきのこが盛りだくさんの蕎麦を食べることができます。美ヶ原高原同様、今日はこちらも大繁盛でした。

上段左から、紅葉、王ヶ鼻の石像群、王ヶ鼻で憩う人々、王ヶ鼻から望む槍穂連峰と松本平。下段左から、きのこの山、きのこの天ぷら、きのこのつけざる蕎麦、きのこ蕎麦。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。
Img_0003 Img_0076 Img_0079 Img_0088
Pa210108 Pa210116 Pa210120 Pa210123

より以前の記事一覧