2020年9月22日 (火)

爺ヶ岳登山

昨年は鹿島槍ヶ岳と共に登った爺ヶ岳に行ってきました。コロナ禍の中の秋の四連休の三日目、行楽地はどこも大変な人出だったようですが、立山黒部アルペンルートの長野側の起点である扇沢も大変な混雑ぶりでした。

扇沢駅手前の柏原新道登山口に向かう途中、早朝なのに多くの車が下りてきます。「こんな時間に下りてくるとは、どういうわけ?」と思いながら進むと、柏原新道登山口の遥か手前から路駐の車、車、車。柏原新道登山口そばの駐車場は言うに及ばず、そこそこキャパシティのある扇沢駅の駐車場も満車で、諦めて帰ってしまう人たちがかなりいたようです。タイミングが良かったというか、午前6時になって旧扇沢ロッジ跡地のスペースが駐車場として開放され、30分ほど待たされただけで何とか駐車することができました(ちょうどロッジ跡地へ入る脇道の手前で、渋滞にはまっていました)。

朝のうちは青空が見られたものの、周囲の山々は雲の中で展望はききませんでした。天気は回復することなく爺ヶ岳山頂に着く頃にはガスが湧きあがり、やや残念な山行になってしまいました。高山帯では花の季節はほぼ終わり、紅葉がはじまっていました。

左から、紅葉と爺ヶ岳(右:南峰、左:中峰)、中峰山頂、色づくナナカマド、ウラシマツツジ、シラタマノキ、ドクツルタケ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00019_20200922153501Dsc00027P9210017P9210032P9210054P9210066

2020年9月19日 (土)

アルプス公園で散歩写真

秋の四連休、"Go To トラベル"と言われても、どこにも遠出する予定はありません。天気がよければ近場の山に出かけるのですが、連休前半の予報は芳しくありません。というわけで、今日はアルプス公園まで散歩してきました。距離は10km、そこそこ標高差があり上った階数は39階分でした。

公園でお湯を沸かしてカップラーメンを食べたり、被写体になるものもそこそこあり、のんびり写真を撮りながら四時間ほどの散策を楽しむことができました。

左から、ヨウシュヤマゴボウ 、女郎蜘蛛、カマキリ、キノコ、センニンソウ、ヒガンバナと稲穂。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

P9190016P9190017P9190024P9190088P9190133P9190154

2020年8月29日 (土)

美ヶ原散策

あまり天気は良くなさそうでしたが、少しでも涼しい所へということで、近場の美ヶ原へ行ってきました。まあ暑かったですけど。この時季の美ヶ原は久しぶりでしたが、夏から秋の花が結構賑やかに咲いていて、なかなか楽しめました。

左から、ダケカンバの巨樹、賑わう王ヶ鼻山頂、ミヤマウズラ、ソバナ、マツムシソウ、猛毒のドクツルタケ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00004Dsc00019_20200829202901P8290007P8290026P8290110P8290168

2018年10月21日 (日)

美ヶ原高原散策

今日はあまり遠出ができなかったので、近場の美ヶ原を散策してきました。美鈴湖から美ヶ原自然保護センターまで車で上がると、美ヶ原高原の最高地点・王ヶ頭まで歩いて30分ほどです。何でも日本全土で快晴になったのは半年ぶりだとか。綺麗な青空の下、大勢の人が訪れていました。

気温が上がったためか地平線方向の視界はややぼんやりで、周囲の山は望めたものの写真では綺麗に映りません。三千メートルを超える山々の山頂部は、どこも白く雪化粧していました。

二時間ほどで散策は切り上げ、昼はきのこ蕎麦の店へ。松本から国道254号を上田方面に少し進んだ所にある『たきざわ』という店で、スーパーでは絶対売っていないような珍しいきのこが盛りだくさんの蕎麦を食べることができます。美ヶ原高原同様、今日はこちらも大繁盛でした。

上段左から、紅葉、王ヶ鼻の石像群、王ヶ鼻で憩う人々、王ヶ鼻から望む槍穂連峰と松本平。下段左から、きのこの山、きのこの天ぷら、きのこのつけざる蕎麦、きのこ蕎麦。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。
Img_0003 Img_0076 Img_0079 Img_0088
Pa210108 Pa210116 Pa210120 Pa210123

2018年9月29日 (土)

根子岳登山とキノコ狩り

かねがねやってみたかったキノコ狩りに挑戦。もちろん自力ではできませんので、キノコ狩りのガイドをしてくれるという「ペンションきら星」さんのお世話になることにしました。場所は峰の原高原でキノコ狩りは午後一時開始とのことでしたので、午前中は根子岳に登ることにしました。

午前中、雲の多い空模様は回復傾向にあったのですが、ちょうど根子岳山頂に達した頃、群馬県側から湧いてきたガスにおおわれ視界は全くなし、下山すると綺麗に晴れわたるというあいにくの天気でした。まあこの日のメインイベントはキノコ狩りですので、下山後、登山者用駐車場から車で2分とかからない「きら星」さんに向かいました。

キノコ狩りは約2時間、ペンションのオーナーのガイドの下、何ヵ所かのキノコ発生ポイントをめぐり、帰る頃には腰に括り付けたかごは収穫したキノコでずっしり重くなっていました。その場その場で食べられるキノコの名前と特徴を聞きながら探すのですが、何回かガイドしてもらってもとても自力で探せるようになるとは思えませんでした。この日の最大の収穫は、一本だけですがヤマドリタケをゲットできたこと。私たちにはさっぱりそのありがたさが分かりませんでしたが、見つけるのが難しいとても貴重で美味しいキノコだそうです。またとても状態の良いベニテングタケをいくつか見ることができ、私たちとしてはこちらの方がテンション上がりまくりでした。楽しいだけでなく美味しいものも食べられる、とても良い一日でした。

上段左から、白樺、視界のない根子岳山頂、菅平牧場から望む根子岳、ススキ、オヤマリンドウ。下段左から、ヤマドリタケ、ベニテングタケ(2枚)、この日の収穫、鍋の具材.。

この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。
Img_0008 Img_0025 Img_0066 P9280130 P9280132
P9280207 P9280228 P9290326 P9280273 P9280281

2018年9月24日 (月)

金峰山とキノコ

9月に入ると週末のたびに雨模様の天気が続きました。最後に登ったのが8月19日の四阿山と根子岳でしたので、ほぼ一月ぶりの登山になります。例年、今時分が登山用筋肉のピークになるのですが、この一月ですっかり体がなまってしまい、なんだかとてもきつい山行になってしまいました。

さてこの時期、金峰山に登るのはキノコを見るため。もっと色々なキノコを見ることのできる山域はあちこちにあるでしょうが、うちではキノコと言えば金峰山ということになっています。昨日も目当てのベニテングタケ、ドクツルタケ、タマゴタケを見ることができ、とても疲れましたが良い山行になりました。

上段左から、砂払いノ頭付近から望む八ヶ岳、左奥の金峰山山頂へ至る稜線、金峰山のシンボル五丈石、金峰山山頂。下段左から、ベニテングタケ、タマゴタケ、ドクツルタケ,ベニナギナタタケ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0008 Img_0016 Img_0024 Img_0026

P9230009 P9230064 P9230066 P9230068