2020年9月22日 (火)

爺ヶ岳登山

昨年は鹿島槍ヶ岳と共に登った爺ヶ岳に行ってきました。コロナ禍の中の秋の四連休の三日目、行楽地はどこも大変な人出だったようですが、立山黒部アルペンルートの長野側の起点である扇沢も大変な混雑ぶりでした。

扇沢駅手前の柏原新道登山口に向かう途中、早朝なのに多くの車が下りてきます。「こんな時間に下りてくるとは、どういうわけ?」と思いながら進むと、柏原新道登山口の遥か手前から路駐の車、車、車。柏原新道登山口そばの駐車場は言うに及ばず、そこそこキャパシティのある扇沢駅の駐車場も満車で、諦めて帰ってしまう人たちがかなりいたようです。タイミングが良かったというか、午前6時になって旧扇沢ロッジ跡地のスペースが駐車場として開放され、30分ほど待たされただけで何とか駐車することができました(ちょうどロッジ跡地へ入る脇道の手前で、渋滞にはまっていました)。

朝のうちは青空が見られたものの、周囲の山々は雲の中で展望はききませんでした。天気は回復することなく爺ヶ岳山頂に着く頃にはガスが湧きあがり、やや残念な山行になってしまいました。高山帯では花の季節はほぼ終わり、紅葉がはじまっていました。

左から、紅葉と爺ヶ岳(右:南峰、左:中峰)、中峰山頂、色づくナナカマド、ウラシマツツジ、シラタマノキ、ドクツルタケ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00019_20200922153501Dsc00027P9210017P9210032P9210054P9210066

2020年9月12日 (土)

霧の霧ヶ峰

この土日は好天が期待できなかったのですが、土曜日は朝起きるとけっこう良い天気でしたので近場の霧ヶ峰に行ってきました。霧ヶ峰に着いた頃はまだ青空も見られたのですが、みるみる雲がひろがり再び太陽が出ることはありませんでした。陽射しがない分、涼しくて歩きやすかったのは良かったです。

夏の花もいくぶん残っていましたが、秋の花もはや寂しくなってきており、トリカブトだけがやたらと目立っていました。

左から、蝶々深山から望む八島湿原、サラシナショウマの群落、ヤマラッキョウ、ツクバトリカブト、ウスユキソウ、ウド。

Dsc00012_20200912195301Dsc00021_20200912195301P9120014P9120033P9120048P9120090

2020年9月 6日 (日)

入笠山散策

5日の土曜日、この日は午後から天気が崩れるとの予報でしたので、午前中だけで楽しむことのできる入笠山と入笠湿原に行ってきました。富士見パノラマリゾートのゴンドラ始発が8時半ですので、活動時間を早めるために沢入の登山口を7時過ぎに歩きはじめました。おかげで入笠山山頂はほぼ独占状態でしたが、周囲の山々は雲の下で展望は今一つでした。

秋の花はほぼ出尽くした感じで、湿原ではエゾリンドウ、トリカブト、ウメバチソウ、アケボノソウが咲き誇っていました。

左から、入笠山山頂、ベンケイソウ、サラシナショウマにとまるクジャクチョウ、エゾリンドウ、レンゲショウマ、アケボノソウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00004_20200906072701P9050078P9050088P9050113P9050166P9050219

2020年9月 3日 (木)

木曽駒ヶ岳登山

8月の初めに乗鞍岳から移された3家族16羽の雷鳥を求めて、木曽駒ヶ岳へ行ってきました。数日ケージで保護された後放鳥された雷鳥は、ヤマレコなどの記録を見るとお盆休みの頃までは木曽駒ヶ岳周辺でたびたび目撃されていました。

木曽駒ヶ岳山頂から馬ノ背方面、伊那前岳を歩いてみましたが、雷鳥の姿は確認できず。この時期になると、雛もだいぶ育って活動範囲も広がっているでしょうから、期待通りにいかなくとも仕方ありません。

千畳敷カールは花の種類がさびしくなり、夏山シーズンは間もなく終わりという感じです。

左から、千畳敷カールから望む宝剣岳、木曽駒ヶ岳山頂、木曽駒ヶ岳から望む御嶽山、馬ノ背への登山道、トリカブト(サクライウズ)、ヒメウスユキソウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

 

Dsc00021Dsc00058Dsc00050Dsc00076P9020001P9020031

2020年8月29日 (土)

美ヶ原散策

あまり天気は良くなさそうでしたが、少しでも涼しい所へということで、近場の美ヶ原へ行ってきました。まあ暑かったですけど。この時季の美ヶ原は久しぶりでしたが、夏から秋の花が結構賑やかに咲いていて、なかなか楽しめました。

左から、ダケカンバの巨樹、賑わう王ヶ鼻山頂、ミヤマウズラ、ソバナ、マツムシソウ、猛毒のドクツルタケ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00004Dsc00019_20200829202901P8290007P8290026P8290110P8290168

2020年8月21日 (金)

乗鞍岳登山

午前中は天気がもちそうでしたので、乗鞍岳に行ってきました。イワギキョウ、トウヤクリンドウ、ウサギギクが見頃、コマクサも思いのほか残っていました。ほぼ目論見通り青空の下での登山を楽しむことができましたが、バスで山麓まで戻ると途端に豪雨に見舞われ、30メートル先の日帰り温泉施設の玄関まで行くのも難儀しました。

左から、肩の小屋への登山道から望む乗鞍岳・剣ヶ峰、蚕玉岳と剣ヶ峰、剣ヶ峰山頂、イワギキョウ、コマクサ、。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00001Dsc00023Dsc00036P8210101P8210142P8210155

2020年8月16日 (日)

天狗岳登山

前回も書きましたが、暑い日が続きます。この日は北八ヶ岳の天狗岳に行ってきました。青空の下での登山は、久しぶりです。この山域は樹林帯歩きが長く、稜線ではかなり強い風が吹いていたので、陽射しの割に暑さはあまり苦になりませんでした。

左から、箕冠山付近の樹林帯、根石岳と天狗岳、東天狗岳山頂、コマクサ、イブキジャコウソウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00009_20200816071001Dsc00012Dsc00042P8150027P8150044

2020年8月11日 (火)

御嶽山登山

暑い日が続きます。涼を求めて一年振りに御嶽山に登ってきましたが、山の上も暑かったです。下山後、水分をとってもとっても乾きが治まりません。

この日は山の日で、最盛期ほどではありませんが大勢の人が訪れていました。剣ヶ峰山頂では、御嶽山噴火で被災された方のご遺族が慰霊をされていました。

左から、八合目から望む御嶽山山頂部、剣ヶ峰へ、噴火災害慰霊碑と剣ヶ峰山頂、オンタデ、イチヤクソウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00002_20200811110901Dsc00014Dsc00038P8100012P8100018

2020年8月 2日 (日)

唐松岳登山

関東甲信地方が梅雨明けしたこの日、後立山連峰の八方尾根から唐松岳に登ってきました。北アルプスに出かけるのは、3月末に登った西穂独標以来です。

有料の山の天気予報サイトによれば、八方尾根は早朝は晴れるが徐々にガスにおおわれるとか。有料とはいっても毎回あたるわけではないのですが、この日は見事に予報通り。天気は残念でしたが、夏から秋にかけての高山植物をいろいろと楽しむことができました。


左から、唐松岳山頂、山頂付近の登山道、ハッポウウスユキソウ、タカネマツムシソウ、タテヤマリンドウ、ナナカマドにとまるアサギマダラ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00008Dsc00011_20200802110701P8010208P8010224P8010247P8010288

2020年7月20日 (月)

霧ヶ峰散策

久々に青空が期待できそうな19日の日曜日、霧ヶ峰を散策してきました。八島湿原から鷲ヶ峰に登った後、物見岩、蝶々深山を経て車山の肩から出発点に戻るといういつものコースです。八島湿原周辺、車山の肩の電気柵の中はニッコウキスゲが見頃でしたが、物見岩や蝶々深山あたりは鹿の食害のためかニックキスゲはまったく見られず、他の花も寂しい限りでした。

左から、鷲ヶ峰の登山道、物見岩と右奥の八島湿原、絶滅危惧種のコウリンカ、ニッコウキスゲ、キンバイソウ、シモツケソウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00013Dsc00037P7190036P7190057P7190120P7190155

より以前の記事一覧