2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2017年8月15日 (火)

御嶽山登山

太平洋高気圧の張り出しのないまま、夏が終わってしまいそうです。ここまで天候が不安定なお盆休みは、あまり記憶がありません。そんな気候の中、かろうじて雨マークがつかない二日間を選んで御嶽山に行ってきました。

これまで御嶽山には日帰りでしか行ったことがなかったのですが、かねがね泊まってみたいと思っていた五の池小屋を利用しました。キャパシティは100名とのことですが、この日の宿泊者は30名ほど、きれいな建物の中でゆったり快適に過ごすことができました。食事も旨く、特に自家製味噌を使った味噌汁が絶品です。

昨シーズンまで通行止めが続いていた女人堂と三ノ池をつなぐ登山道が先月開通し、黒沢口の八合目と山頂部を周回で辿れるようになりました。

上段左から、賽の河原、この山行の最高地点・摩利支天山を目指して、五の池小屋、小屋付近から望む剣ヶ峰、針の山。下段左から、継子岳から望む北アルプス、三ノ池、女人堂・三ノ池間の残雪、薪ストーブの炎、イワギキョウ。
この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0614 Dscf0618 Dscf0644 Dscf0649 Dscf0721
Dscf0727 Dscf0753 Dscf0761 P8130042 P8130007

2017年7月15日 (土)

乗鞍岳登山

せっかくの三連休ですが、不安定な天気が続きそう、という予報が出ています。連休の初日、午前中は晴天が期待できそうでしたので、さっと登ってさっと下りてこれる乗鞍岳に行ってきました。去年も同じようなことを言っていた気がします(笑)。午前中いっぱいとまではいきませんでしたが、山頂で過ごした10時ころまではそこそこ青空を望むことができました。

今年はどこの高山もそうらしいですが残雪がとても多く、例年ですと雪が全くない大雪渓脇の登山道がほとんど雪の下でした。傾斜はさほどなく、雪も硬くはありませんでしたので、さすがにアイゼンは必要ありませんでしたが。

左から、大雪渓横の登山道、直下から望む剣ヶ峰、剣ヶ峰山頂、大雪渓で遊ぶ人々。下段左から、アオノツガザクラ、イワカガミ、ハクサンイチゲ、コマクサ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0451 Dscf0474 Dscf0480 Dscf0495
P7150009 P7150011 P7150013 P7150049

2017年6月19日 (月)

残雪の唐松岳

ゆったり一泊で唐松岳に行ってきました。今年は残雪が多く、八方池より上部では途中何か所か大きな雪渓を登ります。「上の樺」上部の雪渓だけそこそこの傾斜がありましたので、上り下りとも軽アイゼンを使用しました。丸山直下の雪渓以降は傾斜はさほどでもなく、雪も緩んでましたのでアイゼンなしで通過しました。

八方池より下ではユキワリソウ、タテヤマリンドウ、ミヤマアズマギク、キジムシロが咲き誇っています。高山帯ではイワカガミ、ミツバオウレンなどが散見されました。

初日の天気はおおむね晴れ、残雪の大パノラマを堪能しました。二日目は曇りがちの天気でしたが、雷鳥との遭遇はなし。2600メートルの稜線上にカラスが飛び交っているのが気にかかります。

左から、八方池から望む白馬三山、丸山直下の雪渓、唐松岳山頂から望む五竜岳、唐松岳の右に沈む太陽、下段左から、ユキワリソウ、タテヤマリンドウ、ミヤマナガハシスミレ、シロバナミヤマアズマギク。この山行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0312 Dscf0325 Dscf0337 Dscf0362

P6170007 P6170008 P6180028 P6180030

2017年6月12日 (月)

入笠山・テイ沢周回

スズランが咲き始めた入笠山に行ってきました。前日のローカルニュースで、ゴンドラ山頂駅の山野草公園でホテイアツモリソウが見頃を迎えていると紹介されていましたが、大型バスが何台も乗り入れ山野草公園から入笠湿原、入笠山山頂までは大変な賑わいでした。

入笠山に登った後は、大阿原湿原からテイ沢を下り、高座岩、入笠牧場と周回コースを歩いてきました。大阿原湿原以降はあまり人に会うこともなく、静かな山歩きを楽しむことができます。

入笠湿原のスズランはようやく咲き始めたばかりで見頃を迎えるのはもう少し先のようですが、サクラソウ、クリンソウ、サンリンソウ、オサバグサなどの山野草を楽しむことができました。

左から、入笠山山頂、テイ沢、サクラソウ、クリンソウ、サンリンソウ、下段左から、オサバグサ、スズラン、ホテイアツモリソウ、クマガイソウ、ヤマシャクヤク。アツモリソウ以降の写真は、山野草公園で撮影したものです。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0221 Dscf0259 P6110058 P6110062 P6110067
P6110078 P6110123 Dscf0285 Dscf0292 P6110144

2017年5月28日 (日)

残雪の燕岳

松本市街地から日々、見上げている燕岳に、約一年ぶりで行ってきました。初日の午前中は天気がくずれるという予報もあったのですが、出かけてみると二日間とも快晴で、絶好の登山日和でした。燕岳の稜線上にはほとんど雪はありませんが、残雪をまとった山々の姿はとても美しかったです。

天気が良すぎて雷鳥に遭遇するのは無理だなと思っていたのですが、下山を開始したら山小屋のそばで何やら写真を撮っている人が。なんとオスの雷鳥がうろうろしていたのでした。

左から、燕山荘を目指して、燕山荘から望む燕岳、朝日を浴びる燕山荘、表銀座縦走路と槍ヶ岳、雷鳥。この山行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0074 Dscf0125 Dscf0165 Dscf0184 Dscf0198

2017年5月14日 (日)

残雪の木曽駒ヶ岳

中央アルプスの木曽駒ヶ岳に行ってきました。雪の少なかった去年に較べるとやや残雪は多かったですが、今日はかなり気温が上がったため下山時の雪はぐずぐず。傾斜の急な千畳敷カールの上部はずるずる滑っておっかないし、雪上で踏ん張るたびに普段使わない筋肉を酷使したため、登山時間の割に何だかとても疲れました。景色は素晴らしかったですが。

左から、宝剣岳、千畳敷カールを登る(2枚)、駒ヶ岳山頂から御嶽山を望む、三ノ沢岳。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf9845 Dscf9853 Dscf9858 Dscf9923_2 Dscf9942_2

2017年3月11日 (土)

入笠山スノーハイク

ほぼ三ヶ月ぶりで入笠山に行ってきました。今回は富士見パノラマリゾートのスキー場からでなく、沢入登山口から少し余計に歩いて入笠湿原を目指しました。12月に較べれば雪は多かったですが、トレースの雪はかたく締まりせっかく持参したワカンはまたも出番なしでした。

左から、入笠山山頂直下、入笠山山頂、入笠山山頂のシベリアンハスキー、入笠湿原、マナスル山荘のカツカレー。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf8849 Dscf8858 Dscf8870 Dscf8904 P3110003

2017年2月25日 (土)

今年最初の美ヶ原

一週間前の美ヶ原の山行記録を見ると、木々は霧氷をまとって美しく輝き、雪原は新雪に覆われスノーシュー歩きにあつらえむきとのことでした。そこでワカンを背に真っ白い霧氷を求めて、本日出かけてきたのですが……。

一昨日の美ヶ原は霙、雨、強風の大荒れの天気で、木々の氷はすべて落ち、雪も融けて土がむき出しになってしまったとのことでした。昨年の暮れに出かけた時も、数日前に雨が降って同じような状況になっていましたので、美しい景色にタイミングよく出会うのはなかなか難しいということでしょうか。

前回に続き、今回も王ヶ頭ホテルで昼食をいただいたのですが、北側の窓に現れる「霜の華」がまだ残っていました。ガラスにつく霜ですからステレオ写真向けではないのですが、ガラスには屋内のライトなども映り込みそれなりに奥行き感のある写真になりました。

左から、王ヶ頭への道、王ヶ頭から王ヶ鼻へ、王ヶ鼻から望む王ヶ頭、王ヶ頭ホテルの霜の華2枚。この山行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf8746 Dscf8755 Dscf8774 P2250005 P2250015

2017年2月13日 (月)

守屋山スノーハイク

昨年に引き続き、守屋山に行ってきました。登りは広い駐車場が用意されている杖突峠口、下山は初めてでしたが守屋神社へのコースを辿りました。

守屋山東峰から守屋神社里宮へのルート、昨年はトレースがなかったのですが、今年は新雪の上を一人か二人が歩いた程度のトレースがありました。ピンクリボン、赤テープがほとんどない区間がありますので、トレースがないとルートの見極めが大変かもしれません。それと守屋神社里宮に下りると、緩やかな登りの舗装道路を30分程歩いて駐車場に戻らなければならないのがつらい所です。

積雪の状態は昨年並み、去年は霧氷ができる寒さでしたが今年はポカポカ陽気。快晴でほぼ無風の絶好の登山日和でしたが、中央アルプス、北アルプスが雲に隠れていたのが残念でした。

左から、守屋山東峰最後の登り、東峰山頂の守屋神社奥宮、西峰山頂、山頂から望む諏訪湖、守屋神社里宮の本殿。この山行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf8613 Dscf8624 Dscf8632 Dscf8635 Dscf8693

2017年2月 5日 (日)

快晴の飯縄山

北信五岳の一つ飯縄山に行ってきました。隣の戸隠山と共に古くから山岳信仰の山、修験の山として知られ、山頂部には飯縄神社奥宮、南登山道には十三体の石仏が置かれています。

天候は終日快晴でほぼ無風、歩いていると汗ばむような陽気でした。一週間前のヤマレコの記録からそんなに登山者はいないと予想していたのですが、九時前に駐車場に着くとほぼ満車、登山道でもかなりの人とすれ違いました。この日は、シーズン中そう何日もない絶好の登山日和だったのだと思います。

山頂からの眺めは抜群で、ひときわ存在感を示す高妻山、戸隠山、黒姫山、妙高山の北信五岳、妙高山の右奥には直江津の市街地と日本海、西には後立山連峰から常念山脈、槍ヶ岳、南から東に目を転じれば中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳、富士山、浅間山、360度の大展望でした。

上段左から登山口の一ノ鳥居、後立山遠望、山頂部直下の急登、飯縄山山頂への最後の登り、下段左から山頂から望む白馬三山、黒姫山と妙高山、高妻山、シュカブラ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf8456 Dscf8509 Dscf8514 Dscf8526_2
Dscf8530 Dscf8539 Dscf8541_2 Dscf8555

より以前の記事一覧