« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月30日 (土)

守屋山散策

三年振りで緊急事態宣言の出ていないゴールデンウィークですが、遠出するでもなく例年通り近場の守屋山に行ってきました。タチツボスミレが咲き乱れる時季には早すぎましたが、色々なスミレが咲いていました。前日はかなり冷え込んだらしく、高い木の樹幹には氷がついており、登山道にたくさんの氷が落ちているのには驚きました。

左から、守屋山山頂、山頂から望む槍穂連峰、ヒトリシズカ、フイリシハイスミレ、オオカメノキ、ニリンソウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc0037_20220430213001Dsc0044_20220430213001P4300810P4300826P4300866P4300872

2022年4月25日 (月)

アルプス公園散策

天気が良いので、松本市アルプス公園まで散歩。リンゴの花が咲きはじめ、ちょっと標高の高い公園内ではまだ桜が残っていました。山道に入ると、色々な花を見ることができました。

左から、リンゴの花、オキナグサ、八重桜、アマドコロ、イカリソウ、ジュウニヒトエ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

P4250682P4250701P4250707P4250716P4250749P4250765

2022年4月23日 (土)

霧訪山の春の花

今月初めに登った時は雪山だった霧訪山、三週間たって早春の山野草が見頃を迎えています。今日の目当てはイワウチワとカタクリだったのですが、思いのほか多くのスミレが咲いていて、そのたびに座り込んで見入っていたのでなかなか先に進めませんでした。

左から、イワウチワ、カタクリ、ヒナスミレ 、エイザンスミレ、フイリシハイスミレ、マキノスミレ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

P4230510P4230655P4230499P4230631P4230651P4230664  

2022年4月17日 (日)

光城山から長峰山へ

例年ですと山麓から山頂に向けて徐々に開花が進む光城山の桜ですが、今年は山麓で開花してほんの数日で山頂部まで満開になってしまいました。この日は絶好の好天で駐車場には長い待機列ができ、大勢の登山者で大賑わいでした。

左から、常念岳、オオヤマザクラ、長峰山から望む後立山連峰、フデリンドウ、ヤマモモ、ヤマブキ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc0001_20220417195001Dsc0024_20220417195001Dsc0057_20220417195001P4170469P4170476P4170482

2022年4月16日 (土)

妻女山から鞍骨山へ

第四次の川中島合戦のおり、上杉謙信が陣を置いた妻女山にバイモ(貝母、編笠百合)を見に行ってきました。当時の妻女山(さいじょざん)は、現在の妻女山の20分ほど南西に位置する斎場山(さいじょうざん)だったとされています。

そこから10分ほど南に謙信が本陣を移した陣馬平と呼ばれる平地があり、バイモが群生しています。いつの時代のことかわかりませんが、ここには漢方薬のための薬草畑があり、野生化したバイモがかなり広範囲に群生するようになったということらしいです。もっと小さな花だと思っていたのですが、同じバイモ属のクロユリと花の形や大きさはよく似ており、色だけが違うと言う感じです。

カタクリを求めて陣馬平から天城山(てしろやま)、鞍骨山(くらぼねやま)まで足を延ばしましたが、この日は陽射しがほとんどなかったためうなだれたままでした。

左から、かつての妻女山山頂、武田方の山城が築かれた鞍骨山、バイモ(4枚)。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc0004_20220416213601Dsc0028_20220416213601Dsc0034_20220416213601Dsc0037_20220416213601P4160432P4160376

2022年4月14日 (木)

松本城の夜桜

松本城では毎年、桜の開花宣言が出た日の三日目から八日間、夜桜会が開催され、本丸庭園が無料開放されます。今年は5日に開花して見頃を迎えたと思ったら、連日のポカポカ陽気であっという間に散り始めてしまいました。12日に見に行ったのですが、日当たりの良い所はすでに葉桜になっており、かなり残念な感じでした。

寒くて夜桜どころではない、という年もあるのですが、なかなか難しいものです。

Dsc0026_20220414135701Dsc0039_20220414135701Dsc0048_20220414135701Dsc0055_20220414135701Dsc0089P4120369

2022年4月10日 (日)

松本市の桜

5日に開花宣言の出た松本城の桜、連日の温かさで一気に開花が進み見頃を迎えています。日曜日の今日は多くの人が訪れ、天守に昇る人で長い行列ができていました。家のベランダから遠くに望める弘法山古墳もピンク色に染まり、こちらも見頃のようでしたので、市内の桜スポット二カ所を巡ってきました。

昼食後は安曇野市の拾ヶ堰(じっかせぎ)へ。江戸時代につくられた灌漑用の用水路ですが、標高が高い山に向って緩やかに流れる様子は、見ていると不思議な気持ちになります。

左から、弘法山古墳、松本城、拾ヶ堰、それぞれ2枚ずつ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc0008_20220410192501Dsc0013_20220410192501Dsc0046Dsc0061_20220410192501Dsc0084_20220410192501Dsc0079_20220410192501

2022年4月 9日 (土)

伊那の春

先週は新雪の低山を歩いていましたが、松本市内でもこの一週間で桜が開花しました。今日は毎年恒例、伊那谷の桜ツアーに行ってきました。光前寺以外はどこも見頃を迎えておりまさに春爛漫という感じで、多くの観光客の目を楽しませていました。

左から、大草城址公園の桜(2枚)、源頼朝が寄進した瑠璃寺の枝垂桜の四代目(2枚)、麻績の里の舞台桜、光前寺付近のスイセンと中央アルプス。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0017_20220409215701Img_0029_20220409215701Img_0063Img_0078_20220409215701Img_0085Dsc0012_20220409215701

2022年4月 2日 (土)

雪の霧訪山

山麓ではセツブンソウやフクジュソウが咲いていると言うので、塩尻の霧訪山に行ってきました。北側の山ノ神自然園から登るのは初めてです。3月31日に登った人の記録では雪はまったくなかったのですが、一日の未明まで降っていた雪が結構残っていました。途中から使ったチェーンスパイクに雪が団子状についてしまい、とても歩きにくかったです。まあ、この時期は仕方がないかもしれません。

セツブンソウはほとんど残っておらず、フクジュソウも昨日の雪でかなり傷んでしまっていました。まずまずの晴天でしたので、狭い山頂は大賑わいでした。

左から、霧訪山登山口、賑わう霧訪山山頂、大芝山山頂部、ミズバショウ、ダンコウバイ、一冬越えてボロボロになったクジャクチョウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc0004_20220402194101 Dsc0027_20220402194101Dsc0038_20220402194101P4020256P4020273P4020280

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »