2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月27日 (月)

静岡の小旅行

8月29日に中部横断自動車道の山梨県内の未開通部分が開通し、長野から静岡まで高速道路でつながりました。東名、新東名ともつながるので、静岡市、浜松市ともに3時間程度で移動することができることになります。

ということで久しぶりに県境を二つ越えて、静岡県に行ってきました。初日は浜松の鍾乳洞、うなぎパイの工場、楽器博物館を回って、宿泊は三保の松原近くで。二日目は天気の崩れが予報よりはやく、以前にも行ったことのある富士花鳥園に寄っただけで早々に帰宅しました。

三保の松原越しに見る富士山を楽しみにしていたのですが、初日は雲の中でまったく見えず。二日目の早朝もどんよりした曇り空で、かろうじて輪郭を確認できる程度。その後、雲の中に隠れてしまいました。この日、富士山は初冠雪したそうです。

左から、浜松の鍾乳洞・竜ヶ岩洞(2枚)、うなぎパイジェラート、浜松市楽器博物館の1976年製モーグ・シンセサイザー、富士花鳥園のメンフクロウとアナホリフクロウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc0010Dsc0034_20210927181201P9250077P9250130Dsc0128P9260224

2021年9月24日 (金)

荒船山登山

長野と群馬の境にある荒船山に行ってきました。登っている時にはずっと樹林帯の中の低山という印象しかないのですが、一枚目、二枚目の写真のようにかなり特異な形状をした山です。山頂部の登山道がどこまでも平らな状態で続いているので、歩いていると山頂にいるのを忘れてしまうというのも特異と言えば特異です。

二枚目の写真の岩壁は艫岩(ともいわ)と呼ばれ、高さ200m、幅400mあるそうです。左端の縁あたりに柵も何もない展望台があり、思い出すだけでぞわぞわしてきます。

1枚目:佐久市の道の駅「ほっとぱーく・浅科」付近から望む荒船山。平らな山頂部の左端が艫岩、右の三角のピークが荒船山の最高地点・経塚山。
2枚目:山麓の国道254号から望む艫岩
3枚目:艫岩展望台。下の道路は国道254号、遠景は浅間山、草の先は断崖絶壁です。
4枚目:地味な経塚山山頂、展望はありません。
5枚目:花はトリカブトばかりでした。
6枚目:トチの実

Dsc0078_20210924194001Dsc0071_20210924194001Dsc0023_20210924194001Dsc0037P9230021P9230035

2021年9月20日 (月)

アルプス公園で散歩写真

今年四回目のアルプス公園散歩写真です。この時季、山野草はあまり見られませんが、色々な草木の実が目につくようになります。クサギの実くらい特徴的だと検索すればすぐわかるのですが、単なる赤い実だと調べようがありません。

左から、オトコエシ、クサギの実、彼岸花、女郎蜘蛛、コシオガマ、メスグロヒョウモン。

P9200001P9200007P9200024P9200032P9200035P9200048

廻り目平から金峰山へ

昨年、色々なキノコを見ることができたこのコース、今年は不発でした。あまり状態のよくないベニテングタケが3つあったほかは、地味なキノコがぼちぼち見られただけでした。

写真は青空のものばかりを集めてますが、雲のわくのがはやく天気や周囲の山々の展望も今一つでした。

左から、長い林道歩き、ナナカマドの紅葉、八ヶ岳と瑞牆山、金峰山山頂、フェニックスの大岩に登る人、ベニテングタケ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0001_20210920105301Img_0013_20210920105301Img_0021_20210920105301Img_0035_20210920105301Img_0041_20210920105301P9190099

2021年9月13日 (月)

入笠山散策

青空を期待して入笠山に出かけたのですが、予報に反して終日、どんよりした曇り空でした。

今年は季節の進行が早いのか、例年ならまだ咲いているはずの花がすでに終わっている感じでした。山の花の季節もそろそろ終わりです。

左から、マツムシソウにとまるアサギマダラ、レンゲショウマ、タマゴタケ、エゾリンドウ、ホソバトリカブト、アケボノソウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00014_20210913085701P9120001P9120005P9120007P9120050P9120122

2021年9月11日 (土)

ライチョウを求めて木曽駒ヶ岳へ

9月10日、ライチョウを求めて木曽駒ヶ岳に行ってきました。7月の半ばに出かけた時は5組のライチョウ家族がケージで保護されており、環境省のスタッフが時おり散歩をさせていましたので簡単に所在を確認することができました。

そのうちの2家族が8月の初めに長野市茶臼山動物園と那須どうぶつ王国へ移送され、その時点で「中央アルプスでは最大8家族37羽の雛が生存しており、成鳥を加えると50羽以上が生存している可能性があります」とのことです。

環境省:中央アルプスでケージ保護したライチョウ家族の動物園への移送結果について


雛も親並みに大きくなり行動範囲も広がっているでしょうから遭遇できるかどうか期待半分で出かけましたが、無事に一家族とで出会うことができました。昨年もこの時期に出かけ遭遇することができなかったので、今回はラッキーでした。

左から、千畳敷カールから望む宝剣岳、木曽駒ヶ岳山頂、ライチョウ(3枚)、紅葉したウラシマツツジ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00008_20210911103501Dsc00034_20210911103501Dsc00113Dsc00122_20210911103501Dsc00135P9100012

2021年9月 5日 (日)

アルプス公園で散歩

遠出できる天気ではなかったので、近所のアルプス公園で散歩写真。

左からホウキタケの仲間、猛毒のドクツルタケ、アゲハチョウ、カリガネソウ、オミナエシにとまるアカスジツチバチ、クルミの実。

P9050013P9050023P9050036P9050038P9050044P9050058

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »