2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

2021年5月31日 (月)

入笠山散策

お気軽な低山歩きが続きますが、そろそろいろいろな花が見られるようになったかなと、昨日は入笠山に行ってきました。ズミがほとんど見られなかったほかは、ほぼ期待通りの花を見ることができました。山野草園のホテイアツモリソウは二輪だけ開花していました。

写真をうまく撮れなかったのですが、図鑑を見ていてコウライテンナンショウというものがあることを知りました。これまでマグシグサとばかり思っていたものの中には、コウライテンナンショウだったものがあったかもしれません(例えば、こちら)。仏炎苞は同じように見えるのですが、マグシグサとは葉の形が違うようです。

左から、入笠山山頂、テイ沢、ツバメオモト、サンリンソウ、オサバグサ、クリンソウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00005_20210531174101Dsc00040_20210531174101P5300008P5300066P5300079P5300154

2021年5月23日 (日)

八島湿原から車山周回

花の季節にはまだまだ早いだろうと思いながら、八島湿原から車山を歩いてきました。八島湿原入り口に設置されている「咲いている花の案内板」は空白、見ることができた花はサクラスミレ、ショウジョウバカマ、ミツバツチグリ程度でした。

下山後、八島湿原の駐車場から下諏訪町に下りる県道の冬季閉鎖が解除されていたので、少し車で走ってみました。道路わきの斜面に細かい黒曜石が露出している場所があるのです。霧ヶ峰周辺には縄文時代の黒曜石の採掘場が何か所かありましたが、ここで見られるのは石器づくりには使えないような細かい破片ばかりです。

黒曜石をしばし観察して車をUターンさせて戻り始めたところ、道路下の斜面に御柱が横たわっているのがちらりと見えました。ガードレール越しに覗き込むと、来年の御柱祭のために伐採された諏訪大社下社の御柱の一本でした。曳きだされる前の御柱は、はじめて見ました。

左から、物見石から車山へ、グライダー、車山山頂の気象レーダードーム、来年の御柱祭の御柱、サクラスミレ、道路わきの黒曜石の破片。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0024_20210523204101Img_0031Img_0044_20210523204101Img_0075P5230045P5230046

2021年5月15日 (土)

武石峰から王ヶ頭へ

会社によって予報がまったく異なる困った天気でしたが、空を見ると何とかもちそうな感じでしたので近場の美ヶ原高原に行ってきました。いつもの三城からではなく、 思い出の丘から武石峰を経て王ヶ頭に登るルートです。思い出の丘から美ヶ原自然保護センターまで車で上がったことは何度もありましたが、歩いたのは今回が初めてです。ほとんど歩く人のいないコースですが、すぐそばを車道が通っているので静かというわけにはいきませんでした。

左から、武石峰山頂、王ヶ鼻の石像群、王ヶ鼻から望む王ヶ頭、王ヶ鼻から望む武石峰、武石峰中腹から望む王ヶ頭、ギフチョウ。

Dscf6685Dscf6733Dscf6736Dscf6740Dscf6745P5150004

2021年5月 9日 (日)

戸隠散策

久しぶりに春の戸隠に行ってきました。戸隠森林植物園ではミズバショウ、リュウキンカ、カタクリなど春の花がちょうど見頃を迎えていました。

戸隠神社は今年、七年に一度の式年大祭に当たり、この日は宝光社の神様が中社にお渡りになる「渡御の儀」が行われました。奥社の参道には多くの人が参拝に訪れていましたが、そこから一歩入った戸隠森林植物園は人もまばらで、ゆったり散策を楽しむことできました。

左から、ミズバショウ、リュウキンカ、シラネアオイ、トガクシショウマ、山菜の天ぷら、「ぼっち盛り」された戸隠そば。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0017_20210509204401Img_0049P5090037P5090136P5090090P5090096

 

2021年5月 4日 (火)

安曇野散策

今年のゴールデンウィークで唯一の晴天になるでしょう、という予報のこの日、安曇野市から大町市、白馬村まで周ってきました。水の張られた田んぼに映る残雪の北アルプス、咲く花も増え絶好のドライブ日和でした。その分コロナ禍にもかかわらず、どの観光スポットも多くの人が訪れていました。

晴天は晴天でしたが、気温が上がりすぎたためか薄曇りに近いような空模様で、連休中にあらためて雪化粧した北アルプスが綺麗に映えなかったのが残念でした。

左から、菜の花と後立山連峰、大出公園から望む白馬三山、アマガエル、スミレサイシン、カタクリ、大王わさび農場のワサビソフト。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00003_20210504220701Dsc00051_20210504220701P5040042P5040074P5040135P5040140

2021年5月 3日 (月)

守屋山散策

今年は桜だけでなく山野草の開花も早いようですので守屋山に出かけたのですが、昨年はいたる所で咲いていたスミレはポツポツとしか見られませんでした。昨年出かけたのは17日でしたので、さすがに少し早すぎたようです。

左から、立石コースの登山道、ヒトリシズカ、フデリンドウ、フイリシハイスミレ、オキナグサ、アケボノスミレ。

Dscf6642P5030009P5030016P5030017P5030021P5030025

2021年5月 1日 (土)

浅間温泉の御殿山

浅間温泉の裏山を散策してきました。松本藩のお殿様が浅間温泉に別邸を作り、その裏山に相当することから御殿山と呼ばれたようです。これまでもこの辺りは何度か歩いたことがありますが、そういう名前がついていることは今回初めて知りました。わりと最近、指導標などの整備が行われたようです。

雨が降り出す前の足慣らしで出かけたので、眺望は全く期待していませんでしたが、ジュウニヒトエ、イカリソウ、スミレなどの山野草が目を楽しませてくれました。

左からハナダイコン、ジュウニヒトエ、エゾノタチツボスミレ、イカリソウ(2枚)、昼食の麻辣刀削麺。

P5010001P5010005P5010016P5010030P5010033P5010057

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »