2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月23日 (火)

美ヶ原高原散策

晴れの予報でしたので近場の美ヶ原高原に出かけたのですが、時折、青空が覗くものの下山するまで晴れ渡ることはありませんでした。昨日までのポカポカ陽気とうってかわって冷え込んだ日になり、おかげで山頂部では霧氷が発達していたのですが、青空がないと単なる寒々しい景色になってしまいますね。

この日、2月23日は、長野県富士見町観光協会によって「富士見の日」に制定されているそうで、ぼんやりとですが富士山を遠望することができました。

左から、木の幹を逆さになって歩くことができるゴジュウカラ、霧氷、一瞬の青空と王ヶ頭、レタスや長芋畑の土が強風で舞い上がる松本平の砂塵、頭上を流れる雲、八ヶ岳の編笠山と富士山。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dsc00025_20210223203901Dsc00078Dsc00098Dsc00104Dsc00110Dsc00116

2021年2月14日 (日)

アルプス公園まで散歩

ポカポカ陽気に誘われて、近所のアルプス公園まで散策してきました。歩行距離約10キロ、3時間ほどの散歩になりました。結構な坂道なので歩いているうちに暑くなり、フリースを脱ぎ、セーターを脱ぎ、最後はシャツを腕まくりです

松本でも例年より早く梅が開花しましたが、道端でもオオイヌノフグリ、ザゼンソウなど春の野草が咲き始めています。まあ、明日はまた寒くなるそうですが。

左から、ヒレンジャクという野鳥(視差強すぎ)、常念岳と横通岳、後立山連峰の爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳、オオイヌノフグリ、ウスタビガの繭、フクジュソウ。

Dscf6545Dscf6556Dscf6567P2140005P2140015P2140021

2021年2月12日 (金)

北横岳と縞枯山・茶臼山周回

一年ぶりに北八ヶ岳の北横岳から縞枯山、茶臼山を歩いてきました。晴れの予報でしたがロープウェイを降りた段階では、日差しの全くない曇りの天気。しかし歩きはじめるとみるみる青空が広がり、結局、予報通りの快晴になりました。北横岳山頂や雨池峠など風の通り抜ける場所ではかなり強い風が吹いていましたが、この時季にしては気温が高く、ほぼ樹林帯を歩くコースですのでほとんど苦にはなりませんでした。

トレースははっきりしており、しっかり踏み固められていたので、中にはノーアイゼンで歩いている人もいました。前歯付きのアイゼンを使いましたが、軽アイゼン、チェーンスパイクでも問題なかったでしょう。

人出は例年に較べ少なく、昨年はずいぶん待たされたロープウェイにもすんなり乗ることができました。

左から、北横岳ヒュッテ、樹氷を縫って山頂へ、北横岳山頂、山頂から望む蓼科山、縞枯れ現象越しに臨む縞枯山、五辻から山頂駅へ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0008_20210212090401Img_0011Img_0018Img_0032_20210212090401Img_0120Img_0147

2021年2月 7日 (日)

入笠山登山

昨年、六回も登った入笠山、本年、一回目の登山です。快晴の昨日、富士見パノラマスキーリゾートのゴンドラはかなりの混雑だったようで、沢入登山口から歩くことにしました。沢入登山口駐車場手前の一キロほどは除雪されておらず、この区間だけはスタットレスタイヤでないと危ない感じでした(下山時には、脱輪している車が一台ありました)。この日は沢入から登った人も多く、9時半の段階で駐車場は9割がた埋まっていました。

数日、雪は降っていないようで、雪道はよく締まり軽アイゼンで快適に歩くとこができました。いつものようにマナスル山荘本館で昼食を取るつもりだったのですが、入り口に行列ができていたので食事は下山してからとることに。さすが人気の山です。

左から、沢入付近の登山道、入笠湿原、御所平のお花畑、入笠山山頂、山頂から望む南アルプス、おやつの桔梗信玄餅入りどら焼き。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0007_20210207182801Img_0014_20210207182801Img_0025_20210207182801Img_0064_20210207182801Img_0048P2070001

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »