2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 守屋山登山 | トップページ | 八島湿原から車山へ »

2019年5月27日 (月)

残雪の燕岳登山

25日から一泊で燕岳へ行ってきました。雪の多い春山シーズンでしたが、さすがにこの時期になると主稜線上の雪はほぼ消え、富士見ベンチから燕山荘の少し下までの雪道歩きでした。雪の消えた合戦尾根ではオオカメノキ、バイカオウレン、イワナシ、コミヤマカタバミ、エンレイソウ、マイヅルソウなどが咲き始めていました。

初日は終日、雲一つない快晴。二日目は薄く雲のかかっている所もありましたが、ほぼ晴れ。天気が良すぎて雷鳥に遭遇するのは無理かと思っていたのですが、二日目の朝食後、大天井岳方面に散策に出かけた所、蛙岩の10分くらい手前で岩の上であたりを警戒中のオスを発見、当然のことながら近くでつがいのメスを見ることもできラッキーでした。

土曜日の午前7時の段階で中房の登山者用無料駐車場は第1と第2が満車、第3は10台ほど空きスペースがありました(有明荘の道路脇に案内表示が出るようになっていました)。翌日の下山時には第1だけ満車になっていましたので、この時期はまだそれほど多くの登山者が訪れているわけではないようです。燕山荘の夕食は2回転、3畳のブースを二人で使うことができました。雪の上のテント場は、ほぼいっぱいの状態でした。

左から、合戦尾根上部、燕岳、燕岳の稜線、燕岳と星空、雷鳥。この山行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4877 Img_0001 Img_0008_1 Img_0077 Dscf4920 Img_0184

 

« 守屋山登山 | トップページ | 八島湿原から車山へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 守屋山登山 | トップページ | 八島湿原から車山へ »