2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月25日 (月)

群馬の旅

伊香保温泉と谷川温泉に宿泊し、お隣の県、群馬で観光してきました。今回訪れるまで知らなかったのですが、群馬県には多くの古墳が現存し、埴輪王国と呼ばれ、国宝や国の重要文化財に指定されている埴輪の半数近くが出土しているそうです。復元された八幡塚古墳には彩色された様々な埴輪が並べられ、とても興味深かったです。

左から、高崎の達磨寺、沼田の弥勒寺、榛名神社の彫刻、八幡塚古墳と埴輪(3枚)、吹割の滝、妙義山、イワナの唐揚げ、上州牛のステーキ。

Img_0008 Img_0227 P3220163 Img_0041 Img_0045

P3210085 Img_0196 Img_0265 Img_4659 P3210144

この旅行の写真は、古墳巡り温泉街他神社仏閣妙義山散策にまとめてあります。

 

 

2019年3月10日 (日)

今年二度目の入笠山

1月に行った時には本当に雪が少なかった入笠山ですが、7日に降った雪のおかげでスノーシュー向きのコンディションになっていました。テイ沢の様子を見に行くつもりで山頂から首切清水方面に下りた所、思いのほかトレースが踏み固められておらず、軽アイゼンだけでは歩きにくかったため林道を戻ることにしました。

この日は絶好の登山日和で多くの人で賑わう山頂からの展望は素晴らしく、360度のパノラマを楽しむことができました。

左から、入笠湿原、山頂への道、入笠山山頂、山頂から望む八ヶ岳・中央アルプス・後立山連峰と諏訪湖。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0016 Img_0029 Img_0037 Img_0062 Img_0071 Img_0073

2019年3月 3日 (日)

霧訪山登山と早春の花

あまり雪の降らないまま3月になってしまいましたが、春の訪れも早いようで例年に較べ10日ほど早く辰野町のセツブンソウが見頃を迎えています。この日は午前中、塩尻市と辰野町の境に位置する霧訪山に登った後、辰野町上島地区のセツブンソウの自生地と沢底地区のフクジュソウ群生地を周ってきました。

天気は快晴でしたがすっかり春霞で、展望が利かなかったのは残念でした。沢底地区には古い道祖神がいくつもあり、そのうちの永正二年(一五〇五年)と彫られたものが日本最古の道祖神とみなされているそうです。

左から、霧訪山登山口、霧訪山山頂、最古の道祖神、セツブンソウとフクジュソウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0002 Img_0020 Img_0036 Img_0460 P3020071 P3020114

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »