2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月16日 (日)

秋晴れの唐松岳

15日、16日は絶好の秋晴れが期待できたので、山小屋に一泊するつもりで唐松岳に行ってきました。唐松岳に登った後、唐松岳頂上山荘に戻ってもまだ12時。ゆっくり景色を見ながらビールを飲んでも、夜まで間が持たないなあと思い、下山することにしました。せっかくの好天で稜線を後にするのは名残惜しかったですが。

今年の夏は週末、連休時の悪天候がびっくりするほど続きました。シーズン終盤の晴天ですから、我が家もそうですが、満を持していたかのように多くの人が八方尾根の散策や登山を楽しんでいました。下山時にも多くの人が山頂を目指していましたので、明日で小屋閉めになる頂上山荘の込み具合がどのくらいのものだったのか、いささか気になります。

10月12日には、北アルプス北部で初冠雪が観測されたそうで、唐松岳でも北側斜面などには雪が残っていました。今シーズン高い山へ登るのは、そろそろおしまいです。

上段左から、八方尾根から望む五竜岳・鹿島槍ヶ岳、八方池第二ケルンと不帰ノ嶮(かえらずのけん)、八方池に映る白馬三山、ダケカンバ、NHKドラマ『山女日記』の撮影風景。下段、唐松岳への最後の登り、唐松岳山頂と剱岳、山頂でたたずむ人、初冠雪の名残り、自画像。

この山行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf7460 Dscf7462 Dscf7482 Dscf7488 Dscf7496
Dscf7511 Dscf7514 Dscf7519 Dscf7529 Dscf7533

2016年10月11日 (火)

二年ぶりの御嶽山

このひと月、週末の度に悪天候となり、秋の行楽を楽しむことができないまま今年の山のシーズンは終わろうとしています。この三連休も晴天が期待できるのは最終日の午前中のみという予報。まあ、こういう年もあるのでしょう。

一昨年の7月以来、二年ぶりに御嶽山へ行ってきました。噴火が起こるまで、秋に御嶽山に登るのが恒例になっていました。この時季に登るのは2013年以来でしたが、紅葉には遅いにしても以前と比べて登山者の姿は圧倒的に少なく、影響はこれからも長く続くのだろうなと感じました。

剣ヶ峰山頂周辺に立ち入ることはできませんが、粘土状に固まった火山灰や降灰で面積が縮小してしまった二ノ池を見ると、自然の力の大きさを思い知らされます。五人の行方不明者が、一日もはやく下山できますように。

左から、八合目・女人堂から望む御嶽山、二ノ池に堆積した火山灰、二ノ池越しに望む剣ヶ峰、サイノ河原と摩利支天山、摩利支天山へ続く岩稜帯。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf7390 Dscf7413 Dscf7420 Dscf7428 Dscf7432

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »