2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 雷鳥沢でテント泊 | トップページ | 金峰山はきのこの山 »

2016年8月28日 (日)

夏沢峠から横岳へ~ヤマネとモモンガに会いに~

八ヶ岳の夏沢峠にある山びこ荘は、ヤマネやモモンガが餌を食べにやってくる山小屋として知られています。小屋の前を通るたびに看板を見て、一度、泊まってみたいと思っていました。

宿泊した26日は金曜日で、朝、宿泊の可否を電話で問い合わせた所、予約が入っていないため小屋は開けない予定とのことでしたが、小屋番さんの都合がつくかどうかを問い合わせていただき、急きょ開けていただくことになりました。たった二人のために小屋を開けていただくことになり、ありがたいやら申し訳ないやら、恐縮しきりでした。

目当てのヤマネとモモンガですが、幸いなことに両方とも見ることができました。特にヤマネは宿泊した二日前に今シーズンはじめて姿を現したそうで、ラッキーなタイミングだったようです。小屋番さんの話ではまだ人馴れしていないので、ちょっとした物音やフラッシュですぐ逃げてしまうとのことでした。モモンガの方はヒマワリの種を食べることが大切らしく、ちょっとやそっとでは逃げないとのことです。ということで、モモンガは50センチの距離で接写できましたが、ヤマネは2メート位が限界でした。

小屋は水なし、電気なし、トイレは外という、今時の北アルプスの山小屋に慣れた目からすると、まだこういう小屋があったのかとかえって新鮮な思いがしました(食事の時だけ発電機を動かし、裸電球がひとつ灯ります)。何より柔らかなランプの光の中で、モモンガやヤマネが現れるのをじっと待つという至福の時間を貸切の状態で送ることができたのは、とても貴重な経験でした。

上段左から、苔むした登山道、硫黄岳山頂、山びこ荘の大部屋、ランプの中の宇宙、地衣類の森。下段左2枚はヤマネ、後の3枚はモモンガ。

この山行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf7261 Dscf7177 Dscf7207 P8260106 P8270186
Dscf7249 Dscf7254 P8260118 P8260152 P8260159

« 雷鳥沢でテント泊 | トップページ | 金峰山はきのこの山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雷鳥沢でテント泊 | トップページ | 金峰山はきのこの山 »