2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月19日 (火)

三ノ沢岳登山

海の日の18日、中央アルプスの三ノ沢岳に行ってきました。木曽駒ヶ岳に登ると、宝剣岳の右奥に秀麗なピラミッド型の山容を望むことができ、一度行ってみたいと思っていた山です。駒ヶ岳と空木岳を結ぶ主稜線から外れているため訪れる人は少ないとのことですが、三連休の最終日、さすがにそこそこの登山者がいました。

主稜線から三ノ沢岳山頂までたいした距離ではないのですが、一度大きく下り細かなアップダウンを繰り返した後、最後に登り返すという行程を往きも帰りもとらなければならず、気分的に疲れました。

上段左から、宝剣岳、三ノ沢岳への道、山頂直下、山頂からの眺め、山頂で寛ぐ人たち、この山域の固有種ヒメウスユキソウ、ハクサンイチゲ、ヨツバシオガマ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf6745 Dscf6769 Dscf6782 Dscf6788
Dscf6791 P7180035 P7180023 P7180026

2016年7月16日 (土)

乗鞍岳登山

この三連休、予報ではあまり芳しい天気にはならないとか。好天予報ならどこか山で一泊してきたい所でしたが、そんなわけで何も計画しませんでした。しかし今朝、起きて空を見あげるとそこそこ青空が望めます。起きた時間が5時ですから遠くへ行くことはできず、最短時間で登れる三千メートル峰、乗鞍岳を目指すことに。

山麓でバスに乗り換え登山口に向かうとあっという間に厚いガスの中で、今日は山頂まで視界は望めないなあと思っていた所、位ヶ原山荘を過ぎた辺りからガスが薄れ、見る見る青空が広がります。登山口に立った時には青空を背景に稜線が綺麗に望め、何だかとても得した気分になりました。

左から、剣ヶ峰と大雪渓、雲上の槍・穂高連峰、剣ヶ峰への最後の登り、蚕玉岳(こだまだけ)、コバイケイソウ、コマクサ、ヨツバシオガマ、クロユリ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf6651 Dscf6672 Dscf6689 Dscf6715
Dscf6732 P7160023 P7160039 P7160060

2016年7月11日 (月)

唐松岳登山

ほぼ三週間ぶりの山登り、リフトを使って手軽にアプローチできる後立山連峰の唐松岳に行ってきました。リフトの始発に合わせて黒菱に着くと、乗り場には既に長蛇の列ができています。前日の土曜日が雨だったため、登山者がこの日に集中してしまったのでしょうか。

早朝はガスで見通しがきかなかったものの、リフトを下りて歩きはじめると見る見るガスが消え、右手の白馬三山、左手の五竜岳、鹿島槍ヶ岳が綺麗に見渡せました。しかし全天青空の時間帯は長くは続かず、山の展望には今一つの一日でした。

左から、白馬三山、八方池と不帰嶮(かえらずのけん)、唐松岳山頂から望む剱・立山連峰、唐松岳頂上山荘から望む唐松岳、ウラジロヨウラク、イワイチョウ、クロユリ、八方池のクロサンショウウオ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf6598_2 Dscf6600 Dscf6632 Dscf6642
P7100028 P7100037 P7100073 P7100033

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »