2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 木曽駒ヶ岳登山 | トップページ | 春の山野草 »

2015年5月 8日 (金)

残雪の立山散策

ゴールデンウィークの企画第二弾は、“立山で白い雷鳥を探そう”です。5月1日に室堂のバスターミナルの上に立つホテル立山の予約状況をチェックすると、5日の日に一部屋だけ空きがあります。この日は前日の雨が残るという予報だったのですが、そのくらいの方が雷鳥観察には良いかもと思い、速攻で予約しました。

初日の朝と夕方、二日目の朝の都合三回、みくりが池の遊歩道を散策した所、少しずつ離れた場所で雷鳥のつがいを観察することができました。夏毛への変わり具合、移動距離を考えると同じつがいでしょう。観察できたのはつがい一組だけでしたが、かなり長時間に渡って撮影することができました。

当初の天気予報は良い方に外れ、二日間ともこれ以上は望めないくらいの晴天。もう一つの目標である雄山登頂も果たすことができ、大満足の山行でした。今年は異様に雪融けが早いらしく、一ノ越から雄山山頂まではほとんど雪がありません。室堂と一ノ越の間はスキーができるほどの雪がありますが、気温が高いため登下降ともアイゼンなしで歩けました。

上段左から、みくりが池と立山、一ノ越を目指すパーティ、一ノ越から雄山へ、雄山山頂、雄山から望む剱岳、雪の大谷。
下段左から、一ノ越に昇る月、月夜の奥大日岳、オスの雷鳥、メスの雷鳥、以下、雷鳥のつがいです。この山行での撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0131 Dscf1906_2 Dscf1822 Dscf1849 Dscf1859_2 Dscf1919_2

Img_0285 Img_0278 Img_0078 Dscf1958 Img_0244 Img_0265

« 木曽駒ヶ岳登山 | トップページ | 春の山野草 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木曽駒ヶ岳登山 | トップページ | 春の山野草 »