2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

横岳・硫黄岳登山

ツクモグサを見に八ヶ岳の横岳に行ってきました。今年は柳川南沢のホテイランも見たかったので、美濃戸から地蔵尾根を経て横岳へ、更に硫黄岳を越えて赤岩の頭か ら赤岳鉱泉に下り、北沢から美濃戸に戻るコースを回ってきました。大抵の人は赤岳も含めて周回するのでしょうが、うちはこれで精一杯です。

ホテイランは暗い樹林帯の中で手振れ写真ばかり、朝のうちは良い天気だったのに雲の広がる時間帯が長く、ツクモグサは花弁を閉じたものが多かったのが残念でした。下山したらまた青空が広がっているし、タイミングはなかなか難しいものです。

左から、横岳への登山道、硫黄岳山頂、ホテイラン、ツクモグサです。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf2098 Dscf2126 P1030469 P1030486 P1030516

2015年5月17日 (日)

乗鞍高原散策

今日は乗鞍高原に遅い春を探しに行ってきました。ミズバショウは葉っぱが大きくなりすぎてましたが、ニリンソウやミツガシワは見頃で、まずまずの成果でした。

左から、オソメ池と乗鞍岳、千間淵、ニリンソウ、ミズバショウ、ミツガシワ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf2044 Dscf2074 Dscf2027 Dscf2054 P1030432

2015年5月10日 (日)

春の山野草

今年は花の開花が早かったのに加え、4月の半ばまでパッとしない天気が続いたため、桜の撮影にもカタクリの撮影にも出かけられませんでした。山では新緑が目立つようになってきましたが、今の時季は早春の花が終わり夏の花にはまだちょっと早いという中途半端な季節です。そこで今日は、山野草屋さんが運営している野草園花の名所と呼ばれる寺を中心に回ってきました。

一番の目当てはローカル紙でも紹介されたヤマシャクヤクです。園芸種のシャクヤクと較べると小振りで、真っ白でとても綺麗な花です。自生のものをかねがね見たいと思っているのですが、いまだ果たせずにいます。

左から、クマガイソウ、ヤマシャクヤク、オオバナノエンレイソウ、シャクナゲ、クリンソウ、カキツバタです。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

P1030260 P1030287 P1030312 P1030363 P1030370 P1030373

2015年5月 8日 (金)

残雪の立山散策

ゴールデンウィークの企画第二弾は、“立山で白い雷鳥を探そう”です。5月1日に室堂のバスターミナルの上に立つホテル立山の予約状況をチェックすると、5日の日に一部屋だけ空きがあります。この日は前日の雨が残るという予報だったのですが、そのくらいの方が雷鳥観察には良いかもと思い、速攻で予約しました。

初日の朝と夕方、二日目の朝の都合三回、みくりが池の遊歩道を散策した所、少しずつ離れた場所で雷鳥のつがいを観察することができました。夏毛への変わり具合、移動距離を考えると同じつがいでしょう。観察できたのはつがい一組だけでしたが、かなり長時間に渡って撮影することができました。

当初の天気予報は良い方に外れ、二日間ともこれ以上は望めないくらいの晴天。もう一つの目標である雄山登頂も果たすことができ、大満足の山行でした。今年は異様に雪融けが早いらしく、一ノ越から雄山山頂まではほとんど雪がありません。室堂と一ノ越の間はスキーができるほどの雪がありますが、気温が高いため登下降ともアイゼンなしで歩けました。

上段左から、みくりが池と立山、一ノ越を目指すパーティ、一ノ越から雄山へ、雄山山頂、雄山から望む剱岳、雪の大谷。
下段左から、一ノ越に昇る月、月夜の奥大日岳、オスの雷鳥、メスの雷鳥、以下、雷鳥のつがいです。この山行での撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0131 Dscf1906_2 Dscf1822 Dscf1849 Dscf1859_2 Dscf1919_2

Img_0285 Img_0278 Img_0078 Dscf1958 Img_0244 Img_0265

2015年5月 3日 (日)

木曽駒ヶ岳登山

我が家のゴールデンウィークは、本日が初日。ロープウェイを使って、中央アルプスの千畳敷から木曽駒ヶ岳を登ってきました。千畳敷カールにはまだたっぷりと残雪がありましたが、今年は雪融けが早いと聞いていた通り、稜線上の登山道にはほとんど雪がありません。気温も十数度はあり、手袋なし、薄手の長そでシャツを腕まくりして歩いてちょうど良い、という感じでした。朝のうちは絶好の快晴で、時折ガスが上がってくる時間帯もありましたが、下山まで素晴らしい景色を堪能することができました。

左から、稜線を目指して千畳敷カールを登る、中岳からの御嶽山、中岳からの木曽駒ヶ岳、駒ヶ岳山頂、雪に埋まった山頂の駒ヶ岳神社。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf1687 Dscf1713 Dscf1714 Dscf1748 Dscf1755

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »