2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月22日 (日)

戸谷峰(とやみね)

松本市から上田市に抜ける国道254号線沿いにある戸谷峰(とやみね)に行ってきました。登山口まで家から車で20分程ですので、登山の対象になる山としては最も近い山です。

一番近い駐車場はこんな時季なのに何故か一杯、次に近そうな駐車スペースに車を置き国道を歩きはじめます。山道に入ってしばらく歩くと、オレンジ色のベストを着たハンターが山腹で獲物を待ち構えているのを見かけました。狩猟の皆さんが入っていたので駐車スペースが混み合っていたようです。何度か銃声と犬の鳴き声が聞こえましたが、下山するとちょうど今日の獲物のイノシシを国道に降ろし終えたところで、写真を撮らせていただきました。

登山道は中部電力の信濃東信線という送電線の保守ルートを利用しており、最後の鉄塔までは踏み跡があったのですが、そこから稜線に出て山頂までは赤リボンを探しながら新雪の上を歩きます。あいにく今日も北アルプスは雲の中でしたが、あまり寒くなく運動不足になりがちなこの時季の休日にはちょうど良い運動でした。

左から、山頂を目指して、山頂の標識、霧氷、送電線の鉄塔です。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf5467 Dscf5480 Dscf5486 Dscf5501

2013年12月15日 (日)

守屋山(立石コース)

「諏訪大社上社本宮の神体山」と言われる守屋山に登ってきました。昨年の5月は杖突峠コースから登ったのですが、今回は少し高遠寄りの立石コースからです。
このコースの特徴は、名前の付いた巨岩が至る所にあることで、コース名も立石という巨岩に由来しています。どれもこれも大きすぎて全景をとらえられなかったり、手前の藪が邪魔したりでなかなかうまく撮れません。

左から、コース名の由来となった立石、守屋山東峰山頂直下の守屋神社奥社、最高地点西峰山頂です。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf5308 Dscf5370 Dscf5389

2013年12月 7日 (土)

木曽馬の里

来年の干支は馬、ということで開田高原の「木曽馬の里」に行ってきました。同じようなことを考えている人はいるようで、時折、小雪が舞う中、あちこちで写真を撮っている姿が見られました。

左から木曽馬、木曽馬をデザインした福島宿の街灯、お土産の和栗を使ったモンブラン。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf5206 Dscf5242 Dscf5293 Epl16299

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »