2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

阿弥陀岳

今日は晴天が期待できそうだったので、南八ヶ岳の阿弥陀岳に行ってきました。たいていの人たちは阿弥陀岳と赤岳の両方をまとめて登るのでしょうが、軟弱な我が家は阿弥陀岳だけでさっさと下りてきてしまいました。

昨日までの雨のせいか、美濃戸の駐車場は驚くほど空いていました。登りはじめてしばらくは氷点下だったようで、今年の山行シーズンはそろそろおしまいです。

左から、阿弥陀岳山頂直下の登山道、山頂の風景(2枚)、登山道沿いの白樺林。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4713 Dscf4736 Dscf4720 Dscf4773

2013年10月15日 (火)

御嶽山

恒例となった10月の御嶽山登山、昨年より一週間遅れの14日に行ってきました。山上ではこれまでにない晴天でしたが、色のつく木はほとんど葉を落としておりました。紅葉は見頃だけどガスの中だったり、御嶽山の紅葉はなかなか思うようになりません。

左から、ナナカマドとダケカンバ、八合目からの御嶽山、山上の石像群、三の池。
この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4618 Dscf4623 Dscf4672 Dscf4684

2013年10月 8日 (火)

蝶ヶ岳

高山帯では紅葉の時期を迎えています。10月6日の日曜日、この日はどちら方面に出かけたらよいのか、天気の判断が難しかったのですが、松本市街地からいつも見上げている常念山脈の蝶ヶ岳に行ってきました。
登りはじめてしばらくは綺麗な青空が見えていたのですが、沢筋からガスが次々と湧き上がり、山頂部に出た時には真っ白な世界になっていました。頭上は晴れていたので、時折、ガスがすっかり消えると梓川の対岸の槍穂連峰が望めます。稜線部の雲が取れなかったのは残念でしたが、着いた時の真っ白い世界に較べればまずまずの景観だったと思います。

左から、青空を背景にした紅葉、ガスの中の黄葉、青空の下の蝶ヶ岳山頂。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4489 Dscf4499 Dscf4556

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »