2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 木曽駒ヶ岳 | トップページ | 霧ヶ峰散策 »

2012年9月 8日 (土)

蝶ヶ岳

松本の市街地から北アルプスを見上げると、常念岳の綺麗なピラミッドが目につきます。常念山脈中の蝶ヶ岳は、常念岳の4キロほど南(市街地から見ると左)に位置する山ですが、同じような標高の稜線が続き、どこが山頂になるのか見極めがつきません。

常念山脈の山の魅力は、稜線まで登ると向こう側に槍ヶ岳、穂高岳の大パノラマが広がっていることです。特に蝶ヶ岳は梓川越しに穂高岳とちょうど相対する場所に位置し、天気が良ければ圧倒的な絶景を楽しむことができます。山麓から見上げる限り、常念岳の存在感が群を抜いていますが、北の燕岳は風化花崗岩が作る稜線の奇観、蝶ヶ岳は目前に迫る穂高の眺めがセールスポイントでしょうか。

左から、蝶ヶ岳ヒュッテと槍ヶ岳、穂高岳、クモの巣、猛毒のドクツルタケ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf3305 Dscf3337 Epl13954 Epl14014

« 木曽駒ヶ岳 | トップページ | 霧ヶ峰散策 »

コメント

「穂高岳」が、平面の先にドーンと山でステレオならではの構図かなあ、と思いました。

「蜘蛛の巣」が良いですねえ(笑)。

遠景の山自体を立体で撮ることはできないので、どうしてもああいう構図になってしまいますねえ。
クモの巣は思いのほか面白い写真になった、と自画自賛しております(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木曽駒ヶ岳 | トップページ | 霧ヶ峰散策 »