2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月19日 (水)

立山ふたたび

7月に出かけたものの、強風のため登れなかった立山に行ってきました。当初の予定では、初日はテント設営後、浄土山登山と室堂平散策、二日目に一ノ越から立山に登り、できれば別山まで縦走のつもりでした。

予報では二日間とも天気は良好とのことでしたが、山の天気はどうなるかわからない所があるので、青空の広がる初日のうちに立山に登ってしまうことに。とこ ろが立山の最初のピークである雄山に着いた直後から雲が湧きだし、立山の稜線歩きはガスの中になってしまいました。下山途中からまた青空が広がりだし、テ ント場に着いた時には立山も綺麗に晴れ渡っていました。どうも、一番悪い時間帯に登ってしまったようです。夜は降るような星空で、久しぶりに天の川を見ま した。

二日目も早朝から良い天気でしたが、稜線上をものすごい勢いで雲が移動しています。別山乗越まで登ってみると、やはり秒速十メートルを超える強風が吹いて いました。剣御前への尾根を少しだけ登り、剣岳の写真を撮って早々に退却です。剣岳を見ながらの稜線歩きを楽しみたかったのですが、またの機会 ということ に。

左から、雄山への登りは綺麗な青空だったのが、山頂に着くと曇りはじめ、下山するとまた晴れましたの図。4枚目は別山乗越からの剣岳。この山行の写真は、こちらにまとめてあります。

Dscf3490 Dscf3503 Dscf3551_2 Dscf3562

2012年9月10日 (月)

霧ヶ峰散策

二日前に蝶ヶ岳に登ったばかりなのですが、週間天気予報が外れてけっこう良さそうな天気だったので、霧ヶ峰を散策してきました。

今時分はマツムシソウもそろそろ終わりで、花びらが落ちてふくらんだ実をたくさん見ることができる時期なのですが、今年は実も花もほとんどありませんでした。ひょっとしたら、これも鹿のせいでしょうか。

左から八島湿原のツクバトリカブト、ヤマドリゼンマイ、マツムシソウ、カナヘビ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf3425_2 Dscf3426 Epl14168 Epl14069

2012年9月 8日 (土)

蝶ヶ岳

松本の市街地から北アルプスを見上げると、常念岳の綺麗なピラミッドが目につきます。常念山脈中の蝶ヶ岳は、常念岳の4キロほど南(市街地から見ると左)に位置する山ですが、同じような標高の稜線が続き、どこが山頂になるのか見極めがつきません。

常念山脈の山の魅力は、稜線まで登ると向こう側に槍ヶ岳、穂高岳の大パノラマが広がっていることです。特に蝶ヶ岳は梓川越しに穂高岳とちょうど相対する場所に位置し、天気が良ければ圧倒的な絶景を楽しむことができます。山麓から見上げる限り、常念岳の存在感が群を抜いていますが、北の燕岳は風化花崗岩が作る稜線の奇観、蝶ヶ岳は目前に迫る穂高の眺めがセールスポイントでしょうか。

左から、蝶ヶ岳ヒュッテと槍ヶ岳、穂高岳、クモの巣、猛毒のドクツルタケ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf3305 Dscf3337 Epl13954 Epl14014

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »