2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月25日 (金)

守屋山、諏訪大社の神体山?

諏訪から高遠へ国道152号を進み杖突峠を下ってしばらく行くと、右手に「諏訪大社上社本宮の神体山」と言われる守屋山(もりやさん)があります。神体山と言われているのに諏訪大社上社から望むことはできず、その上、山頂に祀られているのは物部守屋神社の奥宮ときています。

諏訪大社上社の神官の長(神長官)は明治時代以前は守矢氏による世襲で、守矢氏は諏訪神社成立以前にはミシャグジ神を祀って諏訪地方を治めていたとされています。守屋山の山麓には山頂の奥宮に対する里宮があり、明治45年に建てられた石灯籠には社宮司の文字が刻まれ、守屋神社には物部守屋と共にミシャグジ神が合祀されていることを伝えています。

実の所、諏訪大社上社では御神体を「宮山・御山」としているだけで、「守屋山」と名指ししている資料はないそうですが、守屋神社と守屋山、守矢氏と諏訪大社がどういう関係にあるのか、色々な文献、資料を見てもどうも釈然としません。諏訪は謎だらけです。

この日の守屋山の登山道には、驚くほどたくさんのスミレが咲いていました。目にした範囲だけでも、数千株はありそうでしたが相変わらず違いがわかりません。

左から山頂の守屋神社奥宮、里の守屋神社本殿、ニオイタチツボスミレ、シロバナタチツボスミレ。この日の撮影分は、「守屋山」、「守屋山の野草」にまとめてあります。

Dscf2303 Dscf2336 Epl12393 Epl12450

2012年5月13日 (日)

乗鞍高原

今年のゴールデンウィークは今一つ天候に恵まれませんでしたが、今日は気持ちの良い青空が期待できそうだったので乗鞍高原へ行ってきました。
この時期はまだ冬季の通行止めが続いており上までは行けませんが、残雪の乗鞍岳が青空に映えてとても美しかったです。山麓では桜が終わり、ミズバショウやリュウキンカが見頃を迎えていました。

左から、残雪の乗鞍岳、ミズバショウ、リュウキンカ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf2257 Epl12325 Epl12341

2012年5月 8日 (火)

池田町のシラネアオイ

安曇野市の北、池田町に広津という地域があり、シラネアオイが見頃を迎えているという記事を目にしました。住人のある方が病に伏して退院した時、家の前の 山の荒廃した姿を見て一念発起、三千本の桜を植樹したそうです。その場所が「花めぐり桜街道」と呼ばれるようになり、その後、桜だけでなくシラネアオイも 植栽されました。

はじめて訪れたのですがかなり山深い所で、車のすれ違いが困難なほど狭い道を延々走る必要がありました。陽ざしのない曇り空だったのが残念でしたが、かなりの数の株が根付いており見事なシラネアオイの群落を楽しんできました。

左からシラネアオイ、八重桜、フキノトウの綿毛。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Epl12261 Epl12276 Epl12286

2012年5月 5日 (土)

戸谷峰登山

戸谷峰(とやみね、標高1692m)は松本市と東隣の上田市との間にある山で、通称「三才山(みさやま)」と呼ばれています。松本の市街地から北東方向を 見上げるとなかなか立派な山容を認めることができるのですが、いかんせん西側には北アルプスが聳えている街ですので、長野県民でも里山好きの人以外はあま り気にかけることもない山でしょう。

松本と上田を結ぶ国道254号脇の登山口から、中部電力の送電線の巡視路をたどって約2時間ほどで登ることができます。この国道254号線、都内ですと後 楽園から池袋へ向かう春日通り、その先は川越街道となる道で、東京にいる時はよく通った道ですので、松本に転居して「なるほど、道というのは繋がっている ものだ」と感心したものです。

左から、リンゴ畑と戸谷峰、山頂直下の登山道、鹿の頭蓋骨?、エイザンスミレです。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf2214_2 Dscf2195 Epl12174 Epl12211

2012年5月 3日 (木)

光城山の花

予報より天候の回復が早まりそうだったので、安曇野市の光城山(ひかるじょうやま)に行ってきました。山麓から山頂まで尾根沿いに桜が植えられており、天気が良ければ桜の花越しに残雪の北アルプスを望むことができます。

4日前の日曜日に見上げた時には、中腹から山頂にかけて桜のピンクの帯が続いていたのですが、今日はもうすっかり散ってしまっていました。桜には遅すぎましたが、地面には春の野草が咲き始めています。

左から、地面を覆い尽くす桜の花びら、筆竜胆(フデリンドウ)、一人静(ヒトリシズカ)、十二単(ジュウニヒトエ)。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf2159 Epl12100 Epl12132 Epl12146

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »