2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

京ヶ倉登山

松本市の北、長野市との中間にあたる生坂村(いくさかむら)の京ヶ倉という山に登ってきました。標高1000mに満たない低山ですが、両側が切れ落ちた岩稜帯を歩くなどなかなか変化に富んだルートになっています。

この時期は、ツツジ科の花にしては珍しい淡いクリーム色のヒカケツツジの群落が見られるので、訪れる登山者も多いようです。

左から京ヶ倉山頂下の岩稜帯、ヒカゲツツジ、登山口そばの道祖神。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf2094 Epl12040 Dscf2126

2012年4月28日 (土)

サクラとカタクリ

春になっても寒い日が続き桜の開花はどこも1週間くらい遅れたようですが、咲いたと思ったらあっという間に散ってしまったような気がします。期待が大きすぎたのか、あるいは遅かった分、咲いた後の気温が高かったためでしょうか。松本城の夜桜は毎年、寒さに震えながら撮影するのですが、その点、今年は楽でした。

2010年の春に松本市に編入された旧波田町のカタクリも、見頃を迎えていました。

写真は、「松本城の桜」と「波田地区のカタクリ祭り」にまとめてあります。

Dscf2024 Img_0015 Epl11987 Epl12017

2012年4月18日 (水)

やっと桜が咲きました

今週に入って、当地、松本市でもようやく桜が咲き始めました。
今朝、咲き始めた樹も、20度を超えた日中のぽかぽか陽気で、午後にはすっかり咲き誇っていました。毎年のことながら、見ているだけでウキウキします。

Dscf2005 Dscf2006 Dscf2012 Dscf2010

梅もまだまだ見頃です(4枚目)。

2012年4月15日 (日)

諏訪大社の御頭祭

御頭祭(おんとうさい)は毎年4月15日に諏訪大社上社で催される神事で、ものすごく簡単に要約すると神前に鹿の頭などを捧げて五穀豊穣を祈る祭りです。毎年この時期、長野のローカルニュースでは三方に載せられた鹿の頭が放映されます。初めて見た時は「なんじゃこれ」と思ったものですが、今年は日曜日にあたっていたので諏訪大社本宮からお神輿について前宮まで歩き、十間廊での神事を見学してきました。

色々と文献をひもといてもよくわからないので、この神事の詳しいことは八ヶ岳原人さんによる 「御頭祭(酉の祭)」のページをご覧ください。この方は諏訪大社の歴史や神事について、とても詳しいWebページを開設されています。

左から、諏訪大社上社本宮から前宮に向かう神輿、御頭祭の様子。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0036 Img_0055 Img_0069

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »