2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

早春の野草

毎年恒例、今年も山野草のシーズン始めは福寿草と節分草です。
3月に入って何だかあわただしい日々を送っていたのですが、ふと気が付くともう4月です。桜ももうすぐですね。

今回の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Epl11912 Img_9891 Img_9948

2012年3月25日 (日)

奈良の旅・滝坂の道と奈良公園

春日大社の背後の山は樹木の伐採が古くから禁じられてきたため、市街地近くにもかかわらず原生林が残っています。対面通行可能な林道並みの遊歩道が整備されており、柳生の里へと至る滝坂の道(旧柳生街道)と組み合わせると半日程度のハイキングにちょうど良いコース設定ができます。

左から、春日山の大杉、首切り地蔵、旧柳生街道の石畳。この日の撮影分は、滝坂の道と奈良公園法隆寺平城宮跡にまとめてあります。

Dscf1772 Dscf1793 Dscf1816

2012年3月24日 (土)

奈良の旅・当尾と西ノ京

二日目の午前中は奈良市の北東、当尾(とうの)で石仏の道を散策してきました。奈良のガイドブックに載っていたのでてっきり奈良県だと思っていましたが、このあたりは京都府木津川市になるそうです。

昼食後、西ノ京にまわり、喜光寺(きこうじ)、唐招提寺、薬師寺を参拝してきました。喜光寺は行基によって創建され、また行基が没した場所でもあります。本堂は東大寺大仏殿の造営にあたり、十分の一の大きさで試作したという伝承があり、「試みの大仏殿」と呼ばれているそうです。本堂内の仏像を撮影してもよいという、たいへんありがたいお寺です。

唐招提寺と薬師寺は中学の修学旅行以来でしょうか。今回の旅行で初めて隅鬼(すみおに)というものの存在を知りました。瓦屋根の四隅の下で隅木を支えている鬼で、唐招提寺の方のお話ではここの金堂と法隆寺の五重塔にしかないそうです。当尾の岩船寺のパンフレットによれば、岩船寺の三重塔にも隅鬼(天邪鬼)があります。

左から大門石仏群、浄瑠璃寺奥之院の不動明王、岩船寺三重塔の隅鬼、喜光寺の阿弥陀如来、唐招提寺金堂、金堂の隅鬼。

Dscf1680 Img_0046 Img_0076

Dscf1749_2 Dscf1753_5 Img_0124_4

この日の撮影分は、奈良の旅・当尾、奈良の旅・西ノ京にまとめてあります。

奈良の旅・東大寺

6年ぶりに奈良へ行ってきました。初日は中央道-名神高速-京滋バイパス-京奈和自動車道経由で、昼ごろ奈良市内に到着(約5時間)。宿泊先に近い、興福寺と東大寺を回ってきました。

2010年の平城京遷都1200年祭を挟んでいるため、興福寺の国宝館がリニューワルされていたり、東大寺ミュージアムができていたり、だいぶ様子が変わっていました。阿修羅像など、ガラス越しでなく直に見ることができ、とてもよい陳列でした。

左から東大寺の盧舎那仏、多聞天、如意輪観音菩薩。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0015_2 Img_0032 Img_0036

2012年3月 4日 (日)

春の気配

松本の地でもだいぶ春らしい陽気になってきて、あちこちのお宅の庭先でフクジュソウが咲き始めています。
日当たりの良い場所では、オオイヌノフグリも目立つようになってきました。日に日に春が近づいている感じです。

写真はフクジュソウと昼食のもりそばです。
Epl11776 Epl11783 Epl11784 Epl11773

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »