2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 冬の野鳥 | トップページ | 春の気配 »

2012年2月 5日 (日)

諏訪湖の御神渡り

立春を過ぎましたが、厳しい寒さが続いています。そのおかげで、諏訪湖では四年振りに御神渡り(おみわたり)が出現し、昨日、八劔神社の宮司さんによって目出度く認定されました。

以前は50センチくらい盛り上がったそうですが、温暖化の影響で前回は20センチ程度、今回はやっと10センチといった感じで、明日の占いを前に消えてしまうのではないかといささか心配です。

Dscf0894 Img_0057 Img_0061 Img_0074_2

左から、御神渡り(岡谷市湊地区)、八劔神社の皆さん、一番立派な盛り上がり(ただし短い)、嘴が真っ黒なアメリカコハクチョウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

« 冬の野鳥 | トップページ | 春の気配 »

コメント

3枚目の写真を見ると、すごく立派なものに見えますね(笑)。

でも、1枚目の写真で、低いながらもずっと湖の向こうまで続いているのを見ると、どこか神々しいですよ。

昔の人は、夜中に氷が割れる音を聞いて、「ああ、今、神様が湖を渡っている」と思い描いたのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の野鳥 | トップページ | 春の気配 »