2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月24日 (土)

仙丈ケ岳登山

日帰りで南アルプスの仙丈ケ岳に行ってきました。台風15号の影響で山梨側の南アルプススーパー林道が通行止めになっていましたが、紅葉にはまだ早い中途半端な時期ですので、長野側がそのせいで込み合うということも特段はありませんでした。戸台口(仙流荘)のバスの始発は6時ですが、人が集まり次第、5時半には運行しはじめるようです。

午前10時半頃までは青空が多く、雲海の上に北アルプスまで望めたのですが、その後はどんどん雲が湧きはじめ、すぐ隣の北岳、甲斐駒ケ岳も見えてなくなってしまいました。あと一時間くらいもってくれれば最高の山行になったのですが。

左から、仙丈ヶ岳とカール、小仙丈ヶ岳、ナナカマドの紅葉。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。
Dscf0278 Dscf0307 Dscf0277

2011年9月19日 (月)

権現岳・編笠山登山

9月17日からの三連休は、立山の雷鳥沢あたりでテント泊をするつもりでおりました。残念なことに、太平洋には2つの台風が発生し、日本海からは秋雨前線 が降りてくるとかで、当初の予報では連休中はずっと雨でした。ところが、台風の動きがやたらと遅く、その上、太平洋高気圧が思いのほか頑張ってくれたおかげで、前日の予報では18日から1日半くらいは好天に恵まれそうな感じでした。

まあ、半信半疑だったのですが早起きして中央自動車道を南下、八ヶ岳の南部を目指しました。諏訪辺りから眺めると、下の方は雲が多かったですが、中腹から 上は見事に晴れ渡っています。登山口の観音平は濃いガスの中で小雨がぱらつく天気でしたが、車の中から見た光景を信じ、登山開始。1時間も歩かないうちに雲の上に出て、後は青空の下、気分よく最南部の主峰、という言い方は変ですが、権現岳山頂を目指しました。

どの山域も麓は雲が多かったですが、山腹から上は綺麗に晴れており、雲海の浮かぶ富士山、南北・中央アルプスの景色を堪能することができました。

左から、権現岳山頂、南アルプス遠望、編笠岳からの富士山。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0167 Dscf0137 Dscf0219

2011年9月15日 (木)

霧ケ峰散策

この夏は、どうにも天気に恵まれませんでした。次の連休も、好天は期待できないようです。いくらも写真を撮ったおぼえのないうちに、花の季節もおしまいです。
日中、暑さがぶり返していますが、霧ケ峰の景色はすっかり秋めいていました。

左から、ツクバトリカブト、アケボノソウ、リンドウ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。
Epl11428 Epl11452 Epl11501

2011年9月12日 (月)

蓼科山登山

八ヶ岳連峰の最北端に位置する蓼科山に行ってきました。どの方向からでも綺麗な円錐形に見えるので、諏訪富士とも呼ばれている山です。

山頂は晴れていたのですが、周囲の山は雲の中。快晴ならば360度のパノラマを満喫できるはずなのですが、今シーズン登った穂高連峰と八ヶ岳の赤岳をほんの数十秒、確認できただけでした。

左から、ひたすら広い蓼科山山頂、登山道の苔、帰りに寄った岡谷の古墳のヒカリゴケ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0050 Dscf0076 Dscf0086

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »