2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月29日 (火)

中国の旅:黄龍・大足の石刻

観光3日目:黄龍(こうりゅう)

黄龍は九寨溝より少し南に位置する渓流沿いの景勝地です。九寨溝と共に1992年、世界自然遺産に登録されています。黄色い石灰岩盤上を流れ落ちる水の様子が黄色い龍のように見えたことから、このような名前が付けられたそうです。

この流域の水は多量の石灰分を含んでおり、長い年月をかけて水分中の石灰分が枯れ葉や枯れ枝などに付着して石灰華になって、青く澄んだ池が棚田状に並んだ独特の景観を形作っています。

目立つ湖沼郡や滝には名称が付けられていますが、マッピングがほとんどできないため名前は省略です。標高が3000mから3500mと高い所にあるため、ガイドさんから小型の酸素ボンベを1本ずつ配られましたが、幸い使う必要はありませんでした。

観光4日目:大足(だいそく)の石刻

重慶市の大足には多くの石窟群があり、1999年にまとめて世界文化遺産に登録されています。観光最終日は、そのうちの宝頂山(ほうちょうざん)の石刻を見てきました。12世紀の南宋時代、日本では鎌倉幕府が成立する前後に約70年かけて造営されたそうです。

長さ約500mの崖に大きな石窟が30ほどあり、約1万体の彫像が彫りこまれているとか。基本的には仏教遺跡ですが、仏像だけでなく道教を題材とした像が多いこともここの特徴になっています。

その他の写真は、「中国の旅:黄龍」「中国の旅:大足の石刻」まとめてあります。

Img_0601 Img_0642 Img_0816 Img_0817

2009年9月28日 (月)

中国の旅:九寨溝(その2)

二日目は九寨溝のY字の右上、左上、初日に行けなかった縦棒の付け根部分を回ってきました。主だった観光スポットにはそれぞれ名前がついているのですが、似たような光景が続くので、初日の分も含めて地名が正しいかあまり自信がありません。

夕食後、チベット族の民族舞踏を見せる劇場で観劇。内容はチベット仏教の巡礼者の旅の様子と死、そして極楽往生するまでの物語を中心として、チベットの様々な部族の歌や踊り、伝統楽器の演奏が挿入されるといった感じの演目でした。

左:五花海(ごかかい)。手前の藻は水の中です。
中:老虎海(ろうこかい)の松潘裸鯉という鱗のない魚。
右:チベットの民族舞踏。

この日の撮影分は、「九寨溝(その2)」と「チベットの民族舞踏」にまとめてあります。

Img_0302 Img_0430 Img_0454

2009年9月27日 (日)

中国の旅:九寨溝(その1)

日本でも旅番組で取り上げられる機会の多い、四川省の九寨溝(きゅうさいこう)と黄龍(こうりゅう)に行ってきました。九寨溝という名前は、チベット族の 九つの村(寨)がある谷(溝)を意味するそうです。二つの渓谷が交わって一つの渓谷となるYの字型の地域に、湖や小さな池、滝が散在する美しい景勝地で す。

九寨溝に空港ができる前は、成都からバスで十数時間かかる不便な場所でした。今回の旅行では、初日は名古屋から重慶へ飛び、そこで宿泊。翌日、九寨溝へ飛 び、バスで移動。ようやく午後から観光という感じです。アクセスは随分楽になったとはいえ、やはり日本からは遠い所です。

4日間の観光で、デジタルで900カット、フィルムで200カットほど撮影してきました。なかなか整理が終わりません。とりあえず、Yの字の下の縦棒部分は、こちらにまとめてあります。

Img_0042 Img_0053 Img_0111

2009年9月 7日 (月)

常念岳登山

昨年に引き続き、常念岳に行ってきました。職場の仲間との山行でしたので、珍しく小屋泊まりです。樹林帯は曇り空、稜線歩きは快晴という願ってもない天候で、山頂から槍ヶ岳、穂高連峰、表銀座、裏銀座の見事な展望を楽しんできました。

昨年は日帰りでしたが、一泊すると余裕を持って歩けるし、山上で生ビールを楽しむこともできます。山の上で見る日の出は、やはり格別でした。

左から、常念岳山頂、常念岳からの槍ヶ岳、夜明け前のオリオン座。
この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0236 Img_0225 Img_0086

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »