2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

川島芳子の墓

ろくに撮影に行けないまま紅葉シーズンも終わってしまい、すっかり撮るものがなくなってしまいました。

せっかくの休日も街中まで散歩に出かけ、うまい蕎麦屋を探すくらいしかすることがありません。本日、行ったお店は松本城北側の「そば屋五兵衛」さん。風味、こし、蕎麦つゆともなかなか結構でございました。

帰りは少し遠回りして正麟寺というお寺に寄り、かねがね気になっていた川島芳子さんのお墓を見てきました。お寺の境内には案内はありませんでしたが、さほど広くはない墓地を歩いているとすぐに見つけることができました。今週末に、テレビ朝日系列で村松友視原作のドラマ「男装の麗人~川島芳子の生涯」が放映されるそうです。

Img_0016 Img_0017 Img_0018 Img_0004

2008年11月 8日 (土)

フェルメール展等など

昨日、上野の東京都美術館で開催されている「フェルメール展-光の天才画家とデルフトの巨匠たち」に行ってきました。フェルメールの作品を国内でまとめて見ることのできる機会は、今後ないかもしれないと思い出かけましたが、行った甲斐がありました。平日の午後でもかなりの人出で、どの絵の前にも2、30人の人たちが群がっていましたが、休日はもっと大変なんでしょうねえ。

フェルメールに限らず、展示されている作品では様々な遠近法の技法が試みられ、中でも陰影の扱いが秀逸ですが、光と影、遠景と近景の対比など、ステレオ写真のコンポジションを考える上でも色々と参考になったような気が。

Rimg0004 Rimg0009



  

  

その後、日本武道館でのPerfumeのコンサートに行ってきました。武道館でのコンサートなんてのは、20年前のジェネシス、10数年前のボン・ジョヴィ以来です。この歳になって若いアイドルグループのコンサートを見に行きたいと思うなど、我ながらどうかしてると思うのですが。

席を選べない販売形態だったので、アリーナだったら無理だなあと思っていたのですが、入手できたチケットが幸い1階席の前の方だったので、これならピョンピョン跳ねたり踊ったりしなくても大丈夫と思って出かけました。この席、かなりの当たり席だったらしく、前列はメンバーのご親族席(西脇ファミリー)、後もよくわかりませんが業界人席でした。唯一、NHKの大河ドラマで篤姫をやっている、宮崎あおいさんだけは識別できました。

実は、行く前は楽しめるかどうか正直、心配だったのですが、さすがNHKもご推奨のテクノポップ・アイドル・ユニット、ダンスパフォーマンス、舞台演出とも本当に素晴らしく、老若男女、楽しめるステージだったと思います。

左から看板、関係者からのお祝いの花、会場限定フィギュアのガチャガチャ。

Rimg0040 Rimg0043 Rimg0051

2008年11月 2日 (日)

松茸フルコース

一昨日から、東京の母、叔母2名が長野に遊びに来ていたので、観光地巡りをしてきました。

左から、初日に回った松代の池田満寿夫美術館、象山地下壕。

Img_0025 Img_0031 Img_0037

 
 

 

 

今日は、地獄谷の野猿公苑で温泉につかる猿を見た後、別所温泉で松茸のフルコースを食べてきました。この時季、上田市の別所温泉周辺では松茸小屋なるものがあちこちにつくられます。一度行ってみたいとかねがね思っていたのですが、本日、ようやく念願がかないました。

一番品数の多いコースを頼むと、松茸土瓶蒸し、松茸茶碗蒸し、松茸と朝鮮人参等の天ぷら、松茸の姿焼きとホイル焼き、松茸なべ、松茸のお吸い物、松茸ご飯と次から次へと出てきて、まさに狂喜乱舞の世界です。いやあ、堪能しました。今年は10日で店じまいだそうですが、来年もぜひ行きたいと思います。

上段、野猿公苑のお猿さん。
下段左から、土瓶蒸しと茶碗蒸し、姿焼き、松茸なべ、小屋の内部。松茸小屋は巨大なビニールハウスのような物件で、上部のシートのせいで、写真を撮るとオレンジの世界になってしまいました。

Img_0061 Img_0069 Img_0077

 
   
  

  

Img_0083 Img_0085 Img_0089 Img_0095

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »