2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 玄向寺の花 | トップページ | 八方尾根の花 »

2008年5月18日 (日)

クマガイソウ

タウン情報誌に、塩尻のさるお宅でクマガイソウが見頃を迎えているという記事が載っていました。個人宅の庭では見せてもらうのは無理と思っていたのです が、連れ合いの知り合いがそのお宅の近所にいて、お願いすれば見せてもらえそうという話を聞き込んできました。菓子折りを持って伺った所、700株あると いう花を快く見せていただけました。

クマガイソウはアツモリソウと共に、日本の蘭としては特異的に大きな花を咲かせます。どちらも今では絶滅危惧種で、「自生している花を一度は見てみたい」花の筆頭ですが、おそらく一生、無理でしょう。

帰りには花の寺として知られている常光寺に寄ってきました。石楠花は見頃をやや過ぎてましたが、リュウキンカ、カキツバタなど街中では見る機会のない花も咲いていて、目を楽しませてくれます。

左から、クマガイソウ、シャクナゲ、アマガエル。
その他の写真は、こちらにまとめてあります。

Img_4117 Img_4141 Img_4161

« 玄向寺の花 | トップページ | 八方尾根の花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玄向寺の花 | トップページ | 八方尾根の花 »