2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月20日 (木)

安曇野のイルミネーション

北アルプスの山麓、国営アルプスあずみの公園で行われている「森の光物語」というイベントに、今年も行ってきました。

昨年は凍っていた池が今年は凍ってなかったので、昨年よりは寒くなかったのでしょうが、途中から手がかじかんでシャッターを押せなくなりました。
そんな中、次から次へと車で人がやってくるのには、驚きました。人のことは言えないのですが。

寒くてあまり撮れませんでしたが、本日、撮影分の写真はこちらです。

Rimg0034Rimg0045

2007年12月12日 (水)

滋賀の旅

車でも電車での何度も通ってはいるのですが、なかなか立ち寄る機会のなかった滋賀県に行ってきました。
中学の修学旅行で延暦寺に行って以来ですから、ものすごく久しぶりということになります。

第一の目的は、彦根城に「ひこにゃん」を見に行くことでしたが、彦根、長浜とも街の雰囲気が良く、美味しいものも食べられたし、楽しい旅行でした。
思いの他、滋賀は近い所だったので(車で3時間位)、また行ってみたいと思います。

左から、彦根城表坂、彦根城天守前のひこにゃん、長浜の巨大万華鏡。
この他の写真は、「滋賀の旅・彦根編」、「滋賀の旅・長浜編」にまとめてあります。

Rimg0045 Rimg0080 Rimg0190

2007年12月 3日 (月)

BS11で立体映像の放映開始

12月1日、BS11(イレブン)、BS12(トゥエルビ)という2つのBSチャンネルが開局しました。で、BS11なんですが、驚いたことに立体映像のテレビ放送に力を入れており、12月2日から「3D立体革命」という15分の啓蒙番組を、日に数回、放映し始めました。今日、録画した番組を見たところ、同じプログラムを使いまわすのかと思ったら、別映像を使っているのには感心しました。

偏光方式や赤青メガネのアナグリフ方式による立体映像は、見たことのある人も多いと思いますが、それをテレビでやってしまおうという試みは極めて珍しいというか、本邦初でしょうか?

BS11で利用しているのは、有沢製作所が開発したXpol方式というものなのですが、この方式で立体映像を鑑賞するためには、専用のディスプレイとメガネが必要になります。テレビで立体映像の放映を始めたこと自体驚きですが、更に驚いたことに専用のディスプレイが市販されていません!!!

来年には販売を予定しているメーカーがあるらしいですし、とりあえずBS11の主要株主の1社であるビックカメラの店頭で、デモ用のディスプレイを見ることができるそうです。

通常のテレビでは、”引用”したキャプチャー画像の様に、平行法用の横並び画像が表示されます。それぞれ横幅が半分に圧縮されてしまうので、どんな人でもとてもスマートに見えてしまいます。私はかなり大きな画像でも平行法で裸眼立体視できるので、32型の液晶テレビで1.5m位離れれば立体視できましたが、せめて交差法で並べてもらえれば見える人がぐっと増えると思います。

「こいつは普及するのか?」という点に関しては、「難しいだろうなあ」というのが正直なところです。3Dならではというプログラムをコンスタントに提供し、人を引きつける必要がありますが、「3Dならではというプログラム」自体、どんなものかよくわかりません。それと専用ディスプレイのコスト。どれ位までなら、普通の人は上乗せしてくれるのでしょうかねえ?

左:江夏投手もとってもスマート(BS11,「3D立体革命」,2007年12月3日,15:30~45放映分)
右:旭山動物園のペンギン(BS11,「3D立体革命」,2007年12月3日,11:30~45放映分)

Cap230 Cap233

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »