2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2019年5月19日 (日)

守屋山登山

天気が良ければ乗鞍岳と思っていたのですが、朝起きると雲の多い空模様。展望は期待できそうになかったので、体力維持のため諏訪市と伊那市の境に位置する守屋山に行ってきました。

オオカメノキの花を見た覚えがあるのでこの時期に登ったことがあるはずですが、この日はスミレの多さにびっくり。何種類ものスミレが所狭しと咲き誇っていました。とりあえず三種類の図鑑を見ながら同定しましたが、まあ自信なしです。

左から、守屋山東峰と守屋神社奥宮、オオカメノキ、フイリシハイスミレ、オトメスミレ、アケボノスミレ、オカスミレ 。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4836 P5180141 P5180061 P5180097 P5180116 P5180175

2019年5月12日 (日)

常光寺のシャクナゲ

久しぶりに、塩尻市の常光寺にシャクナゲを見に行ってきました。ここのところ雨が少なく、しおれてしまった花が多いのが残念でした。

それ以上に困ったのは、小さな羽虫。顔の周りにまとわりつくだけなら我慢できるのですが、被写体とレンズの間でも飛び回り、虫を手で払いながらの撮影になってしまいました。

左から、シャクナゲ(3枚)、シュンラン、シャガ。

P5120053 P5120040 P5120038 P5120005 P5120022

2019年5月11日 (土)

木曽駒ヶ岳登山

10連休のゴールデンウィークの後でしたので、午前6時半の段階で菅の台バスセンターの駐車場はガラガラ、バス、ロープウェイとも楽々始発に乗ることができました。始発の内訳は登山者は2割程度、8割はスキーヤー、スノーボーダーでした。

木曽駒ヶ岳もここ数年では最も残雪が多く、乗越浄土から駒ヶ岳山頂までほぼ雪上歩きでした。この日の長野県内は場所によっては25度を超える夏日で雪はグズグズ、乗越浄土からの急傾斜の下山は相変わらずおっかなかったです。天気はおおむね晴れでしたが雲も多く、先月の立山に続き環水平アークを見ることができました。

左から、乗越浄土を目指して(2枚)、木曽駒ヶ岳山頂、日暈と環水平アーク、駒ケ根のソースカツ丼の有名店ガロのミックス丼。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0013 Img_0021 Img_0070 Img_0086 Img_4781

2019年5月 5日 (日)

京ヶ倉登山

長いゴールデンウィークも残り二日、半日は天気がもつという予報でしたので近場の京ヶ倉に行っていました。1000mに満たない低山ですが、馬の背と呼ばれる岩稜があったり、勾配が急でなかなか登りがいのある山です。

またヒカゲツツジという薄い黄色の小型のツツジが咲く場所として知られており、何とか花期に間に合いました。

左から、馬の背、京ヶ倉山頂と後立山連峰、登山口そばの道祖神、ヒカゲツツジ、イワカガミ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4779 Dscf4794 Dscf4808 P5050025 P5050037

2019年5月 4日 (土)

遠見尾根スノーハイク

長い長いゴールデンウィークも残りわずか、晴天の一日、遠見尾根でスノーハイクを楽しんできました。五竜遠見スキー場のゴンドラとリフトを乗り継ぎ、一時間歩くだけで素晴らしい絶景が待っています。隣の八方尾根に較べれば入山者は少ないですが、大きなザックをかついだパーティが五竜岳の山頂を目指して行きました。

軟式の我が家は今年も中遠見山まで。下山後は白馬村の花の名所貞麟寺に寄って、桜や山野草を楽しんできました。

ひだりから、小遠見山山頂から望む五竜岳、ダケカンバの巨樹、中遠見山手前のナイフリッジ、鹿島槍ヶ岳、貞麟寺の枝垂桜、カタクリ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0037 Img_0047 Img_0055 Img_0061 Img_0112 P5040028

2019年4月30日 (火)

光城山の山野草

昼頃までは晴れ間が望めそうという予報でしたので、近所の光城山に行ってきました。

山頂部の桜はまだ残っていたのですが、着く頃にはどんよりした曇り空になってしまい、地べたの山野草探しにいそしみました。色々な花が咲く季節になり、天候は今一つでも気分はウキウキします。

左からサクラソウ、フデリンドウ、イカリソウ、ヒトリシズカ、ジュウニヒトエ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

P4290053 P4290071 P4290097 P4290155 P4290162

2019年4月29日 (月)

残雪の立山室堂

昨年に続き冬毛に雷鳥を探しに立山の室堂に行ってきました。この冬は暖冬でしたが三月以降の積雪が多く、結果として高山帯の残雪は例年より多くなったようです。その上、入山した4月27日はこの時期にしては強い寒気が入り、北アルプス北部には4,50センチの降雪になるという予報が出ていました。そのため今回は山には登らず室堂の散策だけのつもりで出かけました。実際の積雪は室堂で十数センチ程度だったようで、翌朝は大勢の人が雷鳥坂に取りついていました。

今回の宿泊はみくりが池温泉。室堂のバスターミナルから10分強の場所にあるのですが、予報通りの暴風雪の中、辿り着くのはなかなか大変でした。夕方を過ぎると雪は降りやみ、夜には満天の星空を楽しむことができました。

翌朝は朝食の前後にみくりが池の周辺を散策しましたが、二羽の雷鳥を確認できたたけでした。雪の少なかった昨年は10羽ほどの雷鳥を観察できたのですが、今年はハイマツもまだ雪の下でつがいの営巣もいくらか遅れるのでしょう。

左から浄土山と星空、奥大日岳、雷鳥(2枚)、浄土山と環水平アーク、夕食で追加注文したゲンゲの唐揚げと白エビのお造り。この山行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0017 Img_0093 Img_0128 Img_0323 Img_0370 P4270005

2019年4月20日 (土)

美ヶ原散策

今年の冬は暖冬で積雪も少なかったという印象でしたが、三月、四月になって例年以上の積雪があったらしく、北アルプスなどは例年より残雪が多いとのことです。四月も後半と言うのに美ヶ原高原にもかなりの残雪がありました。ハルリンドウが咲いているのではと思っていたのですが、花の季節にはまだ間がありそうです。

左から百曲り登山道最後の登り、高原台地、後立山遠望、乗鞍岳、王ヶ鼻。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0044 Img_0059 Img_0071 Img_0087 Img_0114_1

2019年4月15日 (月)

伊那谷の桜

13日の土曜日、今年も松本などの中信地方よりは開化の早い伊那方面に桜を見に行ってきました。中央自動車道を松川ICまで南下し、中川村の大草城址公園、高森町の瑠璃寺、駒ヶ根市の栖林寺と吉瀬を巡るいつものコースです。

タイミングとしてはどこも見頃で、朝のうちは青空と残雪の中央アルプスを背景とした桜を楽しむことができました。昼前には中央アルプスの背後に雲が湧きはじめてしまい、稜線のスカイラインが見えなくなってしまったのが残念でした。

上段左から大草城址、瑠璃寺、下段左から栖林寺、吉瀬の枝垂桜です(2枚ずつ)。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0053 Img_0069 Img_0114 Img_0130

Img_0157 Img_0164 Img_0188 Img_0205

2019年4月14日 (日)

松本城の桜

昨年より一週間遅れ、松本城の桜の開花宣言がようやく7日に出されました。その後もなかなか気温が上がらなかったのですが、この土日で一気に開花が進みました。松本城では例年開花の三日後から一週間、本丸庭園が無料開放され夜桜会が開催されます。13日の土曜日は冷え込みもなく、多くの人が夜桜を楽しんでいました。

最初の三枚を撮影した富士フイルムのFinePix REAL 3D W3、13日に伊那の桜を見に行った際に紛失してしまいました。最近は時折、シャッターが切れないことがあるなどそろそろ引退かと思っていたのですが、2010年の発売以来、長年愛用してきただけに残念なことをしました。

13日の夜桜会でステレオ写真を撮影中の方に声をかけられました。キヤノンのPowerShot SX160二台をSDMでコントロールされていました。数少ない同好の士にお目にかかるのは嬉しいものです。

Dscf3171 Img_0016_1 Img_0032 Img_0088  

«戸谷峰登山