2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2019年7月15日 (月)

立山の雷鳥

妻の鳥友が立山の雷鳥の撮影に遠方よりやってくるというので、私も探鳥会に参加させてもらいました。海の日の三連休、好天は全く期待できない予報でしたが、山小屋の個室の予約など予定自体は随分前に決まっていたので前日の夜にダメ元で決行することになりました。結果は雛連れが4家族、この時期には珍しいつがいが一組、単独のオスが一羽と大当たりでした。

所が残念なことに、愛用のPowerShot G5Xツインリグのシャッター同期が不調で両指同時押しで撮影せざるを得なかったのですが、当然のことながら動きまわる雛はほぼ同期せず、とても悲しい結果になってしまいました。帰宅後調べてみると同期ケーブルの問題ではなく、カメラ側のジャックがいかれてしまったようです。予備のつもりでフジのFinePix Real 3D W3を持って行ってよかったです。

この山行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf5030Dscf5054Dscf5085Dscf5159Dscf5289Dscf5296

2019年7月 7日 (日)

唐松岳登山

6月はついに一度も週末が晴れることなく過ぎてしまいました。7月最初の週末もすっきりしない予報でしたが、雨が降ることはなさそうでしたので唐松岳に行ってきました。時折青空が望める時間帯もあり、思い切って出かけてよかったです。

朝のうち通行止めだった八方池手前のトイレの先に出る巻道も下山時には通れるようになり、山荘手前の巻き道以外はすべて夏道が使えるようになりました。高山植物も咲き誇り、梅雨明けが待ち遠しいです。

左から、八方尾根から望む白馬三山、唐松岳山頂、ユキワリソウ、ハッポウウスユキソウ、ミヤマクロユリ、シラネアオイ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0016_20190707171901Img_0039P7060024P7060038P7060102P7060123

2019年6月22日 (土)

八島湿原から車山へ

ここの所、週末になると天気がパッとせずしばらく出かけることができませんでした。今日も雷注意報が出ていたり晴天は期待できなかったのですが、昼頃までは持ちそうでしたので霧ヶ峰に行ってきました。ニッコウキスゲなど夏の花には早い微妙な時期でしたが、時折、陽射しがさすなど思っていたよりは良い天気で、結構な数の人が散策を楽しんでいました。

左から、八島湿原、元御射山社(もとみさやましゃ)、アマドコロ、ミズナラの若葉、シロスミレ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4949Dscf4986P6220002P6220017P6220044

2019年5月27日 (月)

残雪の燕岳登山

25日から一泊で燕岳へ行ってきました。雪の多い春山シーズンでしたが、さすがにこの時期になると主稜線上の雪はほぼ消え、富士見ベンチから燕山荘の少し下までの雪道歩きでした。雪の消えた合戦尾根ではオオカメノキ、バイカオウレン、イワナシ、コミヤマカタバミ、エンレイソウ、マイヅルソウなどが咲き始めていました。

初日は終日、雲一つない快晴。二日目は薄く雲のかかっている所もありましたが、ほぼ晴れ。天気が良すぎて雷鳥に遭遇するのは無理かと思っていたのですが、二日目の朝食後、大天井岳方面に散策に出かけた所、蛙岩の10分くらい手前で岩の上であたりを警戒中のオスを発見、当然のことながら近くでつがいのメスを見ることもできラッキーでした。

土曜日の午前7時の段階で中房の登山者用無料駐車場は第1と第2が満車、第3は10台ほど空きスペースがありました(有明荘の道路脇に案内表示が出るようになっていました)。翌日の下山時には第1だけ満車になっていましたので、この時期はまだそれほど多くの登山者が訪れているわけではないようです。燕山荘の夕食は2回転、3畳のブースを二人で使うことができました。雪の上のテント場は、ほぼいっぱいの状態でした。

左から、合戦尾根上部、燕岳、燕岳の稜線、燕岳と星空、雷鳥。この山行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4877 Img_0001 Img_0008_1 Img_0077 Dscf4920 Img_0184

 

2019年5月19日 (日)

守屋山登山

天気が良ければ乗鞍岳と思っていたのですが、朝起きると雲の多い空模様。展望は期待できそうになかったので、体力維持のため諏訪市と伊那市の境に位置する守屋山に行ってきました。

オオカメノキの花を見た覚えがあるのでこの時期に登ったことがあるはずですが、この日はスミレの多さにびっくり。何種類ものスミレが所狭しと咲き誇っていました。とりあえず三種類の図鑑を見ながら同定しましたが、まあ自信なしです。

左から、守屋山東峰と守屋神社奥宮、オオカメノキ、フイリシハイスミレ、オトメスミレ、アケボノスミレ、オカスミレ 。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4836 P5180141 P5180061 P5180097 P5180116 P5180175

2019年5月12日 (日)

常光寺のシャクナゲ

久しぶりに、塩尻市の常光寺にシャクナゲを見に行ってきました。ここのところ雨が少なく、しおれてしまった花が多いのが残念でした。

それ以上に困ったのは、小さな羽虫。顔の周りにまとわりつくだけなら我慢できるのですが、被写体とレンズの間でも飛び回り、虫を手で払いながらの撮影になってしまいました。

左から、シャクナゲ(3枚)、シュンラン、シャガ。

P5120053 P5120040 P5120038 P5120005 P5120022

2019年5月11日 (土)

木曽駒ヶ岳登山

10連休のゴールデンウィークの後でしたので、午前6時半の段階で菅の台バスセンターの駐車場はガラガラ、バス、ロープウェイとも楽々始発に乗ることができました。始発の内訳は登山者は2割程度、8割はスキーヤー、スノーボーダーでした。

木曽駒ヶ岳もここ数年では最も残雪が多く、乗越浄土から駒ヶ岳山頂までほぼ雪上歩きでした。この日の長野県内は場所によっては25度を超える夏日で雪はグズグズ、乗越浄土からの急傾斜の下山は相変わらずおっかなかったです。天気はおおむね晴れでしたが雲も多く、先月の立山に続き環水平アークを見ることができました。

左から、乗越浄土を目指して(2枚)、木曽駒ヶ岳山頂、日暈と環水平アーク、駒ケ根のソースカツ丼の有名店ガロのミックス丼。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0013 Img_0021 Img_0070 Img_0086 Img_4781

2019年5月 5日 (日)

京ヶ倉登山

長いゴールデンウィークも残り二日、半日は天気がもつという予報でしたので近場の京ヶ倉に行っていました。1000mに満たない低山ですが、馬の背と呼ばれる岩稜があったり、勾配が急でなかなか登りがいのある山です。

またヒカゲツツジという薄い黄色の小型のツツジが咲く場所として知られており、何とか花期に間に合いました。

左から、馬の背、京ヶ倉山頂と後立山連峰、登山口そばの道祖神、ヒカゲツツジ、イワカガミ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf4779 Dscf4794 Dscf4808 P5050025 P5050037

2019年5月 4日 (土)

遠見尾根スノーハイク

長い長いゴールデンウィークも残りわずか、晴天の一日、遠見尾根でスノーハイクを楽しんできました。五竜遠見スキー場のゴンドラとリフトを乗り継ぎ、一時間歩くだけで素晴らしい絶景が待っています。隣の八方尾根に較べれば入山者は少ないですが、大きなザックをかついだパーティが五竜岳の山頂を目指して行きました。

軟式の我が家は今年も中遠見山まで。下山後は白馬村の花の名所貞麟寺に寄って、桜や山野草を楽しんできました。

ひだりから、小遠見山山頂から望む五竜岳、ダケカンバの巨樹、中遠見山手前のナイフリッジ、鹿島槍ヶ岳、貞麟寺の枝垂桜、カタクリ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0037 Img_0047 Img_0055 Img_0061 Img_0112 P5040028

2019年4月30日 (火)

光城山の山野草

昼頃までは晴れ間が望めそうという予報でしたので、近所の光城山に行ってきました。

山頂部の桜はまだ残っていたのですが、着く頃にはどんよりした曇り空になってしまい、地べたの山野草探しにいそしみました。色々な花が咲く季節になり、天候は今一つでも気分はウキウキします。

左からサクラソウ、フデリンドウ、イカリソウ、ヒトリシズカ、ジュウニヒトエ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

P4290053 P4290071 P4290097 P4290155 P4290162

«残雪の立山室堂