2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2018年5月21日 (月)

入笠山からテイ沢へ

20日の日曜日、花の季節には少し早いかなと思いながら、入笠山からテイ沢、高座岩と歩いてきました。入笠湿原のスズランはようやく葉が伸びはじめた所、コナシは蕾が膨らみあと数日で開花しそうという感じでしたが、早春の小さな花をそこそこ見ることができました。

スズランの季節と比べると歩いている人は圧倒的に少なく、以前、売り切れで食べられなかったことのあるマナスル山荘本館のビーフシチューが2時過ぎにも残ってたのはラッキーでした。

左から、大阿原湿原、テイ沢、ネコノメソウ、サンリンソウ、山野草公園のヤマシャクヤク、マナスル山荘本館のカレーライス。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。
Img_0044 Img_0081 P5200028 P5200034 P5200110 P5200093

2018年5月 5日 (土)

乗鞍高原散策

ゴールデンウィーク終盤、天気が良ければ山で一泊のつもりだったのですが、北アルプスの稜線は秒速20メートルを超える風が吹くという予想だったため早々に諦め、乗鞍高原を軽く散策してきました。連休直前に引いた風邪がぶり返し、ノドの調子も今一つよくありません。明日は完全休養日にします。

左から、ミズバショウ、ドジョウ池と乗鞍岳、リュウキンカ、ショウジョウバカマ、スモモの花。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0048 Img_0062 P5050017 P5050035 P5050051

2018年4月29日 (日)

雷鳥を探しに立山・室堂へ

冬毛の雷鳥を求めて、28日から立山の室堂に行ってきました。室堂に着いてまずホテルの宿泊手続きをすませ、一昨年とその前の年に雷鳥を観察することのできたみくりが池へ向かいます。みくりが池を一周しても、残念ながら雷鳥は発見できず。夕方にもう一度散策することにして、雄山に向かいました。一の越で休憩中、求愛行動中の雷鳥に遭遇しましたが、距離が遠すぎてかろうじて写っているくらいの写真しか撮れませんでした。

一の越まではアイゼンを付けましたが、一の越から雄山山頂まではほぼ夏道が出ておりアイゼンは不要でした。終日、雲一つない晴天でしたが、稜線は風が強く山頂に着いた時は身体が完全に冷え切ってしまいました。食事をとってようやく体調も戻り、大パノラマを堪能することができました。下山後、そのまま雪の大谷を散策。ホテルで一休みしてから、再度をみくりが池を一周しましたが、残念ながら雷鳥に遭遇することはできませんでした。

二日目は朝食前にみくりが池へ。みくりが池温泉の少し手前でメスの雷鳥に遭遇、その後、みくりが池の北面でオスに遭遇、みくりが池を周回せずにもと来たルートを戻るとみくりが池温泉のすぐ下でつがいの雷鳥に遭遇。更にホテルへ戻る途中、オスを発見、あ、メスもいる、メスがもう一匹、別のオスも出てきた、お、オス同士が縄張り争いを始めた、といった感じでなかなかホテルに戻ることができません。初日の様子で今回は外れだったかと思ったのですが、二日合わせて十羽をこえる雷鳥に出会うことができ、結果として大当たりでした。

左から、上段左からみくりが池と奥大日岳、雄山への登り、雄山神社峰本社へ、雄山から望む剱岳、雪の大谷、下段は雷鳥。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0016 Img_0038 Img_0050 Img_0066 Img_0132
Img_0169 Img_0246 Img_0340 Img_0369 Img_0394

2018年4月22日 (日)

大町・白馬の花

21日は春の山野草を求めて大町、白馬方面へドライブ。大町市市民の森、姫川源流域、貞麟寺、大出公園と周ってきました。桜の花見は先週で終わりかと思っていましたが、北の方ではまだまだ今を盛りと咲き誇っていました。

四月半ばなのに、この日の松本は30度超えの真夏日。それなのに霜注意報が出ています。気候の変動が激しすぎて、めずらしく体調不良です。

上段左から、大町市市民の森から望む爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳、中綱湖の桜、四十九院のコブシ、大出公園から望む白馬三山、貞麟寺の枝垂桜。下段左から、スミレ、ミズバショウ、ニリンソウ、カタクリ、キクザキイチゲ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0022 Img_0058 Img_0067 Img_0085 Img_0099

P4210011 P4210012 P4210025 P4210095 P4210114

2018年4月14日 (土)

光城山から長峰山へ

午前中は天気がもちそうなので、安曇野の里山、光城山(ひかるじょうやま)から長峰山を歩いてきました。天気がくずれる前に下りてくれば良いくらいのつもりで出かけたのですが、途中、一時的にですが青空が広がり、長峰山山頂では残雪の北アルプスと桜のコラボを楽しむことができました。

例年ですと長野県の桜は、北の方や標高の高い所へ行けばゴールデンウィークまで楽しめるのですが、今年はこれでおしまいになりそうです。

左から、長峰山山頂から望む後立山連峰、常念山脈、常念岳、タチツボスミレ、ヤマモモ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0076 Img_0077 Img_0092 P4140050 P4140074

2018年4月 8日 (日)

桜と寒の戻り

例年ですとこの時期、松本の桜はまだ開花前で、伊那方面に桜を見に行きます。しかし今年は、一週間前に開花した松本城の桜がすでに散りはじめています。

雪の中央アルプスを背景に桜を望める伊那の大草城址公園では色々な桜を時期をずらしながらが楽しめる場所なので、少し遅いかなとは思いながら出かけてみました。桜はまだまだ見頃の品種もありましたが、肝心の中央アルプスは雲の中でそのうち雪も舞い始めたので早々に撤退しました。

松本に戻り枝垂桜を見に安養寺に寄った頃には天気も回復し、ようやく青空と桜を望むことができました。

Img_0008 Img_0030 Img_0057 Img_0061 Img_0083

2018年4月 1日 (日)

松本城の桜開花

例年より9日早く松本城の桜が開花した、と本日発表されました。今日咲き始めたわけではないでしょう、と思える咲き振りの木もいくつかありましたが、規準木による判断だと今日になったようです。

Dscf2720 Dscf2725 Dscf2726 Dscf2727

2018年3月31日 (土)

戸谷峰登山

家から車で20分、登山の対象になる山としては一番近くにある戸谷峰(とやみね)に行ってきました。標高差は約700m、けっこう急な所もあり久しぶりに山歩きで汗をかきました。

左から、シマリス、コナラやミズナラの林、戸谷峰山頂と槍穂連峰、フクジュソウ、サンシュユ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0021 Img_0026 Img_0035 P3310011 P3310023

2018年3月26日 (月)

遠見尾根スノーハイク

東京でははやくも桜が満開だそうですが、この週末は長野でもポカポカ陽気が続きました。歩き始めてすぐソフトシェルを脱ぎ、それでも暑くて長袖シャツを腕まくりして歩きました。

朝の内はよい感じにしまった雪面で、12本爪のアイゼンで快適に歩くことができました。昼過ぎに下山した時はかなりグズグズになっていて、いささか歩きにくかったです。短い時間ですが、快晴の青空の下、絶景を楽しむことができ、とても良い一日でした。

左から、小遠見山山頂へ、小遠見山山頂から望む五竜岳、中遠見山へ、中遠見山山頂から望む鹿島槍ヶ岳(大きな雪渓は氷河認定されたカクネ里)、唐松岳と白馬三山。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Img_0032 Img_0041 Img_0053 Img_0064 Img_0067

2018年3月24日 (土)

高雄・台南の旅

9年ぶり3回目の台湾旅行、今回は南部の高雄と台南に行ってきました。大雑把な行程は

18日:高雄市内
寿山-駁二藝術特区-哈瑪星台湾鉄道館
19日:台南
台南中山公園-安平古堡-プロビデンシャ城-祀典武廟-大天后宮-神農街-林百貨
20日:高雄市内
打狗英国領事館文化園区-西子湾-旗津(旗後砲台跡)-蓮池潭風景地区(龍虎塔)

あと一日二日は滞在したかったです。

上段左から、駁二藝術特区、安平古堡、旗後砲台跡、旧英国領事館、文武聖廟 、慈済宮。
下段左から、タイワンザル、牛肉麺、牡蠣オムレツ、大根餅、檸檬愛玉、釈迦頭。

Img_0069 Img_0177 Img_0298 Img_0263 Img_0314 Img_0369

Img_0018 P3180038 P3190089 P3200162 P3180044 P3180062

この旅行のその他の写真は、「高雄市内観光」「高雄・台南の史跡」「高雄・台南の寺と廟」「高雄・台南の自然」「高雄・台南で食べたもの」の5つのカテゴリーに分けてまとめてあります。

«霧訪山とセツブンソウ