2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2017年10月 9日 (月)

天然キノコの蕎麦

毎年この時季になると上田の松茸小屋の話題がローカルニュースで取り上げられるのですが、今年は松茸が不作だそうです。まあ松茸が豊作でも、買うことはまずないのですが。

松本から上田に向かう国道254号線沿いに、おいしいキノコ蕎麦を食べさせてくれる「たきざわ」という蕎麦屋があります。今日は昼にキノコ蕎麦が食べたくなり、久しぶりに行ってきました。やはり雑キノコも不作だそうですが、ここのご主人はキノコ採り名人ですので、例年と変わらぬおいしいキノコ蕎麦をいただくことができました。

Pa090003 Pa090005 Pa090008

秋の乗鞍岳

紅葉見物がてら乗鞍岳に行ってきました。山頂まで1時間半で登れる山ですので、ゆっくり出かけたのですが、秋の三連休を舐めてました。初日の天気が悪かったこともあり、中日の8日はどっと人が押し寄せ登山道のあちこちで渋滞が発生していました。

まず午前7時半の段階で乗鞍観光センターの広大な駐車場がすでに満車、2キロ先の鈴蘭橋手前の駐車場まで行くよう指示されました。この時点で観光センターのバス停には、五、六百人の人が並んでいたそうです。いつになったらバスに乗れるのか心配になりましたが、観光センター8時発のバスの5台目が鈴蘭橋に空車で来てくれましたので、思ったより早く登山のスタート地点まで移動することができました。

帰りは三本滝まで歩き路線バスで帰るつもりでいたのですが、結局、鈴蘭橋まで歩くことになりました。昼過ぎには雲が多くなり、明るい日差しの中で紅葉を見ることができなかったのが残念でした。

上段左から、蚕玉岳山頂から望む剣ヶ峰、剣ヶ峰山頂から望む槍穂連峰、権現池と雲海に浮かぶ白山、渋滞する登山道。下段左から、ダケカンバの黄葉、ミツバツチグリ、チングルマの紅葉、ゴゼンタチバナの実。この参考の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf1686 Dscf1698 Dscf1705 Dscf1715
Dscf1747 Pa080015_2 Pa080016_2 Pa080021

2017年10月 2日 (月)

秋の唐松岳

10月1日、予報では快晴が期待された秋の唐松岳。確かに朝のうちは綺麗な青空が望めたのですが、この時期にしては気温が高かったためか稜線に近づくにつれどんどん空が白っぽくなってしまい、残念ながら絶好の好天とはいきませんでした。

リフト運転開始の7時15分の直前に着くと、乗り場にはすでに長蛇の列。いそいで並びましたが、リフトに乗るまで15分強かかりました。当然、登山道には多くの人が行き交い、場所によっては渋滞個所もできていました。登山シーズンがもうすぐ終わりますので、みんなして名残を惜しんでいる感じです。

左から、八方尾根から望む五竜岳と鹿島槍ヶ岳、八方池に映る白馬三山、稜線上の登山者の列、色づく下の樺、唐松岳山頂と剣・立山。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。、

Dscf1617 Dscf1633 Dscf1635 Dscf1641 Dscf1664

2017年9月29日 (金)

福井旅行

長野からだと微妙に遠いな、と思っていた福井県に行ってきました。実際に行ってみると車で四時間ほどでしたので、思っていたより近場でした。東尋坊と永平寺には二十年位前に行ったのですが、ほとんど記憶はなし。当時はなかった県立恐竜博物館は初めての訪問になりますが、見どころ満載でほぼ一日いても見飽きることはありませんでした。化石発掘体験ツアーも楽しかったです。

上段左から、恐竜博物館の骨格標本、化石の発掘体験、ディノパークの実物大恐竜、始祖鳥の化石、恐竜の卵カレー。下段左から、東尋坊、永平寺、平泉寺白山神社、三国湊の海鮮丼、一乗谷の彼岸花。この旅行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf1287 Dscf1214 Dscf1332 P9230100 P9230070
Dscf1431 Dscf1481 Dscf1595 P9240232_2 P9250256_2

2017年9月18日 (月)

入笠山の秋の花

朝起きるとそこそこ青空が望めたので、入笠山に行ってきました。台風一過、どんどん天気が回復するかと思いきや、雲が多く風の吹き返しも強かったので、花の撮影にはあまり良いコンディションではありませんでした。山はすっかり秋の装いで、花を見れるのもあと少しです。

左から、ハナイカリ、エゾリンドウ、ウメバチソウ、アケボノソウ、マツムシソウ、レンゲショウマ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

P9180007 P9180016 P9180028 P9180096 P9180056 P9180126

2017年9月12日 (火)

三十八年ぶりの槍ヶ岳

富士山が誰が見ても識別できる様に、槍ヶ岳も誰がどこから見ても「ああ、槍ヶ岳だ」と認識できる山です。いろいろな場所から槍ヶ岳を眺めてきましたが、登るのは実に三十八年ぶりのことでした。

九月の連休前の週の土日月でしたので少なくとも日曜日は空いているのではと期待していたのですが、同じように考えている人が大勢いたようで結構な人出でした。初日の槍沢ロッヂは個室が使えたので極めて快適、ヒュッテ大槍も6人用のスペースに4人(1.5畳幅に2人)でしたので窮屈というほどではありませんでした。次の連休が晴天ならば、もっととんでもないことになるのでしょうが。

今夏は晴天続きの週末が少なく終日、青空の下での登山を楽しめた記憶があまりないのですが、今回は初日、二日目とまずまず好天に恵まれラッキーだったと思います。

上段左から、梓川の最上流・槍沢、天狗池と槍ヶ岳、槍の穂先への登り、山頂へ至る梯子、山頂の祠前での記念撮影に並ぶ人々。下段左から、「アルプス一万尺、小槍の上で…」の小槍、ヤマトリカブト、センジュガンピ、ヒュッテ大槍の夕食、徳澤園のカレー。

この山行のこの他の写真は、こちらにまとめてあります。

Dscf1052 Dscf1069 Dscf1104 Dscf1125 Dscf1126
Dscf1128 P9090014 P9110106 P9100057 P9110109

2017年9月 4日 (月)

霧ヶ峰・夏から秋へ

昨日、ほぼ二ヶ月ぶりの霧ヶ峰高原、まだまだ色とりどりの花が咲き誇っていますが、夏から秋の花へ様変わりしています。毎年、この時季になるとアケボノソウを探しに行くのですが、今年もいつもの場所にひっそりと咲いていました。

左から、八島湿原と鷲ヶ峰、マツムシソウ、アケボノソウ、ベンケイソウ、ウド。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf1010 P9030036 P9030074 P9030179 P9030181

2017年8月30日 (水)

蓮華岳・針ノ木岳登山

27日から一泊で、立山黒部アルペンルートの長野側起点、扇沢から蓮華岳と針ノ木岳に登ってきました。四年前にも目指したコースでしたが、その時は針ノ木小屋が混雑していたので針ノ木岳に登っただけで下山しました。今回、ようやく登り残していた蓮華岳にも登ることができました。

八月も終わりの時季だと大雪渓の崩落が進み、ほとんど高巻き道を進むことになり雪渓歩きよりかなり負担が増える感じです。蓮華岳のコマクサも傷んだものばかりで、このルートは一月前くらいがベストでしょうか。

左から、登山口の百瀬慎太郎の詩 、針ノ木大雪渓、蓮華岳への道、蓮華岳山頂。下段左から、ソバナ、コマクサ、トウヤクリンドウと剱岳、アカタケ。この山行の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0847 Dscf0866 Dscf0902 Dscf0906
P8270006 P8270022 P8270040 P8280140

2017年8月20日 (日)

入笠山からテイ沢へ

8月19日、山野草を求めて富士見町の入笠山に行ってきました。入笠湿原や御所平の花畑ではサワギキョウ、コバギボウシ、コオニユリ、クサレダマ、チダケサシなどが今を盛りと咲き誇っていました。花が多ければそこに集まる虫も多く、ヒョウモンチョウ、クジャクチョウ、アサギマダラなど色々な蝶を見ることもできました。エゾリンドウ、ウメバチソウなど秋の花もぼちぼち咲き始めており、花の季節もあと一月ちょっとというところでしょうか。

テイ沢には花はほとんどありませんでしたが、渓流沿いの苔むした道を気持ちよく散策することができました。テイ沢まで足を延ばすと、行きも帰りも車道を延々と歩かなければならないのが難点です。

上段左から、入笠湿原、テイ沢2枚、レンゲショウマ、ホソバトリカブト。下段左から、ソバナ、アカタテハ、メスグロヒョウモン、クジャクチョウ、アサギマダラ。この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0839 Dscf0800_2 Dscf0808 P8190009 P8190045
P8190106 P8190075 P8190098 P8190169 P8190193

2017年8月15日 (火)

御嶽山登山

太平洋高気圧の張り出しのないまま、夏が終わってしまいそうです。ここまで天候が不安定なお盆休みは、あまり記憶がありません。そんな気候の中、かろうじて雨マークがつかない二日間を選んで御嶽山に行ってきました。

これまで御嶽山には日帰りでしか行ったことがなかったのですが、かねがね泊まってみたいと思っていた五の池小屋を利用しました。キャパシティは100名とのことですが、この日の宿泊者は30名ほど、きれいな建物の中でゆったり快適に過ごすことができました。食事も旨く、特に自家製味噌を使った味噌汁が絶品です。

昨シーズンまで通行止めが続いていた女人堂と三ノ池をつなぐ登山道が先月開通し、黒沢口の八合目と山頂部を周回で辿れるようになりました。

上段左から、賽の河原、この山行の最高地点・摩利支天山を目指して、五の池小屋、小屋付近から望む剣ヶ峰、針の山。下段左から、継子岳から望む北アルプス、三ノ池、女人堂・三ノ池間の残雪、薪ストーブの炎、イワギキョウ。
この日の撮影分は、こちらにまとめてあります。

Dscf0614 Dscf0618 Dscf0644 Dscf0649 Dscf0721
Dscf0727 Dscf0753 Dscf0761 P8130042 P8130007

«木曽駒ヶ岳登山